イギリス英語の特徴

日本人が学校で習う英語や、英語学習教材などのほとんどがアメリカ英語です。また、海外ドラマや映画なども、アメリカ英語が圧倒的に多いですよね。

ですから、日本人が通常慣れている英語というと「アメリカ英語」ということになります。

そのため、イギリス人講師からのレッスンを受けることに不安を感じる人もいるかもしれません。そこで、ここではアメリカ英語と比較もしながら、イギリス英語の特徴をいくつかご紹介していきます。

ネイティブキャンプTOPバナー

実は人気のイギリス英語の響き

イギリス英語に馴染みがない、英語といえばアメリカと思っている人は知らないかもしれませんが、実はイギリス英語は多くの英語学習者に人気です。イギリス英語を聞いたことがある人は、その美しさに惚れ込んで留学先を決定してしまうほどです。

かく言う私もそのパターンで、イギリス行きを決めた1人。

全体的な響きとしては、アメリカ英語よりもイギリス英語の方が角ばった感じで、アメリカ人がイギリス英語のことを「気取っている」と言いたがるのはわかるような気もします。また、イギリス英語の方が早く喋っているように聞こえます。これは、あまり音を伸ばさないからかもしれません。

アメリカ英語に比べると、イギリス英語は抑揚が少なめです。これは、イギリス人があまり大げさに感情を表さないからかもしれません。そういったところが日本人と似ているので、イギリス英語は実は日本人にとって馴染みやすい英語なんです。

では、イギリス英語の特徴について、もう少し細かいところをいくつかご紹介します。

Tをしっかり発音する

「イギリス英語」と言っても、イギリス国内でもいくつも方言があるため、イギリス人全員がこの発音をするわけではありませんが、イギリス英語ではTの発音はしっかりとTの音としてすることが大多数です。

少なくとも、アメリカ英語のように、Tの音がRのような音になるようなことはありません。

Waterも、「ウォーラー」ではなく「ウォーター」です。Tの発音をしっかりするため、イギリス英語は角ばって聞こえるのかもしれません。

このTの発音をしっかりするというのは、イギリス英語の代表的な特徴なのですが、面白いことにロンドンの一部地域などの方言では、語中に出てくるTの音を発音しないという方言もあります。

Waterだとどうなるかというと「ウォッアー」のような感じでしょうか。カタカナで表すのはとても難しいのですが、この方言で話す人は、カフェラテのLatteでさえ、Tを発音しないため、「ラエ」と言っているように聞こえます。実際には、少し息が詰まったような音がします。

この音は慣れない人にはなかなか理解するのが難しいかもしれません。ですが、英語講師の仕事をしているイギリス人が、この方言で英語を教えることはないので、安心してください。

Rの音が弱く、語尾のRは発音しない

イギリス英語では、アメリカ英語に比べるとRの音が弱めです。アメリカ英語では、Rの音をしっかりと巻いたような音で出すのですが、イギリス英語のRはそんなに強い音ではありません。

イギリス人に対して、アメリカ英語のRの発音で話していると、ちょっとアメリカすぎる・・・と言われることもあるくらい、イギリス人にとって強いRの音は気になるようです。

これは、イギリス英語に聞き慣れないと、どう違うのかわからない違いでしょう。

語尾のRを発音しないというのも、イギリス英語の代表的な特徴です。

例えば、StoreやDoorという単語は、語尾がRの音で終わっていますよね。アメリカ英語だと、最後のRをしっかり発音しますが、イギリス英語では「ストー」「ドー」のように、単に音を伸ばして終わりです。

音を伸ばしているというよりは母音に変わっているので、例えばHereは「ヒァー」、Thereは「ゼァー」という感じになります。

この発音は、アメリカ英語しか聞いたことがないという人には理解しづらいかもしれません。しかし、発音はむしろアメリカ英語よりも簡単ですから、慣れてしまえば寧ろイギリス発音で発音した方が断然楽です。

Can’tはキャントじゃない

イギリス英語と言えばこの発音!というほど、とても有名なイギリス英語式発音は、何と言ってもCan’tでしょう。

I can speak English.(私は英語が話せます。)

という文章の場合、アメリカ英語とイギリス英語の間に発音的な違いはほぼありません。

しかし、これが否定文の

I can’t speak English.(私は英語が話せません。)

になると、全く音が異なります。

アメリカ英語の場合なら「アイキャントスピークイングリッシュ」という感じですよね。実際にはここまで母音をつけませんが、can’tの部分は、「キャント」です。

しかし、イギリス英語の場合は「アイカーントスピークイングリッシュ」です。

can’tという音は、「カーント」となります。

Can’tのTの音ははっきりと発音されないため、canなのか、can’tなのか聞き分けができないという人もいるかもしれません。しかし、イギリス英語ならそんな必要はありません。最初に「キャン」と聞こえたのならほぼ確実に「can」と言っていますし、「カーン」と聞こえれば「can’t」のことです。

これなら、canとcan’tを混合する心配がありませんよね。

母音の音がアメリカ英語と違うものが多い

イギリス英語はアメリカ英語に比べるとローマ字読みに近い音が多い傾向にあります。

その中でも、”O”の音はアメリカ英語のように「ア」の音になることがありません。

例えば、hotという単語は、アメリカ英語だと「ハット」に近いですよね。しかし、イギリス英語ではしっかりと「ホット」と発音します。dogは、「ダッグ」ではなく「ドッグ」です。

また、tomatoは、「トメィトー」だと思っている人も多いと思いますが、これはアメリカ英語の発音で、イギリス英語では、日本語とほとんど同じように「トマート」と言います。マのところにアクセントを置くだけで、イギリス式の発音で、tomatoと英語で言っているようになります。

他には、アメリカ英語の特徴的な発音である「アとエの中間」という音は使いません。

Catはアメリカ式よりももっとあっさりした音になりますし、broadcastも「ブロードカースト」と聞こえます。

Appleなども、イギリス英語では「アップル」と言っています。

他にも、母音の音が違うものはあるのですが、数が多いので今回はこのくらいにしておきましょう。

イギリス人は現在完了形がお好き

最後に、発音ではなく文法的な特徴も1つご紹介しておきます。

イギリス英語では、現在完了形をかなり使います。アメリカ英語でも現在完了形は使いますが、日常会話で出てくる頻度としては、イギリス英語の方が圧倒的に多くなります。

例えば、単に「私はペンを持っている」というときは、下記のようになります。

アメリカ:I have a pen.

イギリス:I’ve got a pen.

イギリスでも、アメリカ式のように単純な現在形で言うこともありますし、ちゃんと通じますが、圧倒的にI have gotの方が使われているイメージです。

まとめ

ここまで、イギリス英語の代表的な特徴を紹介しました。イギリス英語の特徴というと、まだまだアメリカ英語との単語の違いや、単語の発音の違い、用法の違いなど、色々なものがあるのですが、また機会があれば少しずつ紹介していこうと思います。

ここで紹介した発音で、いまいちどんな発音なのか想像ができないものがあるという人は、ぜひネイティブキャンプ在籍のイギリス人講師のレッスンを受けてみましょう。イギリス式ではどう発音するのか訊いてみると、教えてくれます。

まだ、英会話は初心者だという人は、チャットボックスに聞きたい単語を打ち込んで、”How do you pronounce this in British English?”と訊いてみてください。

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.