基礎づくり

regardlessの使い方を解説!日常会話やビジネス実践で使える例文付き

今回は日常会話やビジネスシーンで頻出する英単語「regardless」についてご紹介していきます。「regardless」は2つの品詞があるのでそれぞれ例文を交えながらご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

動名詞を使った構文の基礎:熟語や慣用表現に関する例文付き

今回は「動名詞を使った構文の基礎」についてご紹介していきます。動名詞はかなり頻度が高いので覚えておいて損はありません。熟語等でも使われているので、例文を交えながらご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

BesideとBesidesの違いを基本から詳しく解説【映画のフレーズ付き】

今回は「besideとbesidesの違い」についてご紹介していきます。日本語でもそうですが英語でもスペルは似ているけど意味が違うという単語は存在します。その際両者の違いをしっかりと認識することが大事です。ぜひご参考にしてみてください。

英語の発音において大事な「リダクション」ってなに?

今回は英語の発音において大事な「リダクション」についてご紹介していきます。英語のリスニングやスピーキング向上において大事な「リダクション」。発音の練習の仕方なども含めて細かく紹介していますのでぜひご参考にしてみてください。

【使い分け】「out」と「off」のイメージの違い

"Out"と"Off"は異なるイメージを持つ前置詞で、「Out」は【外へ】、「Off」は【離れる】の動作を表します。日常会話で頻繁に使われる"out of"は、場所からの移動、数量や割合の表現、優先順位の決定、特定の状態や理由の説明、所属や所有の欠如を示す際に使…

「発音記号って?」「母音?」英語の発音の学習を基礎から!

英語発音の学習は、コミュニケーション能力向上と英語全般のスキルアップに繋がる。発音が難しい理由として、母音の多さ、スペルと音の不一致、単語ごとの音変化が挙げられる。正しい発音学習には、発音記号の理解、フォニックス学習法、音声変化のリエゾン…

「英単語がなかなか覚えられない…」「この勉強法で合っているのかな…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

英単語学習の際は、非効率的な方法(ノートに書き連ねる、少数を完璧に覚える等)を避け、効率的な方法(繰り返し学習、発音して覚える、フレーズやコロケーションで学ぶ等)を取り入れることが重要です。また、忘れることを恐れず、学習は永遠に続くものと…

【困惑】文脈によって真逆の意味をもつ英単語

英語には文脈によって正反対の意味を持つ「contronym」や「Janus word」という現象があり、一つの単語が異なるまたは反対のニュアンスを示すことができます。例えば、「sanction」は「認可する」とも「制裁する」とも取れる。この言語の特性は、コミュニケー…

erectとelect、LとRの1字違いで大違い!

英語の「erect」と「elect」は似ているが意味が大きく異なる単語。前者は「建てる」、後者は「選ぶ」という意味。発音や使い分けが重要で、「L」と「R」の違いを正確に発音する練習が必要。他にも「L」と「R」の1文字違いで意味が変わる単語が多数存在するた…

ネイティブスピーカーのような発音にするには?発音上達のコツを紹介

英語学習で発音を上達させるには、発音記号の理解、音の変化への注意、実践的練習が重要です。リンキング、リダクション、フラッピングの音声変化をマスターし、フォニックスで音とスペリングの関係を学びます。発音練習には、ネイティブの音声と共に音読、…

イギリスドラマでよく聞く【bloody】ってどういう意味?

今回はイギリスドラマでよくみかける「bloody」という英単語についてご紹介します。「blood」という英単語は中学生でも習いますが、「bloody」という英単語の表現はとても様々です。ぜひこの記事を参考にイギリス英語のユニークな部分に触れてみましょう。

英語のアクセントのポイントってなに?スピーキング学習に!

英語のスピーキングにおいて、アクセントとイントネーションを適切に用いることが伝わりやすさを高めます。英語のアクセントでは、特定の音節を強調し、イントネーションで文の音の高低を変化させます。学習では、音節を意識してルールに基づく練習が重要で…

たくさんあるasの意味と使い方について解説!asをマスターしよう!

