英文法

英語の短縮形とは?英文法における短縮形一覧から短縮表現まで

英語の短縮形とは、"I am"を"I'm"のように縮める表現です。これには主語とbe動詞、主語とwill、主語・助動詞とhaveなどが含まれます。例えば、"You are"は"You're"、"I will"は"I'll"となります。これらの短縮形は、英語のリスニングや会話、作文に役立ち、…

前置詞「within」の意味は?「in」との違いは?

前置詞「within」は、ある範囲や期限内に収まることを示し、時間や場所を具体的に限定します。一方「in」は場所や時間を広く指し、内部にあることや所属を表します。「within」はより具体的な範囲内を指し、「in」は一般的な位置や期間を示すため、用途に応…

英語の未来形のニュアンスによる使い分け、できてますか?

英語の未来形には複数の表現があり、それぞれ異なるニュアンスで使用されます。「will」はその場の意思決定や予測、約束に用い、「be going to」は事前に計画された行動や確実な未来を示します。また、現在形や現在進行形も未来の予定に用いることができ、未…

【英文法】動名詞について今一度解説していきます!

今回は英文法の基礎である「動名詞」についてご紹介していきます。動名詞と不定詞の違いや現在分詞との使い分けなどを細かく紹介していきます。うっすら動名詞について知っている人や動名詞を理解している人もぜひご参考にしてみてください。

【ステップ毎】英文法の勉強法についてご紹介します!

今回はステップ毎に分けて「英文法の勉強法」についてご紹介していきます。前半には英文法の勉強の必要性について、後半では実際の英文法の勉強法について具体的に紹介していきます。英文法の勉強法について迷っている方はぜひご参考にしてみてください。

英語の二重否定を理解するためのポイントとコツ【例文付き】

英語の二重否定は、言語表現の強調や婉曲など、ニュアンスを豊かにする役割がありますが、会話で正しく使うことが重要です。日本語の二重否定と似ていて、例文を用いることでその使い方や意味合いを理解しやすくなります。しかし、二重否定は誤解を招きやす…

【社会人】おすすめの英文法の勉強法と参考書を紹介!

社会人向けに英文法を学び直すための方法と参考書を紹介しています。忙しい日々の中でも、英語がキャリアアップや趣味の拡がりに役立ち、自信にもつながることを強調しています。英語学習のための実践的なアドバイスが提供され、目標設定やスキマ時間を利用…

【中学英語】過去進行形をマスターしよう!基礎から徹底解説!

中学で学ぶ「過去進行形」について、その基礎と高校レベルでの深掘りを解説します。過去進行形は「was/were + 動詞の-ing形」で、「過去に進行していた動作」を表し、日本語では「~をしていた」と訳されます。この形式を用いると、過去の特定の時点で継続し…

英語の否定の副詞一覧!形容詞との違いや倒置についても解説!

否定の副詞は、文の意味を否定する際に用いられ、文頭に置くと倒置が起こることが特徴です。形容詞は名詞を修飾し、副詞は動詞や形容詞を含む広範囲を修飾します。倒置は、強調や文の流れを変える効果があります。否定の副詞には、"barely", "hardly", "neve…

動名詞を使った構文の基礎:熟語や慣用表現に関する例文付き

今回は「動名詞を使った構文の基礎」についてご紹介していきます。動名詞はかなり頻度が高いので覚えておいて損はありません。熟語等でも使われているので、例文を交えながらご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

【使い分け】「out」と「off」のイメージの違い

"Out"と"Off"は異なるイメージを持つ前置詞で、「Out」は【外へ】、「Off」は【離れる】の動作を表します。日常会話で頻繁に使われる"out of"は、場所からの移動、数量や割合の表現、優先順位の決定、特定の状態や理由の説明、所属や所有の欠如を示す際に使…

たくさんあるasの意味と使い方について解説!asをマスターしよう!

多義的な単語"as"について、その主な使い方と意味を解説します。"as"は文脈に応じて副詞、接続詞、前置詞などとして用いられ、「イコール(=)の役割」が基本です。特に「as 形容詞 as」構文は頻出で、比較表現に使います。例文を交えて、"as"の様々な使い…

eitherの意味と使い方を徹底解説!使い方をマスターしよう!

