英語のダジャレまとめ!笑いどころも解説!

ダジャレ、顔文字、笑い、スタンプ

こんにちは。
ネイティブキャンプインターンのMizukiです。

毎日英語を勉強していると息詰まってしまうこと、ありますよね?

そんな読者の皆さんに今日は気楽な英語学習として
英語のダジャレを紹介します。

日本語だけではなくて英語にもダジャレがあります。

そもそも駄洒落とは…
言葉の一部分の母音とイントネーションが同じ語、母音が同じ語、同音異義語
などが当てはまります。

『駄目な洒落』というところから
ダジャレと呼ばれるようになった説もあります。

ダジャレを英語で表すと
“Pun”(パン)です。
楽しみながら英語を学ぶためにも
今日は皆さんに、English punの王様になっていただきます!

 

 

~日本と海外のダジャレの違いとは?~

日本と海外のダジャレにおいて、基本的な目の付け所は同じです。

韻を踏んだり、同音異義語があったりと、言葉遊びを利用してクスッと笑える文章に仕上げます。

ただ、英語の方が「韻を踏む」タイプのダジャレが多いように感じます。

ダジャレに限らず、洋楽の歌詞を見ていても、韻を踏むフレーズが連続して登場することがとても多いです。

日本語と比べて英語の方が「韻を踏む」文化があるのかもしれませんね。

一つ例を挙げます。

Q: What do you call the flower on your face?
(顔の中にある花って?)

A: Tulips!
(チューリップ)=Two lips

日本語だと「鼻(花)」と言う意味で「Nose」と答えたくなってしまいますが、答えはチューリップ。
ツーリップス=チューリップという事です。

いかがですか?クスッと笑って頂けましたでしょうか?

笑いのツボは世界共通。

英語のジョークとしてはアメリカンジョークが一番有名ですが、ここではアメリカンジョークとも違う、英語のダジャレの世界について少しご紹介できればと思います。

 

~講師に聞いた!お気に入りのEnglish pun!~

英語で冗談やダジャレを使った言い回しを知っていたら、もっと楽しく会話を盛り上げる事が出来ると思いませんか?

留学などで海外に滞在することを考えても、こうしたユーモアを知っていれば、ネイティブとの距離感を縮めてまた少し上級の英会話ができますよね。

今回私はそんな上級スピーカーを目指すために
『おすすめのダジャレ教えて!』
と講師に聞きまくりました!

殆どの講師が初対面で『なんであなたはそんな事聞くの?面白いね(笑)』とすぐ仲良くなれましたよ。

レッスンでこんな事を聞いてみると緊張がほぐれるかもしれませんね。

では、先生達に教えてもらった人気のダジャレシリーズと日本語訳を披露します!

 

ハイジャック

“I was arrested at the airport. Just because I was greeting my cousin jack.
All that I said was “Hi, Jack” , but very loud.”

こないだ空港で逮捕されちゃったよ、ただ従兄弟のジャックに挨拶してただけなのに。
僕が言ったのは『ハーイ!ジャック!』なんだけどね…声が大きすぎたよ…。

解説:みなさん、わかりましたね?

Jackさんに挨拶をしたつもりがhijackと間違えられたという事です。

みなさんも「ジャック」という名前の人に会うときは気をつけてくださいね(笑)

 

遠距離恋愛

“How is your long distance relationship going?
So far, so good.”

遠距離恋愛はどんな感じ?
今のところは順調だよ。

解説:So farには
『今のところ』、『とても遠い』
という2つの意味があります。

遠距離恋愛ですごく遠いけれど、今のところは問題ないと掛けています。

 

プラネタリウム

“Two ladies were discussing the planetarium show they had just seen.
One said the show was fantastic.
The other agreed but added ‘Most of it was over my way.”

2人の女性がさっき見たプラネタリウムについて話していた。
一方が素晴らしかったと述べた。他方もこれに同意したが理解出来なかったと付け加えた。

解説:Over ones headには
『頭上』と『理解できない』
という比喩的表現があります。

プラネタリウムは頭上で楽しむものであるけれど、彼女には理解が難しかったようですね。

 

カレンダー工場

“I can’t believe I got fired from the calendar factory. All I did was take a day off.”
カレンダー工場をクビになったなんて信じられないよ。
1日休んだだけなのに。

解説:take a day off
『会社を休む』
という意味で用いられます。

ただこれを直訳すると1日(a day)抜き取る(take off)
=365日あるカレンダーを364日にしてしまった、という事です。
それはクビになってしまっても仕方ありませんね(笑)

 

レコード

“This record costs $900. How expensive it must be a record.”
このレコード900ドルもしたんだ。ずいぶん高いね、最高記録に違いないよ。

解説:同じrecordという単語を使っていますが、
『レコード盤』と『最高記録』
をかけていますね。

 

ワニでお別れ

講師から教えてもらったものにこんなのもありました。
別れ際の挨拶に使うそうです。

A: “See you later alligator.”
B: “After a while crocodile.”