多義的な単語"as"について、その主な使い方と意味を解説します。"as"は文脈に応じて副詞、接続詞、前置詞などとして用いられ、「イコール(=)の役割」が基本です。特に「as 形容詞 as」構文は頻出で、比較表現に使います。例文を交えて、"as"の様々な使い…

【発音対策】日本人の英語の発音はなぜ通じないのだろうか?

日本人の英語発音がネイティブに通じにくい理由は、カタカナ英語の影響や、子音と母音の発音、リエゾンの使用不足にある。日本語と英語の音の違い、言語の基礎的な差異が原因で、男女比や学習環境の違いも関係している。発音改善には、聞いた音をそのまま発…

「修理」の英語である、fixとrepairの違いとは?

今回は「修理」に関する英単語である「fix」と「repair」の違いについてご紹介します。どちらの英単語も聞き馴染みがあるので、どのようなニュアンスの違いがあるのかという点を抑えておくと、英会話において使い分けができるようになります。

contentsの意味とは?contentとcontentsの違いって?

今回は英単語「contents」について、「content」との違いも含めてご紹介します。日本でも「コンテンツ」というのは多用されますが、「content」と「contents」の微妙なニュアンスまでご存知の方は少ないのではないでしょうか。ぜひご参考にしてみてください。

disciplineの意味を知っていますか?使えるフレーズを紹介します!

今回は英単語「discipline」の意味や用法などを例文を交えながらご紹介していきます。「discipline」はビジネスシーンでも使われるほどメジャーな英単語です。ぜひこの機会に覚えて、ご自身の語彙力向上につなげてみてください。

oppositeとopposedの違い知ってますか? それぞれの使い方も紹介

"Opposite"は形容詞、前置詞、名詞、副詞として使われ、「反対の」「向かい側の」などを表し、"opposed"は"oppose"の過去分詞で、「〜に反対である」を意味する。"Opposite"は対象間の距離や違いを、"opposed"は反対意見や立場を強調する。両単語は英語での…

「at the end」「in the end」の違いを知って使い分けよう!

今回は「at the endとin the endの違い」についてご紹介します。前置詞の違いでニュアンスが違ってくるのはよくありますよね。この細かい点をしっかり理解しておくことが英語力の向上につながります。例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考に…

作家は英語でauthor?writer?使い分けについて解説します!

英語で「作家」を表すには"writer"、"author"、"novelist"、"artist"があり、それぞれにニュアンスの違いがある。"Writer"は書く行為に特化した人を指し、"author"はアイデアを作り出した人、"novelist"は小説家、"artist"は幅広い芸術家を指す。これらの単…

eitherの意味と使い方を徹底解説!使い方をマスターしよう!

この記事は、「either」の英語における用法とその文脈に応じた適用の多様性に焦点を当てています。「either」は単なる選択肢を示すだけでなく、否定の文脈、2つの選択肢の間での選択、あるいは接続詞として用いることで、文章内での関係性を示す際にも重要な…

会社や事務所などを表すofficeとfirmってどう違う?

「Office」と「Firm」はどちらも事務所や企業を指す英単語だが、用途と意味合いに違いがある。「Office」は一般的に広範な事務所や業務を行う場所を意味し、具体的な業務の種類は問わない。一方で、「Firm」は特に弁護士事務所、会計事務所、コンサルティン…

英語の「自動詞」と「他動詞」の使い分けをマスターしよう!

今回は英文法における「自動詞」と「他動詞」の違いについて理解し、英会話の中で使い分けができるように例文を交えながらご紹介していきます。動詞のなかでも「自動詞」と「他動詞」の区別ができればかなり英語力が上がります。ぜひご参考にしてみてくださ…

「台風」を表すtyphoon・hurricane・cycloneって何が違う?

「Typhoon」は北西太平洋や南シナ海で発生する熱帯低気圧、「Hurricane」は北東太平洋や北大西洋で、そして「Cyclone」は北インド洋や南インド洋で発生します。これらは同じ気象現象の異なる呼び方で、地域によって名称が変わります。日本での「台風」は主に…

byの使い方を詳しく解説!byを使ったフレーズも紹介します!

「By」は前置詞と副詞で使われ、「〜のそばに」「〜によって」「〜までに」など多様な意味で用いられます。交通手段、連絡手段、支払い方法を示す際や、場所、期限、数・量・程度を表す際にも使われる便利な単語です。また、「by and by」や「time goes by」…

意外と知らないworkとjobの違いって?仕事の関連表現も!

