桑本彩生

◆自己紹介
海外で、テレビCMの制作、日系新聞社で副編集長、日本では大学教員などを経験。現在は執筆業の傍ら、編集・制作プロダクションを経営。英語ニュース記事が大好き。「自分で英語のニュース記事を書いてみたい!」と、長年の経験とカンによる自己流英語から脱するべく、本格的に英語のやり直しに目覚める。英語力アップには「継続することが大事」とわかっているのだが、筋金入りの飽きっぽい性格。とにかく「毎日1行でも英文を読む」という目標を自分に課し、なんとか1000日以上が経過。現在も継続中!いずれは「趣味は英語」と言える日を目指している。夢は還暦過ぎての留学!。TESOL/TEC(Canada)修了。

「pull someone's leg」の意味と使い方とは?

「pull someone’s leg」をもしそのまま日本語に訳すと「誰かの足を引っぱる」となります。しかし、実は、このフレーズはそういう意味ではありません。今回は「pull someone’s leg」の意味と使い方、そして「pull someone’s leg」と同じ意味を持つ表現を紹介…

聞き直し英語フレーズを覚えて会話上手になろう!

相手の言っていることが聞き取れないとき、ついつい「Pardon?」や「Sorry?」などばかり使っていませんか?いくつかの表現を組み合わせることで、相手にかける心理的負担も少なくなります。今回は相手が言っていることが聞き取れなかった時に、聞き直しをする…

veryを言い換えよう! 「とても○○」を表すvery以外の言葉43選+α

「とても○○」あるいは「すごく○○」など、何かを強調したい時によく使うのが「very」です。しかし、いつもいつもこの「very」ばかりを使っていると、会話や文章が単調になってしまいます。今回は「とても」を表すいくつかの英単語をご紹介します!

GOATの意味や使い方を学ぼう! 使い方がわかる例文も紹介!

「GOAT」という言葉を聞いたことがありますか?まず思い浮かぶのは「ヤギ」だと思いますが、ここでご紹介する「GOAT」はそれではありません。実はこの「GOAT」。ふだんの英会話やSNSなどでもよく使われるスラング表現です。今回はこの「GOAT」の意味や使い方…

英語で催促するときはどう伝えるのがいいのか?ビジネスシーンでも使える英語表現を紹介!

約束した期日になっても返事がない、また、友達に貸した本などがなかなか返却されないなど、仕事でも日常生活でも「催促」をする、またはしなければならない状況はよく発生します。今回は「催促」という、やや言いづらいことを丁寧に伝えるための英語表現を…

食事に誘うときはどんな英語フレーズを使うのか?シーン別の使い分けは?

「誰かを食事に誘う」という行為は、大事なコミュニケーションの一つ。食事に誘うことでお互いの距離が近くなり、親睦が深まります。今回は、ランチや食事、または飲み会などに英語で誘うにはどう言えばいいのかわからないという人のために、便利なフレーズ…

「Get out」の意味は「出ていけ」だけじゃない!他の意味と使い方は?

「出ていけ」の意味で馴染みがある「Get out」には他にも多くの意味があります。今回はスラング英語の「get out」の2つの意味を中心に解説していきます。

「get」の使い方を極める

「get」は、使いこなせるようになればとっても便利な単語。「get」はネイティブスピーカーの日常会話の中に溶け込んでいる言葉。これさえあれば、他の動詞はいらないのではないか、というのは大げさかもしれませんが、そんな風に思ってしまうくらい、「get」…

子どもの遊びに使える英語表現一覧!かくれんぼやケイドロなど

小さい頃、「鬼ごっこ」や「かくれんぼ」「ケイドロ」など、たくさんの遊びを経験した人も多いのではないでしょうか。今回は懐かしい小さい頃の遊びを英語でどのように言うのか、そして、どのようなフレーズで使われることが多いのかを解説していきたいと思…

マッサージで使える英会話・フレーズ集!接客側・客側の両面から解説

今回は、旅の中で極上の癒やしを体験できるマッサージやエステのシーンで使える英会話や英語フレーズをご紹介しましょう。

「Even」の意味や使い方とは……ネイティブスピーカー感覚の使い分け5選

「even」という英単語は会話や試験でも頻繁に登場する単語です。その使い方は様々で、文中の置き場所や使い方に迷う方も多いと思います。今回は、そんな「even」の使い方を5つご紹介します。ネイティブスピーカーの感覚を身につけましょう。

「what's up」の意味と使い方…定番フレーズや意外な用法

アメリカのドラマや会話でよく出てくる「what's up」という言葉。この正しい意味を皆さんはご存じですか?今回はこの「what's up」という言葉について、どんな意味があるか、どんな返しが適切かをシーン別に解説していきます。

年末年始に使える英語表現!大晦日やお正月に使いたい英語フレーズ

年末年始が近づいてくると、イベントが多くありそれに伴い会話の話題も増えてきます。今回は、対面でもオンラインの英会話でも役に立つ、年末年始に使える英語表現をご紹介しましょう。海外の人に日本の文化をうまく伝えられれば、会話が盛り上がるはずです。

”Dude”の意味と使い方とは!ネイティブスピーカーが使う3つの意味

ネイティブスピーカの会話やメールの中でよく登場するのが「Dude」という言葉。映画やテレビドラマでも頻繁に登場します。今回は「Dude」を「男性への呼称」「感情表現」「挨拶」の3つのシチュエーションに分けてその意味を解説したいと思います。

「Hook up」の意味とは?定番フレーズとスラングを解説!

