コロナウイルスでおうち時間、英会話を上達させるには?

おうち時間で英会話上達、おうち時間に英語を取り入れる、ネイティブキャンプ

世界中で猛威をふるう
新型コロナウイルス(COVID-19)。

ネイティブキャンプブログ読者の皆さんも影響を受けていらっしゃることと思います。

私が住むイギリスですが、ロックダウン5週目が終わろうとしています(2020年4月27日現在)。

都市封鎖ということでフロントラインで働く人々以外、そして必需品の買い物とウォーキングやサイクリングなど1日1回、外でするエクササイズが許されている以外は皆、家で過ごしています。

休業を余儀なくされる、子どもの学校や大学が休校になる、レジャーの自粛など、これまでになかった状況の下、「おうち時間」をどう過ごすのかが今、とても大切になっています。

そこで今回の記事では、
「おうち時間」を取り上げます。

家での過ごし方に関連する英語の表現はもちろん、おすすめの英語学習のやり方など色々お届けします。

家にいる時間を豊かに過ごすヒントになれば嬉しいです。

おうち時間を英語で言うと「stay home」

コロナウイルスに感染しないためには、人との接触を避けなければなりません。

そこで、2メートル以上のソーシャルディスタンスを取ることが必要とされていますが外出は極力避け、自宅でどれだけ過ごせるかがキーになっています。

そこで、誕生したのが「おうち時間」です。

世界中がコロナウイルスの脅威に脅かされている今、おうち時間を過ごしている人は世界各国にいます。

では、おうち時間に当たる英語表現は何?海外では何と表現されている?こんな疑問が浮かびます。

おうち時間に当たるフレーズは、 stay home
stay at home
です。

“ステイホーム”なら聞いたことあるよ!という人も多いのではないでしょうか?

海外留学の“ホームステイ”がありますが、言葉としては逆バージョンですね。

2020年のゴールデンウィークを前に、日本政府はガイドラインのなかで“今年のゴールデンウィークはステイホーム”としたり、東京都が“ステイホーム週間”として、都民や企業に対して自宅にとどまるよう促しをしているように、 おうち時間としての「stay home=ステイホーム」 という表現がどんどん使われています。

他にも武田真治さんが筋トレ動画を投稿したり、ジャニーズがおうち時間動画を続々と公開したりと、芸能人が自身のブログやSNSでステイホーム=おうち時間の呼びかけをしていますね。

ハッシュタグでリレーをしていく活動も増えてきています。

短かく、馴染みのある単語でできたこのフレーズ、たいへん覚えやすいですし、感染しない・感染させないために家にいるということを端的に表わしていると思いませんか?

おうち時間が流行るのとともに、stay homeという表現が日本にしっかりと浸透してきています。

コロナウイルス対策時のおうちで「self isolation」

stay homeはおうち時間ということになりますが、どちらかと言うと家にいる時間を充実させるという意味合いが強いですね。

しかし、コロナウイルスの脅威により感染の症状なのではないかと感じて自主的に家で過ごす人も多くいます。

この場合は 「self isolation(自己隔離)」 という表現が適切になります。

isolation(名詞)は、分離・孤立という他、隔離という意味を持ち、selfの自己・自身が加わることで自己隔離になります。

動詞self-isolateで自己隔離する、という使われ方もあります。

self isolationの例文をイギリスのNHS(国営医療サービス)のウェブサイトからピックアップしてみましょう。

- Self isolation if you or someone you live with has coronavirus symptoms.
あなた若しくは一緒に生活をしている誰かにコロナウイルスの症状があれば、自己隔離してください。

- If you have symptoms of coronavirus, self-isolate for 7 days and if you still have a high temperature, keep self-isolating until your temperature returns to normal.
コロナウイルスの症状があるようなら7日間の自己隔離をします。まだ高熱があるようなら、平熱に戻るまで自己隔離を続けてください。

引用元:NHS

self isolationの他、coronavirus(コロナウイルス)、symptoms(症状)、temperature(熱)は、コロナウイルスについて話す場合の必須英単語です。

ぜひ、覚えてくださいね。

ここからはおうち時間に戻って、stay homeの使い方をご紹介しましょう。


ここで少し余談!

コロナウイルスといえば…「ウイルス」。「ウイルス」って英語でどう表現するの?というテーマの記事を載せておきます。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

nativecamp.net


コロナウイルス対策下、stay homeはどう使われる?例文紹介

コロナウイルス対策によって増えた「おうち時間」、stay homeを使った例文をいくつか紹介していきましょう。

<心のケアを考えながら、家で過ごすことの大切さを訴える>

これまでになく家で過ごす時間が増えていることによって、リモートで働く夫の邪魔をしてはいけない、ずっといることでお互いのストレスが溜まってしまうなどの弊害も起こりがちです。

- Taking care of your mind as well as your body is really important while staying at home because of coronavirus.
コロナウイルスのため、おうち時間を過ごす間は、心を体と同じように大事にすることがとても大切です。

- Staying at home may be difficult, but you are helping to protect yourself and others by doing it.
家にいることはもしかして難しいことかもしれません。しかし、このことによって、あなた自身そして周りの人を助けることになるのです。

NHSウェブサイトより

<子どもがいる家庭に対する提案>

お子さんのいる家庭では、教育の面で不安があったり、勉強せずにゲームばかりしている子どもを見てイライラしたりすることもあるでしょう。

しかし、ポジティブな時間の使い方ができるようにすることが大切です。

- Children are staying home to help reduce the spread of the new coronavirus.There are tips for what to do if your child’s school is closed.

