英語はどこの国で話されているの?

英語を学習している、英語を第一外国語として習得したという人は、世界に多くいます。ですが、それだけではなく、英語が母国語だという人や、国の公用語になっているためネイティブレベルで話せるという人たちも数多くいます。

英語は一体どこの国で話されている言語なのでしょうか。

ネイティブキャンプTOPバナー

ネイティブキャンプアプリストアバナー

英語はたくさんの国で話されている言葉

私たちの母国語である日本語は、基本的に日本でしか話されていない言語です。そのため、日本語を操れる人も世界的に見れば多いとは言えませんし、日本以外の場所で日本語が通じるということもあまりありません。

しかし、英語の場合かなり多くの国の公用語となっていて、「英語圏」と言われる地域も点在しています。そのため、学習者も多く、どこに行っても英語を話す人はいます。

国際的なビジネスをする際には、英語が操れることは必須になりますし、ただ旅行をするだけでも英語が話せるとなにかと便利です。

英語がメインの言語となっている国々

ではまず、私たちが「ネイティブ」と呼ぶような、英語が母国語の国々とはどこなのか、ご紹介していきます。

誰もが知っているのは、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドといったところでしょうか。これらの5カ国は、英語の語学留学の留学先としても大変人気な場所です。

これに加えて、アイルランド、マルタ共和国なんかも、英語が主要に使われる言語となっています。しかし、アイルランドは第一公用語がアイルランド語、マルタ共和国ではマルタ語も公用語とされています。

アイルランド語については、話せないというアイルランド人も少なくなく、実際には英語が優勢でアイルランド語が第一公用語というのは、象徴的なものになっているようです。

アジアに目を向けると、シンガポールは国語がマレー語にはなっていますが、英語が主流の国です。国民のほとんどが英語以外の言葉を話せますが、民族ごとに母国語が異なるため、共通語が英語という形になっており、どこに行っても英語が聞こえてくるでしょう。ただし、シンガポールの英語はかなり訛っています。

スペイン語が強い印象のある中米ですが、ジャマイカを始めとした英語が第一言語になっている国がいくつかあります。バハマくらいなら知っている人もいるでしょうか。その他にも、グレナダやトリニダード・トバゴなどといった国も英語が主流の言語です。

「ネイティブ英語」と言って忘れてはいけないのが、南アフリカ共和国の存在です。南アフリカ共和国は、地理的にも元々英語圏の国とは離れているにも関わらず、英語自体は聞き取りやすいものになっています。

その他にも、英語が主流の言語として使われている国がアフリカにもあります。例えば、ナイジェリアやシエラレオネがそれにあたります。

アフリカは、全土にわたって民族特有の言語が多く、それらの言語が公用語とされている国も多く存在していますが、民族が違うと意思の疎通ははかれないようです。

英語がメインの国はまだまだあります。最後はオセアニアに目を向けてみましょう。

オーストラリアやニュージーランドというメジャーな国の他にも、パラオという英語が主流になっている国があります。パラオは実は日本とも縁がある国ですから、日本人にとっては興味深い観光地です。

その他にも、オセアニアには英語が使われている国があります。

英語が公用語になっている国々

では、「ネイティブ」とは言えないにしろ、英語を公用語の1つとしていて、都市部ならほとんどの人が英語を話すという国はどれだけあるのでしょうか。

その全てを挙げるとキリがないので、代表的なものをいくつか挙げてみましょう。

まず、身近なアジア圏に目を向けると、マレーシアではほとんどの人が英語を話します。マレー語が第一言語とはなっていますが、シンガポールと同様に民族ごとに言語があり、民族が違うと英語で話すことが多いようです。また、マレー語も共通語のように使われることもあります。

マレーシア英語も、独特の響きがあります。しかし、開いた音ですし、文法なども文法がシンプルなマレー語の影響なのか、かなりくだけています。慣れれば英語よりも堅苦しくなく、簡単にコミュニケーションが取れるかもしれません。

インドも都市部では英語が話せる人が多い国です。準公用語にもなっていますが、インド英語は訛りが強すぎてわからないと、ネイティブたちの間でも有名です。インド英語を話す人たちは、インド英語がネイティブという感じなので、話すのも早いというのも関係しているでしょう。じっくり聞いてみると、文法がそれほど乱れているというわけではありません。

スリランカもインドと同じような状況になっています。パキスタンでも英語が公用語です。

オンライン英会話や格安留学で人気のフィリピンはどうかというと、こちらも都市部では多くの人が英語を話す国です。しかし田舎に行くと英語が話せない人も多いですし、母国語はタガログ語になっています。

英語がネイティブというよりは、第一外国語として習得しているという人が多く、人により発音のクセや良さもまちまちです。人によっては、アメリカ人のように話す人もいます。この点は、ほとんどの人が共通の訛りで話すマレーシア英語やインド英語とは違う点でしょう。

フィジーなんかも、格安英語留学で知られていますが、英語が公用語の国です。

フィジーの近くでは、ツバルやキリバス、サモアなども英語が公用語になっています。

アフリカには、英語が公用語になっていて、通用度が高いという国が多くあります。ケニアやカメルーン、スーダンなどがそれにあたります。しかし、主流の言語は別の言語のようです。ケニアに関しては、若者の間では英語が共通語になってきているようです。

アフリカに関しては部族によって使う言葉が異なるため、これがこの国の言語だという風に断言するのは難しいでしょう。

なぜ英語はこんなにも多くの国で使われているのか

英語が広く普及している国は、ここで紹介した国々の他にもまだまだあります。英語はなぜこんなにも多くの地域で話されているのでしょうか。

これには、歴史的な背景が関わっています。

英語が公用語になっているという国々は、過去にイギリスの植民地だったり、英国連邦に加盟していたりという経歴があります。植民地だということは、当然その国の人たちは英語教育を強制されるわけです。

第二次世界大戦を体験した台湾人や韓国人に、まるでネイティブのように日本語を話す人が多いというのと同じことです。

ちなみに今は大国となっているアメリカですが、元々アメリカ大陸はイギリスや他のヨーロッパの国々の植民地支配を受けていた地域でした。

中南米でスペイン語が広く使われていたり、ポルトガル語を話す国が点在しているのも、その植民地支配がある意味流行していた頃の名残なのです。

植民地支配に関する是非はともかく、英語に限らず言語を学ぶときにはこういうことも知っておくと、より興味が深まり、学習意欲が増すかもしれません。

また、それだけ多くの国で話されている言語ということで、たくさんの人とコミュニケーションが取れるのだという意識もできますよね。

まとめ

ここで紹介したように、英語は驚くほど多くの地域で使われている言語です。興味があるなら、各国の英語の訛りなども調べてみると面白いかもしれません。

英語に慣れてくると、相手の英語を聞いて出身国がわかったり、出身地域がわかることもあります。相手の英語を聞いて、出身地を当てられると結構嬉しいものですし、会話のきっかけになって会話がはずみますよ。

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.