英会話習得の秘訣はとにかく英語を話すこと!

英語を上手に話すための秘訣とは何でしょうか?世の中には多くの英語が話せる日本人が居る中で、どうして自分はなかなか話せないのでしょう。
問題点は何でしょうか。苦手意識があったり、英語学習が上手く行かないことによるモチベーションの低下が問題でしょうか。そんなことを考えていると、次第に「私って英語が向いていないんじゃないか・・・」と、悩む方やついには諦めてしまう方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

そこで、今日は中々うまく話せない方のために今すぐ活用できるアドバイスをさせていただきたく、“とにかく英語を話す”ということをテーマにお話をしたいと思います。
「英会話が難しい」「発音が上手くできない」「いざ話をしてみても伝わらない」「外国人教師が何を言っているのか分からない」「そもそも聞き取れない」などの英会話学習の初心者からのお悩みは職業柄よく耳にしています。
全然できない人がどうやったらうまく話せるようになるのか、上手く話せるようになるためにはどうすればよいのか、どんな工夫が必要で、どんな心構え、マインドが必要かということについて詳しく話していきます。
私自身の英語に取り組んだ経験からのアドバイスも入っているので、最後までお読みいただけたら嬉しいです。

ネイティブキャンプTOPバナー

英語を話せるようになる上での心構え

英語を上手に話せるようになるにはある程度の心構えが必要になります。
何の努力もなく、何の工夫もなく、気楽に話せたらな〜と思う方は多くいらっしゃると思います。本当にそんな簡単に英語が話せたらこれほど素晴らしいことはありませんよね。
でも実際は、難しいかもしれません。いくら頭が良くても、環境が良くても、全く努力をせずに英語(外国語)を身につけることは至難の業だと個人的には思います。

目標を明確にしましょう

外国語(私たちの場合英語)を身につけるためにはそれなりの努力が必要です。
ただ、毎日脳みそに汗をかきながら辛い勉強をし続けるのかというとそれもまた違うと思っています。努力は当然必要ですが、少しの秘訣というか、考え方を変えるだけで、英語に関しての知識、英会話力を飛躍的に向上させることができます!
その秘訣についてこれからお話いたします。

まず、あなたにお尋ねしたいことがあります。
以下の質問にお答え下さい:

・「あなたは何のために英語の勉強をしているのですか?」
・「あなたの英語学習の目標は何ですか?」
・「英語を話している自分はどのような自分ですか?」
・「英語でうまく話せるようになったら何をしたいですか?」

いかがでしたか? すぐお答え出来ましたでしょうか?
英語を話している自分のイメージはできますでしょうか?
目標ははっきりしていますか?どうでしょう。
目標がはっきりしている人はそうでない人よりも英語を覚えるスピードが早いですし、
話せるようになるのも早いです!
目標がはっきりしていると、勉強に取り組む楽しさも増してくるし、目標達成した時の喜びも感じやすくなります。
あなたも自分の英語の学習の目標についてじっくりと考えてみてください!
実は私も以前英語を勉強していた時、無意識にいつも何かしらの目標を設定していました。例えば、TOEICで900点を取るためでしたり、留学の準備のためでしたり、色々ありました。
「英語の試験で点数を取る」というのが一番わかりやすい目標かもしれませんね。
TOEICなんかは、日にちも決まっているし、目標スコアの設定もしやすいかと思います。
もし留学など大きな目標はなくても、試しにTOEIC スコアをワンランク上にしてみるのはいかがでしょうか。
その他にも「集中コース」はオススメです!例えば、3ヶ月集中コース、6ヶ月集中コースと言った学習方法です。
日本ではあまり流行ではないようですが(最近ちらほらそのようなサービスが出てきていますが)、海外では一般的な学習法です。
特に、長期間勉強に取り組むのが苦手な方にはこの方法をオススメしたいです!
なぜなら、短期コースですから、飽きることなく気軽に取り組むことが出来ることでしょう。
少しお話しがはずれてしまいましたので、一旦今日のトピックに戻しますね。
英会話を上達させるために第一条件として、はっきりとした目標を立てることについてお話しをさせていただきました。
これからみなさんも自分の取り組みやすい目標を立ててみてください!
例として、試験、留学の準備、海外旅行の準備、大好きな映画を字幕なしで観られるようになること、海外のお友達と喋れるようになること、読みたい本を英語で読めるようになること、などなど。

自分の好きな、ワクワクできるような目標を決めておきましょう。

英語学習は続かないと意味がない

実は、英語学習は続かないと意味が全くありません。「継続は力なり」とはよく言ったものです。1日だけ、1ヶ月だけ取り組んだとしても、話せるようになるのは難しいでしょう。
当たり前のことかもしれませんが、とにかく学習する時間がどうしても必要になります。
なにかしらの英語の試験に受かることやハイスコアを獲得することを目標としている場合は、日々、そのための参考書を解いたり、単語を覚えたり、模擬試験を受けたりする必要があります。試験では無いけれども、「英会話力」を伸ばしたいという方もいらっしゃると思います。そのような方には私は全力でこのようにお伝えします。
If you don’t speak the language, you don't learn it!
意味としては「言葉は話さないと、習得できない」です。

とにかく英語を話そう!

実際、本当にそうなんです!とにかく話すことは大切です。できるだけ話す機会を増やしましょう。また、日本人にありがちなことではあるのですが、最初のうちから「完璧な英語」を話話す必要はありません。文法も気にする必要はありません!間違いも気にする必要はないです!発音もそれほど気にする必要はありません!とにかく話しましょう!
できるだけ毎日話すことです。相手がいない人でも、一人で話す(言葉を発する)練習をしましょう。
教科書などを声に出して読んでみるとか、お友達と話してみるとか、外国人の会社の人と話してみるとか、外国人が来そうなbarに言ってみるとかいろんな方法があります。
上手に話したいのなら、話す機会をとにかく増やすことは大事になります!

