英単語を覚えるにはコツが必要!英単語を覚えやすい方法とは

 

f:id:nativecamp_official:20180321202922j:plain

英単語を覚えるにはコツが必要!英単語を覚えやすい方法とは

英語を勉強している人やオンライン英会話のレッスンを受けている人は、なかなか言いたいことが言えなかったり、知っている英単語が足りなかったりして、フラストレーションを感じることもあるかもしれません。

英単語を覚えるとき、ただ何度も書くだけでは覚えられないと感じている人もいるのではないでしょうか。また、覚えられたとしても正しい使い方がわからない、自然に使えないということもあるでしょう。

そこで今回は、英単語を覚えるための効率のよいコツをいくつかご紹介していきます。コツを掴んでしまえば、どんどん語彙量を増やせますから安心してくださいね。

ネイティブキャンプTOPバナー

ネイティブキャンプアプリストアバナー

英単語の覚え方~初級編~

まずは基本的な単語力がまだまだ足りていない、初級レベルの人がどう英単語を記憶すればいいのかをご説明していきます。

このレベルの人は、まずは身近な単語から覚えていくことをおすすめします。例えば自分の趣味や仕事、将来の計画、英語を勉強している理由など、自分のことについての情報を説明できるほどの単語力をつけるのが目標になります。

そうするためには、そういったテーマについての英文をたくさん作ってみましょう。毎日英語日記をつけてもいいでしょうし、オンライン英会話などでレッスンを受けている人なら、そこで講師に教わりながら自分について説明するのもいいでしょう。レッスンを利用して文章を作るなら、文字としても書き留めておきましょう。

オンライン英会話のレッスンを受けている人なら、さまざまな講師を相手に自分について話すことをおすすめします。いつも同じ講師だと常に自己紹介をするわけにはいかないからです。もちろん、1人仲良しの講師がいれば毎日のことを話すことができるので、1人は定期的にレッスンを受ける講師がいてもいいでしょう。

ここでポイントなのは「英単語を暗記する」というよりも、「英語を使って同じ話を何度もする」ということです。
英単語だけを暗記すると使うことがなければ短期記憶になり、いずれは忘れてしまうかもしれませんし、自然な使い方がわからないときもあります。
しかし文章単位で何度も使っていれば、長期記憶になりやすいですし、使い方もわかるようになるからです。

ですから初級レベルの人は、まずは自分のことや身の回りのことについて説明できるように、たくさん英文を考え、バンバン使ってみましょう。

英単語の覚え方のコツ

実は上記でご説明した「英単語の覚え方~初級編~」は、それ以上のレベルの人にも通用する単語の覚え方です。
覚えなければならない単語の範囲がぐっと増えるだけで、学習方法は同じなのです。
それではここからは、基本的な語彙力はある人が英単語を覚えるときの単語学習方法についてご説明していきます。いくつか方法を挙げるので、
自分に合いそうなものがあればぜひ試してみてください。

1)文章単位で覚えること

英単語を定着させるためには、文章単位で覚えるのがおすすめです。文章単位で覚えれば、使い方も身につきますし、いくつかの単語を一気に覚えることができます。文章単位だと長すぎると思うかもしれませんが、結果的に使える単語数が増えるので、単語単体で暗記するときよりも力がつきやすいのです。

新しい単語を目にするとき、単語だけを目にすることは少ないでしょう。ほとんどの場合、周りに文章がくっついているはずです。その文章まるごとで覚えることをおすすめします。 いくつか例文を辞書などから探してみると、より感覚で理解しやすくなって記憶の定着度がアップします。

2)書くだけではなく発音してみる

文章単位で覚えるとなると、ノートに文章を書いて覚えようとする人もいるかもしれません。学校教育での暗記法として、何度も書かされたために、同じように覚えてしまおうとするのでしょう。しかし、目で見るだけの学習ではなかなか英単語を覚えて使えるようにはなりません。

ですから英単語を使えるレベルで覚えるためには、声に出して発音してみるということも重要です。声に出して読めば、口と耳でも記憶することができるので、より脳に記憶をすりこみやすいのです。実はほとんどの場合、何度も書いてみるより、同じ回数声に出してみる方が覚えやすくなります。
声にだしているときは、目からの情報だけではなく、口の動きや耳というたくさんの器官を使うことになるからでしょう。

3)何度も繰り返すこと

当たり前のことですが、いくら覚えたい単語が入った文章を声に出したり、書いたりしてみても、1度しかそういったことをしなければ、記憶するのは難しいでしょう。

長期記憶にさせるためには、何度も繰り返していくつかの文章を声に出してみましょう。オンライン英会話のレッスンを受けているなら、自然にその単語を使える練習の場があるので、そこで覚えたての単語を使ってみるのもいいでしょう。

ちなみに新しい表現についても、同じ手法で簡単に覚えることができます。

4)英単語アプリを使ってみる

どうしても真面目に勉強するのが嫌いだ、隙間時間を使いたい・・・という人には、英単語を覚えるためのアプリをおすすめします。英単語アプリはとても多くの種類のものが出ているので、自分のレベルに合っていて、口コミで評判が良いものを選ぶといいでしょう。

アプリならスマホを持ち歩けばどこでも勉強できるので、隙間時間を有効に英語学習に使うことができます。

5)ついでに反対語や類語も覚えてしまう

英単語をおベルときには、1つだけ覚えるのではなく一緒にその単語の反対語や、似た言葉である類語も覚えてしまいましょう。反対語や類語だと、同じ例文の中であてはめて使えることが多いので、文章はそのままで単語だけ入れ替えて覚えるということができます。

また、反対語や類語と関連づけて覚えることができるため、より記憶に定着しやすいというメリットもあるのです。反対語や類語はインターネット上の辞書で調べればすぐに出てきますから、簡単に調べることができます。

6)<上級者編>同じテーマの記事をいくつか読む

最後は上級者向けの方法です。
上級者の人だとより高度な英単語が必要になり、日常的に出てくることがないので記憶に定着させづらいという問題があります。

このレベルの人は新聞記事やコラム記事などで、同じテーマについての記事をいくつか集めて読んでみましょう。同じテーマについて書いてあることですから、同じような語句が文章を変えて出てきます。

例えば、最近起こったテロの話などでもいいでしょうし、外国為替市場の話でもいいでしょう。テーマは自分が興味のあるものか、若しくは覚えたい分野のものを選ぶようにしましょう。

こうすることで、そのテーマで重要な語句を自然と覚えることができるのです。もちろん、その単語が出ている部分を声に出して読んだり、その単語を使って例文を作ったりというようなこともやって、より記憶しやすいようにしてみてください。

単語を覚えるコツは自然に長期記憶にすること

英単語をどのくらい覚えられるかというのは、記憶力はあまり関係ありません。
なぜなら長期記憶にしてしまえば、誰もがその単語を自分の言葉として定着させてしまえるからです。
ここでご紹介した単語を覚えるコツのほとんどが、単語を長期記憶化するための方法です。ですから続けていれば、どんどん使える単語が増えていきます。

単語カードを作って、なんどもぺらぺらして覚えるよりも、ずっと効率よく単語を記憶することができますから、
ぜひここでご紹介した方法をいろいろ試してみてください。

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.