【節分を英語で】日本の文化を英語で説明しよう!

赤鬼と青鬼

こんにちは。インターンのAkioです。
日本はちょうど成人式を終えたところでしょうか。
新成人の皆様、おめでとうございます。

ところで、皆様日本の行事をきちんと英語で説明できますか?

2月の日本の行事といえば、節分ですね!節分と聞いて、思い浮かぶワードは、豆まき、恵方巻き、ヒイラギイワシ、、、これらを英語でなんというか分かりますか?

英語で節分は?

日本にしかないものは英語にする時も日本名のままで問題ないのですが、外国人の方にはこの伝統行事の中身を説明しないと始まりませんよね。

節分とは「季節を分ける」ことを意味していて、各季節の始まりの前日のことをいいます。江戸時代以降は『立春』の前日を節分と指すことが多くなったそうです。
つまり英語でいうと

The Last Day of Winter/ The day before the beginning of Spring

さてみなさん、節分の日にはなにをしますか?

節分といえば、豆まきですよね。

英語で豆まきは?

Bean-Throwing・Bean-Scattering 

また節分といえば、恵方巻きですよね。

英語で恵方巻きは?

sushi roll eaten during setsubun

節分の日に、ヒイラギイワシを飾るお家は少なくなった気がします..。
ですが残したい習慣ですよね。

英語でヒイラギイワシは?

sardine heads and holly branches・Hiiragi Iwashi

会員様でフリートークの話題に困っている方がいらっしゃいましたら、参考にして頂ければ幸いです。

節分を、英語で説明してみよう

豆と恵方まきと鬼の面

Setsubun is the event held to pray for our happy and healthy life.

(節分とは、健康や幸福を願うイベントのことです。)

It is held on Feb 3th or 4th.

(2月3日もしくは4日が、節分の日にあたります。)

On that day, we throw away beans with saying "Devils out! Happiness in!"

(その日は、『鬼は外、福は内』と言いながら、豆まきを行います。)

This is called "Mame-maki" (Mame means beans, maki means throwing away.)

(豆まきと呼ばれ、Mameは豆、makiはまき散らすことを意味します。)

And people eat beans as numbers as their age.

(人々は、年の数だけ豆を食べます。)

Also we eat "Ehoumaki" that is thick sushi roll.

(また、恵方巻きというお寿司も食べます。)

It is regarded as good thing to eat Ehoumaki in Setsubun.

(節分に恵方巻きを食べると縁起が良いとされています。)

When we eat it, we must face the year's lucky direction without speaking.

(恵方巻きを食べるとき、その年の方角を向いて(恵方を向いて)、無言で、食べなければいけません。)


Some people decorate their house entrances with sardine heads and holly branches. They want to protect their houses from the oni. 

(自分の家を守るために、ヒイラギとイワシの頭を玄関にかざる人々もいます。)


以上いかがでしたでしょうか!
私の地方では大豆の代わりに落花生を投げる地域でした。地域によって風習は本当に様々ですよね。

ネイティブキャンプの講師陣は日本に興味がある講師がとても多いので、会員様が日本について教えてくださると、レッスンが盛り上がると思います!
是非この機会に異文化コミュケーションの節分教材(初級中級上級)を使ったレッスンで日本文化を紹介してみてはいかがでしょうか。

逆に講師にフィリピンの行事について聞く時は、クリスマスやバレンタインなどの
キリスト教に関係する行事について聞くと、日本とは過ごし方が違うので興味深いですよ!

今後もネイティブキャンプでオンライン英会話をお楽しみ下さいませ。

一度は厄払いに成田山の節分会へ行ってみたい編集部からでした!相撲力士の方々や大河ドラマの俳優さんたちから豆をキャッチしてみたい...

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.