この記事は、「either」の英語における用法とその文脈に応じた適用の多様性に焦点を当てています。「either」は単なる選択肢を示すだけでなく、否定の文脈、2つの選択肢の間での選択、あるいは接続詞として用いることで、文章内での関係性を示す際にも重要な…

英語の「自動詞」と「他動詞」の使い分けをマスターしよう!

今回は英文法における「自動詞」と「他動詞」の違いについて理解し、英会話の中で使い分けができるように例文を交えながらご紹介していきます。動詞のなかでも「自動詞」と「他動詞」の区別ができればかなり英語力が上がります。ぜひご参考にしてみてくださ…

byの使い方を詳しく解説!byを使ったフレーズも紹介します!

「By」は前置詞と副詞で使われ、「〜のそばに」「〜によって」「〜までに」など多様な意味で用いられます。交通手段、連絡手段、支払い方法を示す際や、場所、期限、数・量・程度を表す際にも使われる便利な単語です。また、「by and by」や「time goes by」…

英語の転換語って?表現の幅が広がる転換語をマスターしよう!

英語の「転換語」とは、文と文をつなぐ「つなぎ言葉」で、流れをわかりやすくする役割を持ちます。これには「接続詞」も含まれ、単語やフレーズで表されることがあります。転換語は文章や会話の意味をスムーズにし、比較、理由・証明、時間、要約・結論など…

「Lay」か「Lie」か?英語の間違えやすい動詞の使い分けを解説

"Lay"と"lie"は英語でしばしば混同される動詞で、その主な違いは"lay"が他動詞で「置く、横たえる」を意味し目的語を必要とするのに対し、"lie"は自動詞で「横になる」を意味し目的語を必要としない点です。"Lay"の活用形はlay, laid, laidで、"lie"はlie, l…

英語初心者必見!不定代名詞の基本ルールと使い方を解説

不定代名詞は、特定されない物や人を指す英語の代名詞で、「one」、「every」、「some」、「any」などが含まれます。肯定文や否定文、疑問文で使われ、使用する場面によって意味が変わるため注意が必要です。不定代名詞は、英語学習者にとって理解が難しい部…

12種類の英語の時制について基礎から解説していきます!

今回は英語における12種類の「時制」について詳しくご紹介します。英文法において「時制」を把握しておくのはとても大事です。英会話においてもそうですね。例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

​​所有代名詞の英語表現を中学英文法の基礎から徹底解説!

今回は中学英文法から「所有代名詞」についてご紹介します。英語学習に関わらず様々な学習において基礎を繰り返して勉強するのはとても大事なことです。今一度「所有代名詞」について振り返る機会になれば幸いです。ぜひご参考にしてみてください。

英語の抽象名詞って何?具体例や使い方をわかりやすく解説!

今回は「抽象名詞」についてご紹介します。一口に「名詞」といっても様々な種類があり、今回紹介する「抽象名詞」もその一つです。英語学習は学べば学ぶほど広がっていきます。例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

英語の「Hardly...when」構文をマスターしよう!初心者向けに徹底解説!

"Hardly…when"構文は、"…するとすぐに~"と表され、否定語"hardly"、過去完了形、そして倒置を組み合わせた英文法です。この構文は、ある行動後すぐに別の出来事が起こったことを示す際に用いられ、"hardly"の準否定語と過去完了形が時間の前後関係を強調し…

couldとwas able toの違いを知って正しく使い分けよう!

「Could」と「was/were able to do」は過去の能力を表す際に用いられるが、具体的な違いがある。「Could」は過去の一般的な能力や可能性を示すのに対し、「was/were able to do」は過去の特定の出来事で「できた」ことを指す。同様に、「should」と「had bet…

意外と知らない?現在形と現在進行形の違いと使い分けについて!

今回は「現在形と現在進行形」の違いについてご紹介します。英文法は反復して学習していくことが重要です。英文法という基礎を固めていくことが大事なプロセスとなります。例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

【英語初心者必見】直接目的語の使い方とは?基礎から完全解説

今回は英語学習始めたての人に必見、「直接目的語」についてご紹介します。語学学習において文法の知識は必須。特に英語においては目的語を明確に捉えておくことはとても重要です。例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

「the more 構文」で英語表現を豊かに!:基本から応用まで

「The more 構文」は「the + 比較級 + 主語 + 動詞」を使い、「…すればするほど…である」と表現する英語文法です。例文としては「The more you know about English, the more you want to study it(英語について知れば知るほど、勉強したくなる)」などがあ…

「Despite」の使い方をマスターして英語表現の幅を広げよう!