日本の学校ではあまり詳しく習わないけれども、英語ネイティブスピーカーの日常会話では頻繁に登場するフレーズがあります。「hook up」もその一つです。今回は「hook up」および前置詞などを組み合わせたフレーズの持つ様々な意味をご紹介します。

「料金」の英語表現10選!シーン・ニュアンス別の使い分け方

今回ご紹介する10個の単語は、いずれも日本語で「料金」という意味を表すことができます。同じ「料金」を表す言葉であっても、実はどの単語を選ぶのが適切かは使われるシーンやニュアンスで異なってくる場合もあります。

「連絡をする」の英語表現10選…ビジネスや友人に使える表現とは

皆さんが「連絡をする」という日本語を聞いてまず思い浮かべる英語は何でしょうか?今回は、カジュアルなシーンからビジネスシーンまで、いろいろな場面で使える「連絡をする」の英語表現を10フレーズをご紹介します。

“That”の種類と見分け方!使い方の総まとめ

「that」という単語は、学校で最初の方に習う言葉の一つでもありますが、一方で様々な使い方・役割があります。そのため、使い方・役割をきちんと理解すれば、英語力がアップすること間違いなし。今回は「that」の全体像を俯瞰してみたいと思います。

“Just”の使い方とは?意味・使い方や位置など

日本語でも「ジャスト」という言葉は頻繁に使用されています。しかし、英語の「just」になると少しニュアンスが変わってきます。今回は、ネイティブスピーカーがよく使う「just」について、主なフレーズなどをご紹介していきます。

Beatの意味と使い方!実際に会話で使える表現とスラングも

皆さんは「beat」と「win」の違いとその使い分けについてわかりますか?両方とも日本語にすると「〜に勝つ」という意味になりますが、両者には明確な違いがあります。ネイティブスピーカーはこの2つの言葉を日常会話で自然に使い分けています。

英語ライティングの勉強法とは?試験にも効果的な方法5選

今回は「ライティング力」をアップさせる、基本的なコツと対策、方法について、複数の側面から述べていきたいと思います。「単語・熟語などの語彙力」「文法力」「構成力」といった要素。こうした力を養っていけば、「ライティング力」は必ず向上します。

メールやSNSで使われるスラング一覧!使用頻度で使い分けよう

メールやSNSで使われる略語やよくわからない言い回し。英語をある程度勉強した皆さんでも外国人とSNSやメールでの会話中に登場するこのスラングにびっくりされた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

スモールトークで使える英語表現86選!会話を賢く広げよう

英語圏に旅行や滞在をした際、ホテルやアパートのエレベーターの中にいる時など、雑談程度に声を掛けられることがあります。こうした時の簡単な会話は「スモールトーク(Small Talk)」と言われます。今回はそんなスモールトークを解説します。

Couldの使い方とは?意味や用法を例文付きで解説

「could」を習った時、「couldはcanの過去形」という説明がされたかもしれません。「could」は「過去のことを表す」よりも「現在や未来のことを表す」使い方の方が多いといえます。今回は「could」の使い方を例文を含めてご紹介します。

「イライラする」の英語表現7選!使い分け方やスラングも

今回は「イライラする」にまつわる便利な英語表現をまとめてお伝えします。生活をしていると、イライラした感情が沸き起こり、悲鳴をあげたくなったり、声を荒げたくなることもありますね。その間情報表現を、例文と共に覚えましょう。

Helloは気軽な「こんにちは」じゃない?実際の意味・ニュアンス

英語で「こんにちは」と言いたい時に思い浮かべるフレーズは「Hello」ではないでしょうか?ところがこの「Hello」は、私たち日本人とネイティブスピーカーでは捉え方に差があるようです。今回は、実は奥が深い「Hello」についてご紹介します。

アメリカ人との会話でNGな話題とは?避けるべき話題6選

海外旅行や留学、または街中で外国人と遭遇し「会話をしてみたい!」と思う人も多いことでしょう。そんなとき、どんな話題が適切でそんな話題がNGなのでしょうか。今回は、NGな話題を6つご紹介するとともに、無難な会話トピックもご紹介します。

「徐々に/だんだん〜になる」の英語表現!より自然に表現するには

「徐々に」、「だんだん〜になる」というように、少しずつ何かが変化してきた様子を表す表現は英語にはいろいろあります。「little by little」など、日本人に馴染みのものから、ネイティブスピーカーが使う自然な表現まで解説していきます。

「〜するために」の英語表現!in order toやso as toの違いなど

「〜するために」という意味の代表的な表現に「in order to」と「so as to」があります。今回はこの2つの違いを説明します。どんな時にどちらを使うのか、また、ニュアンスはどう違うのかなどを確認していきましょう。

「What do you think?」と「How do you think?」の違いと正しい使い方とは?

「What do you think?」と「How do you think?」の違いを説明できますか?日本語の感覚で使い分けていると、実はニュアンスがおかしいことがあります。今回は、そんな二つの言葉の使い方を説明していきたいと思います。