「work」と「job」は英語で「仕事」を意味しますが、ニュアンスが異なります。「work」は不可算名詞で、概念的な意味を持ち、動詞としても使えます。「job」は可算名詞で、具体的な仕事内容やポジションを指します。英語ネイティブにとってこの違いは明確で…

「故障」は英語で?breakdownとfailureの違いについて

「故障」を表す英単語「breakdown」と「failure」は、異なるニュアンスを持ちます。「Breakdown」は物理的な破損や大規模機械の機能停止を指し、一方「failure」は機械やシステムが期待通りに動作しない状態を指します。また、「bug」「error」「outage」「g…

actorとactressの違いって何?俳優・女優・有名人などの英語表現

「Actor」と「actress」の違いは、元々「actor」が男性俳優、「actress」が女性俳優を意味していましたが、最近では性別に関わらず「actor」を使用することが一般的になっています。「TV personality」はテレビで活躍する人、「talent」は特別な才能を持つ人…

「許す」を表すallowとforgiveの違い!admit・permitはどう違う?

「許す」を意味する英単語「allow」と「forgive」は、それぞれ「許可する、可能にさせる」と「過失や間違いを許す」という異なるニュアンスを持つ。「allow」は行為を許可する場合に、「forgive」は過ちを許す場合に使用される。類似表現として「admit」は「…

Authenticってどういう意味?ニュアンスと使い方を紹介します!

"Authentic"は形容詞で、「本物の」「信頼できる」「偽物ではない」「正直な」という意味を持つ。ギリシャ語"authentikos"由来で、本物の日本食や信頼できる情報を示す際に使われる。対義語は"fake"や"spurious"。類似語には「genuine」、「original」、「re…

warmとhotのニュアンスの違いを理解できてますか??

今回の記事ではあたたかいの英語表現として有名な、warmとhotの違いを説明し、他の似たような意味の英単語の例も紹介します。同じような意味の英単語のニュアンスの違いを知っておくことは大事です。例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考にし…

真実・事実を表すtruthとfactの違いとは?正しく使い分けよう!

"Truth"と"Fact"は、日本語で似たように訳されがちだが、実際には異なるニュアンスを持つ。"Truth"は個人が真実だと信じている事柄や主観的真実を表し、"Fact"は客観的な事実や実際に起きたことを指す。"Truth"は個人の信念に基づくが、"Fact"は検証可能で科…

英語の転換語って?表現の幅が広がる転換語をマスターしよう!

英語の「転換語」とは、文と文をつなぐ「つなぎ言葉」で、流れをわかりやすくする役割を持ちます。これには「接続詞」も含まれ、単語やフレーズで表されることがあります。転換語は文章や会話の意味をスムーズにし、比較、理由・証明、時間、要約・結論など…

「痛い!」painとsoreの違いって何?

痛みを表す英語"pain"と"sore"は用途が異なる。"Pain"は強いまたは精神的な痛みに使われ、"sore"は物理的な軽い痛み、特に筋肉痛や切り傷に適している。他に痛みを表す表現として"ache"は軽い痛み、"hurt"は身体的、精神的痛み両方に、"bruise"は打撲やあざ…

laughとsmileの違い、整理できていますか?

"Laugh"と"smile"は共に「笑う」を意味する英語表現ですが、"laugh"は「声を出して笑う」ことを指し、"smile"は「声を立てずに微笑む」ことを意味します。"Laugh"は何か面白いことに反応して声を出して笑う場合や、何かを馬鹿にして笑う場合に使われ、"smile…

believeとtrustの違いって?その他のフレーズについても紹介!

"Believe"と"trust"はどちらも「信じる」と訳されるが、"believe"は情報や事実への信頼を、"trust"は人への信頼を意味する。"Believe"は具体的な根拠に基づく信念や希望を表し、"trust"は人間関係の信頼感を示す。さらに、"rely on"は頼る、"buy"は俗語で信…

avoidの意味と使い方について!詳しい使い方と関連表現を紹介

"Avoid"は「避ける」を意味する動詞で、悪い結果を防ぐ、特定の人や物を避ける、間違いや危険を意図的にしない選択をする際に使われる。"Avoid"の後には動詞の-ing形を用い、"narrowly"や"carefully"などの副詞と組み合わせて使用されることが多い。関連表現…

実はたくさんあるveryの意味と使い方について詳しく解説します!

