Mimi

◇海外渡航経験、渡航先での経験内容(仕事、留学、旅行など)
イギリス ロンドン
カナダ トロント

これまでに滞在した国や島:イギリス、ドイツ、スペイン、オーストリア、スイス、フランス、イタリア、インドネシア、バリ、タイ、ランカウイ、プーケット、ハワイ、グアム、サイパン、アメリカ、オーストラリア、カナダ、パンコールラウ、香港、マレーシア、シンガポール、メキシコなどです。

◇自己紹介
これまでいろんな国を旅して来て、たくさんの人々と知り合い数多くの得難い思い出があります。世界各地に友人が出来、やはり共通の言語は英語なので、今では日常的に英語を使っています。また、イギリスやカナダに滞在し、家を借りたり銀行口座を開設したり、現地の学校の申し込みをしたりした経験から、正確な英語を使う必要性を感じました。英語のスキルでは、リスニングが得意です。また、COLLOCATIONと呼ばれる、英語の言葉が何とペアになっているかに関しての専門的なコースを取ったこともあり、皆様に少しでも有益な情報をお届けしたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

【気を付けて】"Tell me about it"の意味

"Tell me about it"は、「それについて教えて」という直訳とは異なり、「わかるよ、同感だよ」という共感や同意を表すイディオムです。日常会話での使用例には、同僚の不満や共通の経験に対する共感が含まれます。このフレーズは、相手の話に深く同意する際…

"hit the books"ってどんな意味なの?

今回は英語のイディオムの1つ、「hit the books」についてご紹介していきます。イディオムは直訳では全く理解できないと思います。どんな場面で使われるフレーズなのかという文脈が理解しやすいよう、例文を交えながらご紹介します。ぜひご参考にしてみてく…

英語学習で押さえておきたいポイントと効果的な勉強方法を紹介します!

今回は英語学習に励んでいる方必見、「英語学習でおさえておきたいポイントと効果的な勉強法」についてご紹介していきます。英語学習の方法論はたくさん出ていますが、それらに共通しているポイントは意外と決まっていたりします。ぜひご参考にしてみてくだ…

場面や状況毎に異なる『お客』の英語表現、整理できてますか?

今回は様々な場面や状況にあった「お客」を表す英語表現についてご紹介します。日本語でも状況に合わせた表現を使い分けることがあると思いますが、英語でも同じです。それぞれのニュアンスの違いを理解できるよう例文を交えながらご紹介していきますので、…

英作文を得意に!書き方のコツと勉強法を紹介します!

今回のテーマは英作文です。コツを押さえ、決められたルールに則って正しい書き方をすれば、読んだ人を納得させられる英作文を作成することができます。また英語学習においても英作文はとてもプラスに働きます。ぜひご参考にしてみてください。

eitherの意味と使い方を徹底解説!使い方をマスターしよう!

この記事は、「either」の英語における用法とその文脈に応じた適用の多様性に焦点を当てています。「either」は単なる選択肢を示すだけでなく、否定の文脈、2つの選択肢の間での選択、あるいは接続詞として用いることで、文章内での関係性を示す際にも重要な…

avoidの意味と使い方について!詳しい使い方と関連表現を紹介

"Avoid"は「避ける」を意味する動詞で、悪い結果を防ぐ、特定の人や物を避ける、間違いや危険を意図的にしない選択をする際に使われる。"Avoid"の後には動詞の-ing形を用い、"narrowly"や"carefully"などの副詞と組み合わせて使用されることが多い。関連表現…

ボッチ回避!自然に使える留学先での友達の作り方について!

今回は留学先で1人にならずに友達を作るために役立つ英会話や留学前にしておきたい準備について紹介します。日本を離れて海外で過ごすときに友達を作れるようにぜひ参考にしてみてください。