プロフィール

英語系資格

海外渡航歴

自己紹介

皆さん、こんにちは!私の名前はTaki0207です。私は現在ギリシャに住んでおり、異文化環境の中で英語教育に従事しています。この国際的な経験は、私の英語教育へのアプローチに大きな影響を与えています。

私の英語の旅は、フィンランドでの留学から始まりました。そこでの学びは、英語を非母語とする環境でコミュニケーションを取る際の重要性を私に教えてくれました。また、異文化との接触は、私の言語教育法に多様性と柔軟性をもたらしました。

英検では最高レベルの資格を取得しています。これは、複雑なテキストの理解や表現における私の能力を示しています。さらに、IELTSではスコア7.5を達成し、国際的な基準での私の英語スキルが高いレベルにあることを証明しています。

皆さんの英語学習に関する質問や疑問に対して、私は皆さんをサポートし、英語学習の楽しさを共有したいと思っています。文法、発音、リスニング、スピーキングスキルに関するアドバイスから、文化的な理解に至るまで、私の経験と専門知識を活かして皆さんを支援します。一緒に英語の冒険を楽しみましょう!

Taki0207

Taki0207さん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 1,300

I can't sleep because of the panting sounds coming from the next room. 隣の部屋から聞こえてくる喘ぎ声がうるさくて眠れないんだよ。 「パンティングサウンド」は息切れした時の呼吸音を指します。運動後や疲労感が強いとき、興奮状態や恐怖感などの強い感情により息が荒くなる状況で用いられます。特に映画やドラマでは、キャラクターが身体的、精神的な負荷を感じているシーンを視覚的にではなく音として表現する際に使われます。また、動物(特に犬)が暑さや興奮でハアハアと息をする様子も表現します。 I can't sleep because of the heavy breathing coming from the next room. 隣の部屋から聞こえてくる喘ぎ声がうるさくて眠れないんだよ。 I can't sleep because of your labored breathing from the next room. 「隣の部屋からのあなたの苦しそうな息遣いのせいで眠れないよ。」 Heavy breathingは一般的に運動後や怖がっている時など、一時的に呼吸が重くなる状況で使われます。一方、labored breathingは呼吸困難を指す医療用語で、病気や健康問題により呼吸が困難になっている状態を表します。この表現はより深刻な状況や、長期的な問題を示すことが多いです。

続きを読む

Taki0207

Taki0207さん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 153

My account got exposed again. 「またアカウントがバレた。」 「Exposed」は、英語で「露出した」「明らかになった」「暴露された」などという意味を持つ単語です。情報が隠されていたものが明るみに出る、秘密がばらされる、保護やカバーから外される、危険にさらされるなどの状況で使われます。例えば、「The truth was exposed」(真実が明らかになった)、「The city was exposed to danger」(都市が危険にさらされた)などと使います。また、人が自分の弱点や秘密を他人に見せることも「expose」と表現します。 I got caught red-handed again with my account being exposed on social media. 「またSNSのアカウントがバレて、手を染めているところを捕まった。」 I got busted again, they found out my SNS account. 「またバレた、彼らが私のSNSアカウントを見つけた。」 Caught red-handedは、人が不正行為や犯罪を行っている最中に発見されたときに使われる表現で、直訳すると「手が赤くなるまで捕まえられた」という意味になります。一方、Bustedは、一般的には法律違反を犯したときに警察に捕まった状況を指す言葉で、非公式な言葉として使われます。両者ともに「捕まった」や「見つかった」という意味ですが、Bustedはよりカジュアルで、Caught red-handedはより具体的な状況を示します。

続きを読む

Taki0207

Taki0207さん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 152

That was a dirty tackle, totally unacceptable. 「それは悪質なタックルだったね。全く許されない。」 「Dirty tackle」はスポーツ、特にサッカーやラグビーなどのコンタクトスポーツで使われる表現で、不正なタックルや反則行為を指す言葉です。例えば、相手選手に対して危険なプレーを行ったり、意図的に怪我をさせようとするなど、スポーツマンシップに反する行為を指します。なお、このような行為を行った選手は審判からペナルティを受けることが一般的です。 That was a vicious tackle, totally unacceptable. 「あの悪質なタックル、絶対に許されないよ。」 That was a malicious tackle, totally unacceptable. 「それは悪質なタックルだった、全く許されないね。」 Vicious tackleとMalicious tackleはどちらもスポーツ、特にサッカーやラグビーなどで使われる表現です。Viciousは強烈な、激しいという意味で、Vicious tackleは非常に強烈なタックル、あるいは危険なタックルを指します。一方、Maliciousは意図的な、悪意のあるという意味で、Malicious tackleは故意に相手を傷つけるために行われるタックルを指します。したがって、Vicious tackleはその強さや激しさから危険性を感じさせ、Malicious tackleはその行為自体が悪意に満ちていることを示しています。

続きを読む

Taki0207

Taki0207さん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 167

You should stop beating around the bush and just tell me the truth. 「もう遠回しに話すのはやめて、ただ真実を教えてくれたらいいのに。」 「Beat around the bush」は、直接的な話題や問題に触れずに遠回しに話す、または遠回しに問題を取り扱うという意味の英語のイディオムです。ニュアンスとしては、遠慮がちに、または回避的に、直接的な話題や問題に取り組もうとしない様子を表します。この表現は、人々が困難な話題や敏感な問題に対処する際、または何かを直接求めるのを避けるために用いられます。 You should stop sugarcoating the truth. 「もう真実を綺麗に言い繕うのはやめた方がいいよ。」 You should stop trying to minimize the issue with excuses. 「もう言い訳で問題を小さくしようとするのはやめた方がいいよ。」 「Sugarcoat the truth」は、真実を美化する、または苦痛を和らげるために真実を飾ることを表します。一方、「Minimize the issue」は、問題や状況の重要性や深刻さを軽視または低く見積もることを示します。前者は、誰かの感情を傷つけないようにするために使われ、後者は問題を解決するための緊急性や重要性を弱めるために使われます。

続きを読む

Taki0207

Taki0207さん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 193

When does the sandeel fishing season start this year in the Seto Inland Sea? 「瀬戸内での今年のイカナゴ漁はいつ開始されるんですか?」 サンディールフィッシングは、サンディールと呼ばれる小魚を釣る行為を指します。サンディールは北海や大西洋などに生息し、特に食用や餌として利用されます。この釣りは、商業的な魚獲やレクリエーショナルな釣りの両方で行われ、特に海鳥や海洋哺乳類の飼育、または他の大型魚類の餌として人気があります。サンディールフィッシングは、海洋生態系の一部として重要な役割を果たしています。 When does the sandeel harvest season start this year? 「今年のイカナゴ漁はいつ解禁されるんですか?」 When does the lancefish fishery season start this year? 「今年のイカナゴ漁はいつ解禁されるんですか?」 「Sandeel harvest」と「Lancefish fishery」は、特定の魚の捕獲や漁業に関する用語です。Sandeel harvestは、ヤツメウナギ(一種の海魚)の捕獲を指します。これは一般的にヨーロッパの北海で行われ、主に鳥類や海洋哺乳類の餌、または漁業餌として使用されます。一方、Lancefish fisheryは、ヤリイカナゴ(またはランスフィッシュ)の漁業を指します。これは世界中の深海で行われ、主に人間の食料やペットフードの製造に使われます。これらの用語は、魚種や捕獲地域、用途によって使い分けられます。

続きを読む