"Very"は一般的に「とても」という副詞としての使い方が知られていますが、形容詞としても使われ、「まさにその」といった意味を持つことがあります。ただし、"very"が使えない形容詞も多く、強調する場合は"absolutely"や"completely"などの別の表現が推奨…

doとmakeの違いって?フレーズを紹介しながら違いについて解説!

今回は基礎的な英単語である「do」と「make」の違いについてご紹介します。2つの英単語の共通点は使役動詞だということです。万能であるからこそしっかり整理しておくことは大事です。例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください…

「Lay」か「Lie」か?英語の間違えやすい動詞の使い分けを解説

"Lay"と"lie"は英語でしばしば混同される動詞で、その主な違いは"lay"が他動詞で「置く、横たえる」を意味し目的語を必要とするのに対し、"lie"は自動詞で「横になる」を意味し目的語を必要としない点です。"Lay"の活用形はlay, laid, laidで、"lie"はlie, l…

shoutとscreamの違いって?「叫ぶ」の英語表現と使い方について

今回は「叫ぶ」の英語表現についてご紹介します。「叫ぶ」と聞くと、shoutやscreamなどが想起できますが両者にはどんなニュアンスの違いがあるのか。別の英語表現はあるのか。という点を例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてくださ…

dismissの意味と使い方について詳しく解説!関連表現も例文で紹介!

今回はdismissの英単語を深掘りしていきます。複数の意味があるのでそれぞれの使い方について例文を用いて解説していきます。語彙力を向上していくためにもぜひ参考にしてみてください。

英語初心者必見!不定代名詞の基本ルールと使い方を解説

不定代名詞は、特定されない物や人を指す英語の代名詞で、「one」、「every」、「some」、「any」などが含まれます。肯定文や否定文、疑問文で使われ、使用する場面によって意味が変わるため注意が必要です。不定代名詞は、英語学習者にとって理解が難しい部…

12種類の英語の時制について基礎から解説していきます!

今回は英語における12種類の「時制」について詳しくご紹介します。英文法において「時制」を把握しておくのはとても大事です。英会話においてもそうですね。例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

​​所有代名詞の英語表現を中学英文法の基礎から徹底解説!

今回は中学英文法から「所有代名詞」についてご紹介します。英語学習に関わらず様々な学習において基礎を繰り返して勉強するのはとても大事なことです。今一度「所有代名詞」について振り返る機会になれば幸いです。ぜひご参考にしてみてください。

英語の抽象名詞って何?具体例や使い方をわかりやすく解説!

今回は「抽象名詞」についてご紹介します。一口に「名詞」といっても様々な種類があり、今回紹介する「抽象名詞」もその一つです。英語学習は学べば学ぶほど広がっていきます。例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

Tellを使った英語フレーズや類似表現を紹介!talkとどう違う?

今回は英単語「Tell」の意味と使い方をしっかりと確認し、「talk」や「teach」「advise」といった類似表現とのニュアンスの違いをチェックしていくような内容となっています。例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

知ってる?Authenticの意味と使い方について紹介します!

今回の記事では、「authentic」の意味と使い方を詳しく解説していきます。日常生活で見聞きする英単語を深堀りしてみるというのは英語学習において大事なことです。「authentic」の用途を例文を交えながらご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてくだ…

anywayとany wayには違いがある?!場面別に正しく使い分けよう!

今回はanywayとany wayの違いについて解説していきます。ただスペースが歩かないかで実は意味が全く違ってくるのでぜひ今回の記事で意味の違いとそれぞれの使い方について参考にしてみてください。

provided thatの使い方を完全マスター!条件を表す英語を使いこなそう!

今回は条件を表したいときに使える「provided that」の意味とその使い方を例文を交えてご紹介します。ビジネスシーンなどで使われるのが多い「provided that」。どのような意味でどういうシチュエーションで使われるのかを知っておいて損はありません!