「Despite」とは「~にもかかわらず」という意味の前置詞で、名詞と動名詞を伴い、逆説的な状況を表します。日常的な会話やビジネスシーンで使われ、フォーマルな印象を与えることがあります。「Though」や「Although」、「Even though」、「Nonetheless」、…

等位接続詞(and, but, orなど)とは?中学英文法を基礎から解説

英語の等位接続詞は、文法上等しい位を持つ要素(単語、句、節)を結びつける品詞で、代表的なものに「and」「or」「but」「for」「nor」「yet」「so」があります。等位接続詞は文と文、句と句、単語と単語などをつなげ、それぞれが重要な役割を持ちます。具…

Let’s notの意味って?正しい使い方についても紹介します!

「Let's not」とは否定形の使役動詞「let」で、「~しないようにしよう」という意味です。「Let's not」の後には動詞の原形が来るルールがあります。例文として「Let's not worry too much about him. He will be fine!」などがあり、何かをしないことや避け…

「whereas」の使い方を徹底解説!英語の対比表現をマスターしよう!

"Whereas"は英語で対比を表す接続詞で、「~であるのに対して」という意味があります。英文契約書では「~という事実があるため」として使われます。"Whereas"に類似する他の対比表現には"but"(しかし)、"while"(一方で)、"on the other hand"(その一方…

​​「provided that」の使い方をマスターして英語表現の幅を広げよう!

「provided, however, that」「given that」「as long as」「only if」があります。これらの表現は、条件を設定する際に使用され、「もし〜ならば」「〜する限りは」「~の場合に限り」などといったニュアンスを持ちます。これらの表現を使用することで、条…

名詞構文の基本から応用まで!基本的な使い方をマスターしよう

英語の名詞構文は、動詞や形容詞が名詞として文中に組み込まれるもので、多くの英語学習者が自然と使っていますが、文法の名前を意識していないことが多いです。名詞構文には、動詞が名詞の派生形として使われる場合や、動詞に名詞形がない場合にto不定詞や…

【英語初心者必見】「If only」の基本から応用までを解説します!

今回は「If only」という英語表現についてご紹介します。日常会話において頻出頻度の高い英語表現となっておりますので、例文を参考にしながらぜひ学習してみてください。「Only if」との違いについてもご紹介しています。

Byとnearの違いって何?「近く」を表す英語表現について解説します!

"By"と"near"はどちらも「近くの」と訳されますが、"by"は視覚的にごく近い、"near"は感覚的に近いことを示します。"By"は物体のすぐ隣、"near"は少し離れたところを指し、"by"は時期的な近さを表現できませんが、"near"は距離と時期の両方に使えます。また…

【there】の使い方、意外と理解できていないのでは?

"there"は英語学習において基本的で多用される表現で、場所や位置を指す副詞、または間投詞としての様々な使い方があります。主な意味としては「そこに」「あそこに」「あれ」「ほらな」といった具体的な場所や物事を指し示したり、特定の状況や感情を表現し…

「whenever」の使い方をマスター!英語表現の幅が広がるポイント解説

今回はWheneverの使い方を例文とともに紹介します。日常会話で覚えておくととても便利な英語表現ですが、使い方の他にも置き換えられる他の英語表現についても紹介していくのでぜひ参考にしてください。

英語を読み解くうえで欠かせない「副詞節」。時制の問題や見分け方について例文と共にご説明します!

英語の「副詞節」は、動詞、形容詞、副詞、文全体を修飾する役割を持ち、接続詞+主語+述語動詞の形を取ります。節は2つ以上の単語のまとまりで「主語+述語動詞」を含み、副詞節は名詞以外の語句を修飾する節です。副詞節を導く接続詞には、時を表す「when…

改めて英語における「準動詞」について解説いたします!時制や使い分けのポイントについて例文を交えながら解説します!

