【今すぐ使える】英語でのメールの書き方~断り方編~

 C789_keitaitomba

こんにちは、Takaです。

さて、前回はメールのメールの書き方~件名/書き出し編~について紹介しました。

その続きとして今回は、「断り方」についてフォーマルな表現とカジュアルな表現で

比較して紹介してみたいと思います。

ネイティブキャンプTOPバナー

お誘いに対する断り方

Would you like to join our party tomorrow?

(明日のパーティーに参加しないかい?)

スーツ姿のお辞儀

【フォーマル】

I’d love to join but I have a work tomorrow.
(行きたいのは山々なのですが、明日は仕事があります。)

I’d love to ~」 で「~をすごくしたい」という意味になり強い気持ちを表します。

Unfortunately,I will not be able to join the party due to a prior commitment.

(残念ながら、先約があるため参加できません。)

「due to a prior commitment」このフレーズは、とても使える

フォーマルな断り方の1つです。「先約があるので」という意味であり

文頭または文末で主に使われます。

【カジュアル】

I’m sorry.I will not be able to join.

(ごめんなさい、参加できません。)

I’ll pass.
(遠慮しときます。)

カジュアルに使える「I’ll pass.」というフレーズは、よく私も使います!

依頼に対する断り方

Could you go to buy a pen?
(ペンを買ってきてくれませんか?)

手を合わせてお願いする男性

【フォーマル】

I hate to say that I have a lot of other things to do.

(言いにくいんですけど、他にやることがたくさんあります。)

I hate to say」で「言いたくないんだけど」という意味になります。

I’m afraid I can’t.

(残念ですが行けません。)

これは、「残念ですが行けません / できません」という

誘いやお願いを丁寧に断る表現の1つです。

【カジュアル】

Sorry.I can’t help you now.

(ごめん、今はできないよ。)

I wish I could,but I’m busy.
(できたらいいんだけど、今忙しいからできないよ。)

I wish I could」で「~できたらいいんだけど(実際にはできない)」
という意味です。

こちらも誘いやお願いを、やんわりと断る表現として使えます。

いかがでしたか?

日本人は断るのが苦手だ、と言われております。

ですが、正しい断り方を知っておけば失礼になることはないです。

逆に、答えを曖昧にするほうが失礼なことだと思います!!

次回は、メールでの締めの言葉(結び)を紹介します♪

では今回はこの辺で^^

facebook いいねしてね

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.