「How's it going?」の使い方!上手に質問・返答するには

f:id:nativecamp_official:20220202130125p:plain

洋画や海外ドラマを観ていると「How’s it going?」というフレーズをよく聞きますよね。誰かに会った時に挨拶として使う定番の表現で、ネイティブスピーカーが日常生活で頻繁に使うフレーズの1つです。

そんな「How’s it going?」という表現、みなさんは使いこなせていますか?

今回の記事では「How's it going?」の使い方と返答の仕方について例文を交えながら、詳しく解説をしていきます。ぜひ最後まで読んで英語学習の参考にしてみてください。

「How's it going?」の意味・使い方と返答の仕方

「How's it going?」は「調子はどう?」と気軽に聞きたい時に使う定番の挨拶フレーズです。

主語の”it"は「生活・人生・身の回りの環境」などを指しており「あなたの生活(人生)はどう?」というニュアンスを含みます。挨拶を目的に使われることがほとんどで、「調子が良いのか悪いのか知りたい」というよりは、気軽に声をかける目的で使われるフレーズです。

そのため、「元気?」や「調子はどう?」と訳すこともできますが、「おはよう」や「こんにちは」を言う感覚で「How’s it going?」を使うネイティブスピーカーも多いです。

「How are you?」との違い

「How are you?(元気ですか?)」も相手に調子を尋ねる定番の挨拶表現ですよね。

「How are you?」と「How’s it going?」は意味は同じですが、印象に少し違いがあります。

「How are you?」はフォーマルで堅い印象があるのに対し、「How’s it going?」はカジュアルでフランクな響きがあります。そのため、家族・友人など近しい間柄では「How’s it going?」が好んで使われます。

カジュアルですが失礼な表現ではないので、ビジネスシーンで同僚に「How’s it going?」と挨拶をしたり、カフェでフレンドリーな店員さんが「How’s it going?」と聞くのも一般的です、

「How's ◯◯ going?」

調子を聞く以外にも「◯◯はどのような感じで進んでいる?」と聞く時に「How's ◯◯ going?」を使って尋ねることがあります。

この時、主語にあたる◯◯には”the project(プロジェクト)”や”losing weight(ダイエット)"など、尋ねたい物・事を入れることができます。

How’s the project going?
例のプロジェクトはどう?
How’s losing weight?
ダイエットは順調?

「How’s it going?」の返答の仕方

ここからは「How's it going?」と聞かれた時の答え方について解説をしていきます。

「How's it going?」と聞かれた時は、気分に合わせて「It is going well.」等と返答することが多いです。

文法的には「How's it going?」の主語は”it”のため、「I’m good」と答えるのではなく「It’s going well」と主語を”it”に合わせて返答するのが正しいとされています。しかし、日常生活ではそこまで厳密ではなく、「I’m good」のように”I”を主語にして答えることも一般的です。

・「調子が良い」と言いたい時

It's going well.
調子いいよ。

文法ルール上では、この場合”well”を使うのが正しいですが、ネイティブスピーカー同士の会話では”good"もよく使われます。

Everything is fine.
全てうまくいっているよ。
Going well.
いい感じだよ
I feel good. / I’m good. / Good.
いい感じ。

日常英会話では”Good.”だけで、シンプルに返答する場合もよくあります。

I’m great. / Great.
めっちゃ調子いいよ。
I can't complain.
全てうまくいっているよ。
Couldn't be better.
絶好調だよ。

・「普通だよ」と言いたい時

I’m OK.
まぁまぁだよ。

「まぁまぁだよ」と言いたい時に、「So-so.」という表現を学校で習った方も多いのではないでしょうか。しかし、英語圏では自分の調子を表す時に「So-so」と言うことはほとんどありません。代わりに「まぁまぁだよ」と言いたい時は「I’m OK」を使います。

All right.
まぁまぁ元気だよ。
Not bad.
悪くないよ。

・「調子が悪い」と言いたい時

初対面の人や、そこまで親しくない相手に「How’s it going?」と聞かれた時に、「全然うまくいかないよ」などネガティブなことを返答するのはあまり好まれません。

たとえうまくいっていなかったり、嫌なことがあっても「I’m OK.(普通だよ。)」と答えるのが一般的です。しかし、家族や友人など本音を話せる親しい間柄では「最悪だよ!」とネガティブな感情を正直に伝えても問題ありません。そんな時には、以下のようなフレーズが使えます。

Not so good.
調子悪いんだよね。
It could be better.
イマイチ。

「It could be better. (良くなり得る)」=「現状あまり良くない」と言いたい時に使えます。

Awful!
最悪!

このように、自分の気分に合わせて「How’s it going?」に返答をしてみましょう。また、答えた後に「Are you?(あなたはどう?)」や「You?(あなたは?)」と聞き返すのが一般的です。

「And you?」という表現も間違いではないですが、少し堅い印象があります。「Good, thanks.(調子いいよ。ありがとう。)」と、「Thanks」をつけて「聞いてくれてありがとう」と返すのも良いでしょう。

「今日」「昨日」「今」を聞く方法は?