Aと言われたらBと返すのが決まりだそう。
alligatorもcrocodileもワニの区別の呼び名で特に深い意味はないそうですが、どちらも韻を踏んでいますね。

今日から皆さんもこんな挨拶をされた時には、適切に返答できますね?

 

A: “Why are cats bad storytellers?”
B: “Because they only have one tale.”

なぜ、猫は下手な語り手なのでしょう?

一つの物語しかないから

“tale(物語)”を”tail(しっぽ)”を掛けたダジャレです。

発音は全く同じですので、同音異義語をつかったダジャレとして親しまれています。

確かに、猫には1つしかしっぽが無いですよね。

 

ネイティブキャンプアプリストアバナー

 

~ネイティブでも難しい!早口言葉の+駄洒落~

次は早口言葉のような駄洒落です。

思わず舌を噛みそうな英文の数々、皆さんスラスラと言えますか?

I scream. You scream. We all scream, for ice cream.
私はさけぶ、あなたもさけぶ、みんながさけぶ、アイスクリームが欲しいと。

Six witches watch six watches which witch watch which watch.
6人の魔女が6つの腕時計を見る。

She sells seashells by the sea shore. The seashells she sells are seashells.
彼女が海のそばで貝殻を売っています。彼女が売っている貝殻はまさに貝殻です。

 

~ダジャレクイズ~

ここまでくれば、皆さんがEnglish punの王様になるまであと一歩!

最後はちょっとレベルを上げて、ダジャレが関係するクイズに挑戦してもらいます。

 

①What do snowmen do in their spare time?
雪だるまが暇な時間にする事は?

②Why a bicycle can’t stand on its own?
なぜ自転車は自力で立てない?

③Which is stronger Wednesday or Sunday.
水曜日と日曜日どっちが強い?

④If you send a letter to the Philippines, what should you do?
もしあなたがフィリピンに手紙を出すならどうすべき?

⑤Why is the math book so sad?
なぜ数学の本はそんなに悲しいの?

 

~答え~

①They just chill.
chillという単語には、「寒い」という意味と「遊びに行く」という意味があります。

② Because it is two tired(too tired).
なぜならとても疲れているから。
two tired(2つのタイヤ)とtoo tired(とても疲れている)をかけています。

③Sunday.
水曜日はウィークデー=week dayとweak dayをかけています。

④Put in it in a Manila envelope.
茶封筒に入れる。
フィリピンの首都のManila(マニラ)とManila envelope(茶封筒)
をかけています。

⑤Because it’s got so many problems.
なぜなら問題を沢山抱えているから。

 

何問解けましたか?
これで今日から、皆さんもダジャレを言われて相手のボケを台無しにしてしまうなんてこともありませんね?

 

~日本のおやじギャグについて英語で説明しよう~

日本では、ダジャレを言うのはもっぱらおやじ(おじさん)なので、よく「おやじギャグ」という言葉が使われますよね。

海外の方にこの「おやじギャグ」を理解してもらうために、日本のおやじギャグについて英語で説明するフレーズを確認してみましょう!

 

おやじギャグの説明に使える英語表現

おやじギャグ:dad joke
→「お父さん」を表す”dad”で、「お父さんジョーク=おやじギャグ」になります。

なんだか世の中のお父さんたちがかわいそうになってしまいますね。

シラける:cringe

 

おやじギャグを説明する英語フレーズ

My father often makes dad jokes.
(父はよくおやじギャグを言います。)

Dad jokes make people cringe.
(おやじギャグは人をしらけさせます。)

 

~英語のダジャレで楽しく英語学習しよう!~

沢山のダジャレを紹介しましたが、楽しんでいただけましたか?

また、ダジャレは2つの意味をかけ合わせるものですので、1度に2つの英単語を覚えられたり、2つの意味を覚えられるチャンスでもあります。

ダジャレを切り口に勉強する方法なら、面倒な単語暗記も少し楽しくなりそうですよね!

使えに向かってひたすら行う英語学習は、時折つまらなく感じて飽きてしまうこともありますから、ダジャレやユーモアと関連付けて楽しく勉強しましょう。

まだまだ、英語のダジャレは沢山ありますので、ぜひ皆さんも探してみてください。

 

Copyright © 2019 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.