プロフィール

英語系資格

海外渡航歴

自己紹介

こんにちは!私の名前はYokoです。私は現在、デンマークに住んでおり、スペインでの留学経験を通じて英語教育への情熱を育ててきました。異国での生活は、私の英語教育方法に多次元的な視野を与えています。

スペインでの留学は、英語を第二言語として学ぶ際の困難と楽しさを体験させてくれました。この経験は、異文化間コミュニケーションの重要性を私に深く認識させ、私の教育スタイルに大きな影響を与えています。

英検では最高ランクの資格を保持しており、これは私の英語に対する深い知識と適用能力を示しています。また、IELTSでは7.5のスコアを獲得しており、アカデミックな英語能力および国際的なコミュニケーションスキルが高いことを示しています。

皆さんの英語学習において、私は文法、語彙、発音、会話技術の向上から、文化的背景の理解まで、幅広いサポートを提供します。私の国際経験と専門知識を活用し、皆さんの英語学習をサポートし、一緒に英語の世界を探検しましょう!

Yoko

Yokoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 262

What's your favorite book? 「君の愛読書は何?」 「Favorite book」は、日本語で「お気に入りの本」や「最も好きな本」を意味します。これはその人が最も好きで、何度でも読みたいと思う本を指します。このフレーズは、友人や新しい出会いとの会話でよく使われます。自己紹介や趣味について話す際、または何か新しい本を探している人にお勧めをする際などに「私のFavorite bookは~です」という形で使います。 What's your most-loved book? 「君の一番好きな本は何?」 What's your cherished book? 「君の愛読書は何?」 Most-loved bookとcherished bookはほぼ同じ意味を持つが、微妙な感情的な違いが存在します。Most-loved bookはその本が個人的に一番好きだということを強調します。一方、cherished bookはその本が特別な感情的な価値を持つことを強調します。たとえば、大切な人からの贈り物や思い出深い出来事と関連付けられている本などです。

続きを読む

Yoko

Yokoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 198

I feel like I'm being provoked by the wind. 「まるで風に煽られているような感じだ。」 「Being provoked」は「挑発される」「怒らせられる」などの意味を含みます。主に否定的な感情を引き出すために意図的に行われる行為を指します。ニュアンスとしては、相手が自分を故意に困らせたり、怒らせたり、反応を引き出そうとしている状況を表す言葉です。 例えば、口論や議論の中で、相手が自分の怒りを煽るような発言をした場合や、あるいはスポーツの試合で、相手が自分を揺さぶる行動をとった場合などに「Being provoked」という表現を使うことができます。 The trees were being instigated by the wind. 風に煽られて、木々が揺れていました。 I was unsure at first, but I let myself be egged on by my friends. 最初は迷っていたけど、友達に煽られてしまった。 Being instigatedは通常、より深刻な状況や行動を引き起こすために誰かをそそのかすことを指します。例えば、暴動や犯罪のような。一方、being egged onは主に友達が他の友達をちょっとした悪ふざけや挑戦に駆り立てることを指すより軽い表現です。たとえば、ダンスコンテストに参加するように奨励したり、恥ずかしいジョークを言わせるために誘うなどです。ただし、両方とも基本的には他人に何かを行うように誘惑または説得することを指します。

続きを読む

Yoko

Yokoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 182

I'm going to enroll in the fall semester. 私は秋学期に入学する予定です。 「Fall semester enrollment」は、「秋学期の登録」または「秋学期の入学」を指します。アメリカなどでは、大学の学年が秋から始まることが多いため、このフレーズは特に新しい学生が大学に入学するプロセスを指すことが多いです。しかし、既存の学生が次の学期のクラスを選択する際の登録プロセスを指すこともあります。シチュエーションとしては、教育機関や学生、親などが学期開始前の入学手続きや授業登録の話をする際に使われます。 I will be starting school in the autumn term admission. 私は秋学期入学で学校に通います。 I'm enrolling for the fall term. 「私は秋学期に入学します。」 Autumn term admissionとFall term enrollmentは基本的に同じ意味を持つが、英語の地域的な違いから使い分けが生じます。Autumnは主にイギリス英語で、Fallは主にアメリカ英語で使われます。したがって、イギリスの大学や学校ではAutumn term admissionが、アメリカの大学や学校ではFall term enrollmentが一般的に使われます。また、admissionは通常、学校に受け入れられるプロセスを指し、enrollmentは正式に学校に登録することを指します。しかし、これらは頻繁に相互に使われ、大きな違いはありません。

続きを読む

Yoko

Yokoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 547

He might be good to con. 「彼はだましやすそうだな。」 Might be goodは、「良いかもしれない」という意味で、ある事柄やアイディアに対して、確定的な評価を避けつつある程度の期待感や可能性を示す表現です。具体的なシチュエーションとしては、新しい提案や計画に対する初期の反応、試みる価値があるかもしれないと思う事柄に対する意見などに使えます。このフレーズは、完全な肯定ではなく、あくまで可能性を示しているため、人にアドバイスを求められた際などにも使えます。 He seems promising as an easy target. 「彼は簡単に騙せそうないいカモに見えるな。」 He could be a winner for swindlers. 彼は詐欺師にとってはいいカモだな。 「Seems promising」は「有望に思える」という意味で、新しいアイデアや提案、計画などが初めて紹介された時や進行中のプロジェクトについてポジティブな印象を表現するのに使われます。「Could be a winner」は「勝者になる可能性がある」という意味で、競争の文脈で使われます。具体的な結果や成功が見込めるもの、特に他の選択肢や競争相手に対して優れていると感じた時に使います。

続きを読む

Yoko

Yokoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 216

We really got taken advantage of in today's game. 「今日の試合では、相手にいいようにされたな。」 「be taken advantage of」は、「利用される」「騙される」などの意味を含む英語のフレーズです。他人に自分の利益や都合のために使われたり、自分が不利な状況になるような行為をされた場合に使います。たとえば、自分の優しさや親切さが逆に利用されてしまった場合や、自分が知らない間に損を被らされてしまった場合などに使うことができます。また、仕事や人間関係、商取引など、幅広いシチュエーションで使用されます。 You got manipulated by today's opponent, didn't you? 「今日の相手にはいいようにされたね?」 We were played like a fiddle by our opponents today. 「今日の相手にはまるでバイオリンのように弾かれてしまったな。」 「Be manipulated」は一般的に他人によってコントロールされる、または自分の行動や感情が他人によって操作されることを指します。操られた人は悪意ある人や状況によって自分の意志に反して行動してしまうことがあります。 一方、「Be played like a fiddle」はより口語的な表現で、誰かに完全にコントロールされ、意のままに操られている状況を強調する際に使われます。このフレーズは、誰かが他人の感情や行動を楽器を弾くように軽々と操作している様子を描写します。この表現は通常、被害者が相手に無邪気にだまされている、または彼らの意図を全く理解していない状況で使用されます。

続きを読む