【知ってスッキリ??英語vs米語】同じ英語なのにこんなに違うの??

こんにちはmikaです!
今回は イギリス英語 vs アメリカ英語 について書いてみたいと思います。

Queen’s Englishで知られるイギリスはもちろんのこと、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スコットランドなどなど、同じ英語なのにイントネーションやスペル、発音、表現方法、意味、文法までも違いが見られます。今回は代表的なイギリス英語とアメリカ英語の発音・単語の違いについて触れてみたいと思います。
辞書では イギリス英語 → 英、BrE、アメリカ英語 → 米、AmE と記されたりします。

発音

標準的なイギリス英語では、母音が綺麗に発音されます。日本語も母音をはっきり発音する言語なので親近感が湧きますね!^^

例えば、
What are you doing?” が、

イギリス英語では「ワユドゥーイング?」と聞こえるのに対して、
アメリカ英語では「ワユドゥーイング?」に聞こえます。

“It doesn’t matter.”だと、

イギリス英語では「イッダズンマター」と聞こえますが、
アメリカ英語では「イッダズンマラー」と聞こえます。アメリカ英語では、’t’と母音がくっつくと、’t’が’r’のような音になります。従って「ワラユドゥーイング?」のように聞こえるわけです。この辺りについてはまた今度詳しくご紹介したいと思います!

また、英語vs米語では単語の発音の違いもあります。

vitamin 英「ヴィタミン」 米「ヴァイタミン」
herb 英「ハーブ」 米「アーブ」 
tomato 英「トマートォ」 米「トメイトゥ」
garage 英「ガレジ」 米「ギャラージ」
neither 英「ナイザー」 米「ニーザー」
either 英「アイザー」 米「イーザー」
advertisement 英「アドヴァティスメント」 米「アドヴァタイズメント」
leisure 英「レジャ」 米「リージュア」
squirrel 英「スクウィール」 米「スクウォレゥ」

皆さん、発音が講師によって違うのはなんで??どっちが本当??なんて思ったことはありませんか?これは英語を習得した過程で「英語」「米語」どちらの影響を受けてきたかによるんですね^^

英語を勉強する私たちにとって、とても紛らわしいのですが、その違いを知ることによって英語の勉強がもっと楽しくなります!!
NC講師もとても勉強熱心なので話題の一つとして盛り上がりますよ!

まだまだ興味深い違いがたくさんあるので続々とご紹介していきたいと思います!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.