【知れば知るほど!英語vs米語】同じ英語なのにこんなに違うの??第2弾

white woman surprised

こんにちはmikaです!
前回に引き続き、イギリス英語とアメリカ英語の違いについて書いてみたいと思います。

前回は同じ単語で発音が違う単語をご紹介しましたが、今回は意味は同じなのに単語自体が違ってしまう単語と、「これスペルミスじゃない??」と疑ってしまうスペルが微妙に違う単語をご紹介していきます!

単語が違う同意義語

例えば【トイレ】も英語と米語で異なる表現をする単語として有名ですね〜

イギリス英語  toilet / lavatory / loo
アメリカ英語  rest room / bath room

イギリスで “ bath room ” というと浴室になってしまいますので気をつけましょう。
loo ” はいわゆるスラングで、口語として一般的に使われています。 “ Lavatory ” はちょっと上品な表現。例えばエリザベス女王はこちらを使っているのではないでしょうか^^

 “ W.C. ” は日本でもお馴染みかもしれませんが、こちらはwater closetの略でヨーロッパで一般的に使われているそうです。

 “ Washroom ” は主にカナダで使われているそうですよ。

そしてフィリピンでは CR【comfotable room】と表現します。

トイレ話が長くなってしまいましたが、その他も色々ありますよ〜!

意味 イギリス英語 アメリカ英語
autumn fall
映画 film movie
ガソリン petrol gasoline
学校の食堂 canteen cell phone
サッカー football soccer
地下鉄 underground / tube subway
1階 ground floor first floor
荷物 luggage baggage
フライドポテト chips French fries
薬局 pharmacy drug store

スペルが違う単語

どっちが合ってるの??印刷ミス??と疑いたくなりますが、いずれも正解です。
【ou / o】【se / ze】【re / er】【語尾にsの有る無し】【l(エル)の数】など幾つかの法則があります!

意味 イギリス英語 アメリカ英語
colour color
お気に入り favourite favorite
隣人 neighbour neighbor
分析 analyse analyze
理解する realse realize
組織する organise organize
劇場 theatre theater
リットル litre liter
免許 licence license
前方 forwards forward
以降 afterwards afterward
旅行 travelling traveling
取りやめる cancelling canceling

同じ英語でも話されている国によってこんなに違いがあるなんて面白いですね!疑問に思うことを見つけたらレッスン中にどんどん質問してみましょう!質問することでどんどん知識が広がり、英語の勉強がもっと楽しくなるはずです。^^ 

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.