英語の「準動詞」について、その種類と役割を例文を交えて解説します。準動詞は、名詞や形容詞、副詞の性質も持つ動詞で、代表的なものには不定詞、分詞、動名詞があります。不定詞は「to + 動詞の原形」で、名詞的、形容詞的、副詞的用法があります。分詞に…

holdとkeepって何が違うの?ニュアンスの違いをそれぞれ紹介します!

英語の「hold」と「keep」は、両方とも「持つ」というニュアンスを含みますが、使い方に違いがあります。「Hold」は「手に持つ」「保つ」と訳され、動いているものを止めるニュアンスがあります。一方、「Keep」は「持ち続ける」と訳され、長い間状態を保つ…

英語の基本!theの使い方とルールをわかりやすく徹底解説します!

英語の定冠詞「The」は、特定のもの、唯一のもの、名詞が文中で複数回使われる時、または文法的に定められた場合に使用されます。これに対し、不定冠詞「A/An」は「1つの」という意味で単数形の名詞に使われます。「The」は固有名詞や人名、国名、月、曜日に…

英語の大過去について徹底解説!過去完了形との違いや例文を紹介

英語の「大過去」は過去完了形のなかに含まれていて、過去の特定の時点よりさらに過去の出来事を表す際に使います。過去完了形とは異なり、特定の過去の点に焦点を当てる表現で、「had + 過去分詞」の形をとります。関連する文法として「仮定法過去完了」が…

英文法における「群前置詞」について!副詞や接続詞の使い方などを整理してご紹介します!

英語の群前置詞は、2語以上の単語が一つの前置詞として機能する表現です。これには「according to」や「because of」などが含まれます。群前置詞を学ぶ際は、英文法の基礎である主語や動詞の位置、目的語の把握が重要です。また、単に暗記するだけでなく、…

Wouldの意味や使い方って?たくさんあるwouldを使いこなそう

"Would"は基本的な英単語であり、多くの意味や使い方があります。助動詞"will"の過去形として知られ、過去の予定、意志、可能性を表すが、"will"にはない意味や使い方も存在します。具体的には、過去の予定や意志、過去の習慣、仮定、丁寧なお願いを表す助動…

倒置構文を使い分けできてますか?強調や否定を意味するパターンなどをご紹介します!

英語の倒置構文は、通常の語順をひっくり返す文法で、強調や文法構造による倒置のために使われます。この構文では「動詞+主語」や「助動詞+主語+動詞」の形になります。目的は、否定や方向、運動、位置、場所、副詞、修飾語、形容詞、目的語などを強調するこ…

英語における「名詞節」って一体なんなの!?副詞節などとの見分け方や種類について例文付きでご紹介します!

英語の「名詞節」とは、名詞の働きをする「主語+動詞」のかたまりで、文章の主語、補語、目的語になります。代表的な名詞節には、that節、間接疑問文、what節、複合関係代名詞、whether節、if節があります。これらは文中で異なる役割を果たし、複雑な文章構…

whileの意味と使い方について!whileが持つ3つの意味を知っていますか?

「While」の使い方に関するこの記事では、接続詞「while」が持つ3つの主要な意味を紹介しています。まず、「〜する間に」や「〜しながら」という意味で、継続する動作や状態を表す副詞節と一緒に使われます。次に、「〜である一方で」という対比表現で使用さ…

ought toの意味と使い方を解説!shouldとの違い説明できますか?

「ought to」の意味や使い方、shouldとの違いを解説する今回の記事では、「~するべき」「~のはず」という意味の助動詞としての使用が紹介されています。推量や義務・忠告の意味で使われるought toは、疑問文や否定文でも活用可能です。類似表現として「sho…

英語の比較級と最上級の一覧を覚えて使い方をマスターしよう!徹底解説します

今回は英文法において重要な「比較級」と「最上級」についてご紹介します。基礎から見直していくことが英語学習の行き詰まりを解決してくれる可能性があります。例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

英語の基本「主語」について徹底解説!形式主語・無生物主語など

今回は英文法においてはとても基本的な「主語」についてご紹介します。英文法においての「主語」といっても様々な種類があります。それらを1つずつ例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

英語の副詞の使い方をマスターしよう!副詞の用法や位置を例文を使って解説

今回は英文法学習において大切な品詞である「副詞」についてご紹介します。「副詞」について幅広く知っておくことで文章読解もスムーズに出来るようになると思います。例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。