1. Stick to a schedule.
2. Keep their brains busy.
3. Dedicate time for play.
4. Make time for conversation.

お子さんが家にいることは、新型コロナウイルス拡散を減らすために役立ちます。子どもの学校が休校の場合に、何ができるかのヒントがあります。

1. スケジュールを守る
2. 子どもたちがいつも頭を使えるようにする
3. 遊びの時間を設ける
4. 会話の時間をつくる

Johns Hopkins Medicineより

おうち時間がたっぷりとある今だからこそ、できることもあります。次では、英語学習の取り入れ方をご紹介しましょう。

「おうち時間」を“おとく時間”に!有効に英語学習しよう

この状況下、皆さんのなかには留学や旅行の予定がキャンセルになったという人がとても多いのではないでしょうか?

留学している最中だったのに、やむなく帰国となった人もいるかもしれません。

私も毎年イースターの時期にイギリスから日本へ一時帰国しますが、今年に関してはコロナウイルスによる影響でキャンセルにしました。

他にも就職や転職活動に大きな影響があったり、海外で挙式をあげる予定だった人が延期しなければならないなど、それぞれの予定や目標を見直すことになりました。

その代わり、おうち時間を増やす努力が必要となっていますが、その間できることってたくさんあるのではないでしょうか。

そこで提案です。

おうち時間を“おとく時間”と考え、通常の生活に戻ったときへの準備期間と割り切るのはいかがでしょうか?

ヨガ、断捨離、部屋の模様替え、徹底的な掃除、写真・書類などの整理、動画配信サービスの利用、パンやお菓子づくりなど、おうち時間の過ごし方にはいろいろなアイデアがあります。

どれも時間の有効利用であり、している最中と終わった後に満足感を持てるので精神的にも大変良い効果があります。

英語学習もそのひとつです。

普段の、通勤・通学、残業、習い事、飲み会がなくなったことでできたおうち時間を英語の学習に一部充てることができます。

おうち時間を英語学習のおとく時間にするには、以下のアイデアがあります。

・もともと持っていた教材をしっかりやり直す、または復習する時間に充てる

・発音、リスニング、語彙力アップ、ニュースなどの英語学習系アプリを使う時間を増やす

・早朝の時間を英語学習に取り入れやすいので、習慣の定着化を図る

・外国人講師のオンラインによるヨガや趣味のレッスンも時差をあまり気にせず取りやすくなるので、積極的に趣味を英語で学ぶようにする

インターネットがある時代のおうち時間は、アプリや趣味のライブレッスンで英語に触れる時間を増やすことができますね。

そして、家にいながらにして英語学習ができると言えば、やはりオンライン英会話です。


またまた少し余談!

オンライン英会話を習慣づける方法に関する記事をのせておきます。気になる方は合わせてチェックしてみてくださいね!

nativecamp.net


「おうち時間」で英語学習するならベストはオンライン英会話

長期間、1人でコツコツと英語学習をするには大変な根気がいります。

また、正しい学習方法でなかったり、的確なアドバイスがもらえなかったりすれば、英語力の上達が見込めずだんだんとやる気が失せていってしまうこともあります。

英会話に関して言えば、できるだけ多くのリスニングとスピーキングをすることが大切なことから、話す相手がいるかいないかでその上達速度が違ってきます。

外出を控え、人との接触を避けるべき現状では、そういった機会が減ってしまいます。

しかしオンライン英会話であれば、コストが安いにもかかわらず講師とのマンツーマンレッスンを受けられ、好きなだけそういった機会をつくることが可能です。

マスクも不要なら、ソーシャルディスタンスの心配も無用ですね!

このように、自宅にいながら講師のレッスンをライブで受講できるオンライン英会話のメリットは、今の状況では特に計りきれません。

子どもも大人もそれぞれの目的に合ったレッスン内容になっており、信頼できる教材が用意されています。

コロナウイルスについては、今後も各国の情報が入ってきたり、将来的にも多くの人と話すことになるでしょう。

コースもそうですが、オンライン英会話でぜひおすすめしたいのがフリートークです。

講師陣とぜひコロナウイルスについて話しをしてみることをおすすめします。

このように柔軟に英語に触れることができるのもオンライン英会話ならではです。

オンライン英会話を始めることにしたら、毎日少しでもレッスンをとる習慣を身につけるようにしましょう。

おうち時間にベストな方法で英語力アップを図り、平常に戻るときの準備にぜひ当ててください。

コロナウイルスでおうち時間まとめ

人から人に感染するコロナウイルスが発生したことで、おうち時間が増えました。

おうち時間の英語表現は「stay home」または「stay at home」ということが分かりました。

治療薬の効果やワクチン開発が期待され、平和な生活はいつか戻ります。

平常の生活に戻ったとき、緊急事態で自分はどんなおうち時間を過ごしていたのかということを絶対に思い出します。

「あのときおうち時間をしっかり使ったから、英語をより話せるようになったんだなぁ」 と言えるようにするのはご自身次第です。

アップした英語力でその後の生活に良い影響があれば、さらに素晴らしいことです。

コロナウイルスにも影響されないのがオンライン英会話です。

このような状況下、オンライン英会話の事業を始める企業が増えているようです。

ネイティブキャンプはオンライン英会話のエキスパートであり、安心してレッスンを受講していただけます。

かつてないコロナウイルスの大流行が収束するまで、おうち時間を有効に使い、できるだけポジティブに過ごしましょう!

(記事執筆は2020年4月27日現在です)

Copyright © オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.