プロフィール

英語系資格

海外渡航歴

自己紹介

こんにちは、私の名前はKawanoです。私は現在、アルゼンチンに住んでおり、アジアとヨーロッパでの留学経験があります。これらの経験は、異文化環境での英語教育に対する私のアプローチに多角的な視野をもたらしています。

留学によって、非英語圏で英語を学ぶ際の挑戦と魅力を深く実感し、私の教育スタイルに柔軟性と深みを加えました。この異文化間コミュニケーションは、私の教育法に重要な影響を与えています。

英検では最高位の資格を保有し、これは英語の深い知識と応用能力を証明しています。さらに、IELTSでは7.0のスコアを獲得しており、アカデミックな英語能力と国際コミュニケーションスキルが高いことを証明しています。

皆さんの英語学習において、文法、語彙、発音の改善から会話技術の向上まで、幅広いサポートを提供します。私の国際経験と専門知識を生かし、皆さんの英語学習の旅を全面的にサポートします。一緒に英語の世界を探検し、新しい発見を楽しみましょう!

Kawano

Kawanoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 70

Pardon my rudeness, but I must first apologize via email. 不躾ながら、まずはメールにてお詫び申し上げます。 Pardon my rudenessは、相手に対して無礼な行動や発言をした後に謝罪する表現です。一般的に、会話の中で相手を中断したり、不適切なコメントをしたりした際に使われます。日本語に直訳すると「無礼をお許しください」となりますが、実際のニュアンスとしては「失礼しました」や「ごめんなさい」に近いです。例えば、会議中に急に話を横取りしてしまった場合や、日常会話で少し無神経なことを言ってしまった場合に適しています。 I apologize for the interruption, but I wanted to extend my sincere apologies via email first. 不躾ながら、まずはメールにてお詫び申し上げます。 With all due respect, I would like to extend my apologies through this email first and foremost. 不躾ながら、まずはメールにてお詫び申し上げます。 I apologize for the interruption.は、会話や作業中に割り込む際に使われ、相手の時間や注意を割くことへの礼儀を示します。一方、「With all due respect」は、相手の意見や立場に敬意を示しつつ異なる意見を述べる際に使います。例えば、会議で「With all due respect, I disagree with your proposal」と言うことで、相手を尊重しつつ反対意見を示します。前者は礼儀正しい割り込み、後者は丁寧な反論を示す表現です。

続きを読む

Kawano

Kawanoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 56

Watch out, it's slippery because of the moss. 苔があるから滑るよ。 Mossyは、苔むした、苔が生えたという意味を持ち、自然の中で長い時間が経過したものや古びた雰囲気を表現する際に使われます。例えば、古い石の橋や森の中の木々、放置された庭園の石像などに対して使えます。英語では、「The mossy stones by the river gave the place an ancient, mystical feel.」(川辺の苔むした石はその場所に古代的で神秘的な雰囲気を与えていた)というように、自然の美しさや歴史を感じさせる場面で活用できます。 Be careful, the rocks are covered in moss and can be slippery. 気をつけて、岩は苔で覆われていて滑りやすいよ。 Watch your step, the rocks are carpeted with moss and can be slippery. 足元に気をつけて、岩が苔で覆われているから滑りやすいよ。 Covered in mossとCarpeted with mossはどちらも「苔で覆われている」という意味ですが、ニュアンスが少し異なります。Covered in mossは単に苔が表面に存在している状態を指し、より一般的な表現です。例えば、The old tree was covered in moss. 一方、Carpeted with mossは苔がまるで絨毯のように一面に広がっている様子を強調します。例えば、The forest floor was carpeted with moss, というと、より豊かで美しいイメージを喚起します。

続きを読む

Kawano

Kawanoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 46

Please be careful not to go over the wheel stop. 車止めを超えない様に注意して下さい。 「Wheel stop」は航空業界で使用される用語で、飛行機が完全に停止し、車輪が動かなくなった状態を指します。この表現は特に飛行機が駐機場に到着し、エンジンが停止された後の状況を示すために使われます。パイロットや航空管制官が「wheel stop」と言うことで、地上業務が安全に開始できる合図となります。他にも、自動車レースなどで車両がピットインして停止する瞬間にも使われることがあります。 Please be careful not to go over the parking block. 車止めを超えない様に注意して下さい。 Please be careful not to go over the bumper curb. 車止めを超えない様に注意して下さい。 アメリカ英語では、parking blockとbumper curbはほぼ同じものを指します。しかし、「parking block」は駐車場で車を止めるための小さなコンクリートやゴム製のブロックを具体的に指すことが多いです。一方、「bumper curb」は一般的に駐車場だけでなく、街中や車道の端で車の動きを制限するために設置される縁石なども含む広い意味で使われることがあります。日常会話では、文脈に応じて使い分けられますが、どちらも理解されることが多いです。

続きを読む

Kawano

Kawanoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 101

Let's submit a request for reconsideration. 再審査請求をしましょう。 Request for reconsiderationは、決定や判断に対して再評価や再検討を求めるニュアンスを持っています。この表現は、例えばビジネスの場でプロジェクトの提案が却下された場合や、学術論文の審査結果に不満がある場合などに使われます。丁寧かつ正式な言い回しであり、相手に対して敬意を示しつつ再考をお願いする際に適しています。また、法的な文脈や行政手続きにおいても頻繁に用いられます。 Let's file an appeal for review. 再審査請求しましょう。 Let's request for a reevaluation of the decision. その決定の再審査を請求しましょう。 Appeal for reviewは公式な場面でよく使われ、既存の決定や評価に対して再考を求める場合に使います。例えば、裁判所の判決に対して不服申し立てを行う際などです。一方、Request for reevaluationはより一般的な場面で使用され、学校の成績や職場でのパフォーマンス評価など、特定の評価や判断に対して再評価をお願いする際に用いられます。どちらも再考を求める表現ですが、前者はより形式的で公式な印象があります。

続きを読む

Kawano

Kawanoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 122

How much in assets do you currently hold? 現在、どれくらいの資産をお持ちですか? 「Assets」は主に「資産」や「財産」を意味し、企業や個人が所有する価値のあるものを指します。例えば、企業の会計で使用される場合、現金、設備、在庫などが「assets」に該当します。一方、ビジネスやプロジェクトの文脈では、人材や知識、ブランド価値なども「assets」として扱われることがあります。また、ゲームやソフトウェア開発では、グラフィックや音楽ファイルなども「assets」と呼ばれ、プロジェクトの重要な要素として管理されます。 How much are your current holdings? 現在の保有資産はどれくらいですか? How much in assets do you currently hold? 保有資産はどれくらいですか? 「Holdings」は、特定の資産や株式の集合を指し、投資家や企業が所有する具体的な資産を強調します。日常会話では、「My holdings include tech stocks.(私の保有資産にはテクノロジー株が含まれています)」のように使用します。「Portfolio」は、投資家が持つ全体的な投資の集合を指し、分散や戦略を強調します。「My portfolio is diversified across multiple sectors.(私のポートフォリオは複数のセクターに分散しています)」といった使い方が一般的です。このように、「Holdings」は具体的な所有物、「Portfolio」は全体的な投資戦略を指します。

続きを読む