海外のニュースなどを利用する

どうしても英語を話す相手が見つけられないという場合、簡単な方法を今からご紹介いたします。
私の場合、この方法によって、自分の英会話力、発音、話のスピードといったことを
短期でかなり上達させました。
個人的な秘密兵器なのであまり教えたくはないのですが、今回特別にあなたにもお教えしましょう。
その方法とは海外のテレビニュース番組です!CNN, BBC, 英語のNHKといった番組はご存知だと思います。
まず好きな番組を選んでください。その番組を聴きながら、会話のマネをしましょう!
会話の内容に注目する必要はありません。ただ会話のマネをしてください。
スピード、発音、話しているアナウンサーの口の動きに注目してみてください。
筋トレのようなものだと思って、定期的にマネをすると、かなりお話上手になります。
(自分もその方法で今でも会話の練習を定期的にしています)
なぜテレビニュースが良いかというと、アナウンサーの方々の発音、話し方は正しいからです。
日本のテレビを見ると、ニュース番組のアナウンサーたちの言葉はかなり綺麗ではないでしょうか?それと同じことです。特に発音の練習には適しています。
アメリカ英語ならCNN, ABCなど、イギリス英語ならBBCでしょう。
自分の好きなニュース番組を選んでみてください。
テレビニュースだとちょっと難しい・苦手という方であれば、YouTubeや洋画、オンライン英会話なんかもオススメです。
オンライン英会話なら、その場で間違いを直してくれるので、特にオススメしたいです。
やはり、日本人には誰かと直接お話できる環境にいると安心できますし、1人の練習よりも楽しいでしょう。そのために英会話スクール、オンライン英会話をオススメしています。
やり方はあなた次第ですが、うまく話せるようになりたいのなら、話せる機会を増やす努力をしてみてください。

必ずしもネイティブが良いとは限らない

先ほど、英語の番組を聴く、ネイティヴのお友達を作る、ネイティヴの教師と勉強するといったお話をしてきました。
もちろん、生の英語を聞くと、耳が慣れてきて、自然に英語で話せるようになります。時間は掛かるかもしれませんが、最終的に英語で話せるようになるでしょう。
ちなみにですが、皆さんは「生の英語」と言われたら、何を想像しますか?
アメリカ人の英語ですか?イギリス人の英語ですか?オーストラリア人の英語ですか?カナダ人の英語ですか?もしかすると、インド人の英語ですか?フィリピンの人の英語ですか?ロシア人の英語ですか?ナイジェリア人の英語ですか?フランス人の英語ですか?日本人の英語ですか?

「おかしい質問をしないでください!」と怒られてしまうかもしれませんね。。。
ただ、英語は英語園の人の言葉だけだと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
上述したとおり、実は英語園の国々の他にも多くの国の人が英語を日常的に使っています。
もちろん発音や表現方法などが多少は違ったりしますが、でも英語は英語です。
英語園以外の国の人にとって英語は日本人と同様に外国語です。それでも、ビジネスシーン、旅行先、プライベートで頑張って英語を話そうと努力しています。
日本人と比べて何が違うと言うと、皆、文法や発音間違い、そして人の目なんかはあまり気にしないということでしょう。
違う国の相手と会話をしたいのでしたら、相手の話していることを理解し、こちらの話を理解してもらうのが会話の目的になるかと思います。正しい発音ではなく、間違った発音でも伝えたい事が相手に伝われば、その会話の目的が果たせたと言えるのではないでしょうか。
ですから、あなたでもどうにか恥ずかしがらず外国人の相手と話をしてみてください!
英会話を習う日本人の多くは、どうしてもネイティヴの教師に教わりたいと思っています。
正しい発音を身に付けたいし、スラスラ英語を喋りたいと思ったりしているでしょう。
だけど、ネイティヴの方の発音はすごく早くて聴きづらい、しかもスラング、略語などもあるかと思います。とにかく分かりづらいのです!
逆に、他の英語園の国の人の英語(ネイティヴではない人たち)は話すスピードがそんなに早くない時もありますし、わかりやすいところもあります。
逆に、ネイティヴじゃないほうが良い側面もあると考えます。例えば、非ネイティヴの国の人々は日本人と同じく英語を外国語として習っています。ですから、あなたの悩みもよく理解できると思うし、英語習う上での難しさも理解しているでしょう。
英語を外国語として習う上での適切なアドバイスもくれるかもしれません。
ちなみに、英語のネイティヴスピーカーが世界中にどれだけ居るかしっていますか?一般的に「英語圏」と言われる国々といえばアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドあたりになりますね。世界人口が約70億人程になりますが、ネイティヴスピーカーの総合人口はだいたい3.9億人と言われています。そして、それに比べて、英語非ネイティヴスピーカーの人口は17.5億人です。まず、全世界の1/4の人が英語を話すことが出来るという事実と、ネイティヴスピーカーよりも非ネイティブスピーカーの方がはるかに多いという事実に驚きませんでしょうか。
人生の中で、仕事上、旅行先などで非ネイティヴスピーカーと触れるチャンスはネイティヴスピーカーより4.5倍ほど多いと計算できます。
それだけ、世の中には非ネイティブスピーカーが多いのです。ですので、「ネイティヴの発音を!」と執拗に拘る必要は無いのではないかと思います。自信を持ってください。
話す機会をできるだけ多めにして、日本人の発音でも良いですから、とにかく話してみましょう。それはあなたの英会話力の一番の近道になるでしょう。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.