「How’s it going」の他にも挨拶として「調子はどう?」と相手に尋ねるフレーズには様々あります。

ここからは「今日の調子はどう?」や「昨日はどうだった?」と聞きたい時に使えるフレーズを紹介していきます。

「今日」

How’s your day? / How’s your day going?
今日はどんな感じ?

「今日の調子はどう?」「今日1日どう?」というニュアンスで使えるフレーズです。

返答は「How’s it going?」と同様「It’s going well」や「Good」、「OK」など自分の1日がどうだったかに合わせて返事をします。

【返答例】

A: Hi, Alex. How’s your day going?
B: Hey. Good, you?
A: やぁアレックス。調子はどう?
B: いいよ。君は?

1日の終わりの夕方や夜には「How was your day?(どんな1日だった?)」と”was”を使って過去形で聞くことができます。

【返答例】

A: How was your day?
B: It was good.
いい1日だったよ。

「昨日」

How was your day yesterday?
昨日はどんな日だった?

相手が昨日どのように過ごしたかを聞きたい場合は「How was your day yesterday?(昨日はどんな日だった?)」と聞くことができます。

この場合、過去のことを聞いているので”was”を使って過去形で質問をします。

【返答例】
A: How was your day yesterday?
B: It was boring. I stayed at home all day.

A: 昨日はどんな日だった?
B: つまらなかったよ。1日中家にいたんだ。

「今」

How are you feeling?
調子はどう?

「今」の調子はどうかを尋ねたい時は「How are you feeling?(調子はどう?)」と聞くことができます。

定番の挨拶である「How are you?(元気ですか?)」も今の体調や調子を尋ねているフレーズです。すでに現在の状態について聞いているため「How are you now?」と表現することはできないので注意しましょう。

【返答例】

A: Hi. How are you feeling?
B: I feel great, thank you for asking.
A: 気分はどう?
B: 最高だよ! 気遣いありがとう。

その他、似たような表現

その他、「How’s it going?」に似ている表現をいくつか紹介します。

どれもネイティブスピーカーが頻繁に使うものなので、ぜひ覚えて使ってみてください。

How are you doing?
元気?

友達同士で気軽に「元気?最近どう?」と聞きたい時に使える表現です。

「How are you doing with ◯◯」で「〜の調子はどう?」と聞くこともでき、「How are you doing with your work? (仕事の調子はどう?)」など、相手の状況や環境について尋ねる時にも使います。

【返答例】

A: How are you doing with your work?
B: I'm doing pretty good.
A: 調子はどう?
B: 結構うまくいっているよ。
How's everything?
調子はどう?

「全ての物事はどんな感じ?」と訳せるこのフレーズも、「How’s it going?」同様に「調子はどう?」と相手に尋ねる定番の挨拶です。

【返答例】

A: How’s everything?
B: It’s OK.
A: 調子どう?
B: まぁまぁかな
How have you been?
久しぶり!

友達や知り合いに久しぶりに会った時に使える挨拶表現です。現在完了形を使い「(最後に会った日から今日まで)どうしてた?」と聞いています。

答える際は、時制を合わせて現在完了形で「I’ve been 〜」と返事をします。

【返答例】

A: How have you been?
B: I’ve been great, you?
A: 久しぶりだね、元気だった?
B: 元気だったよ。あなたは?
What's up?
何してる?

「何してる?」「最近何かあった?」と相手の近況を尋ねるカジュアルなフレーズです。主に若者が使うスラング表現で、フォーマルな場で使うのは失礼になるので注意しましょう。

”How”で始まる質問が相手に「どう?」 と聞いているのに対し、”What”で始まる質問は相手に「何を?」を聞いています。

そのため、「I’m good」のように自分の調子が「どう」なのかを答えるのではなく、「Not much.(特に何もないよ。)」などと返すことが一般的です。

【返答例】
Not much. / Not too much. / Not a lot.

特に何もないよ。

「What's up?」は「よっ!」と言うような掛け声として使われるため、「Hi」や「Hey」と返事をすることも多いです。

What's going on?
何してるの?

「What's going on?」も挨拶として使われるフレーズで、上記で説明した「What's up?」と同義です。

本来の意味通り、落ち込んでいる友達に「What's going on?(どうしたの?)」と聞いたり、人だかりを見かけて「What's going on?(何が起こっているんだ?)」と言いたい時に使うこともできます。

「How's it going?」を使いこなして流暢に会話を始めよう

いかがでしたか?今回の記事では「How's it going?」の使い方・返答の仕方について解説をしました。

「How's it going?」は友達に会った時や、知り合いとすれ違った時など、誰かに気軽に声をかけたい時に使える頻出フレーズです。

今回紹介した返答の仕方と一緒に覚えて、早速英会話で使ってみてください。

「身近に英語を話す機会がない…」という方は、ネイティブキャンプのオンラインレッスンがおすすめです。7日間の無料体験ができるので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

nativecamp.net

nativecamp.net