英会話学習の最適な頻度とは!現在の学習頻度は最適ですか?

English pace

「英会話って、どのくらいの頻度で勉強すればいいの?」

今度こそ英語が話せるようになりたい! 

気合いを入れて英会話の勉強をはじめてはみたものの、学習ペースがつかめずについつい英会話の勉強を先延ばしにしてしまうことはありませんか?

「帰宅後に1時間の勉強をする!」と決めても、残業を終えて帰ってくるころにはクタクタで、やる気が起きない。

よくあることです。

実は英会話の勉強で大切なことは、長さよりも頻度なんです。

1時間も集中して勉強ができる人はほとんどいないと思います。

それよりは、1日15分でも毎日コツコツ続けること。

「毎日15分」を続けるだけで、確実に英語が話せる自分に近づきますよ。

今回のポイントは、この「毎日15分」という英会話学習の頻度。絶対に英語が話せるまでに必要な、勉強の頻度についてご紹介します。

英会話学習の最適な頻度とは?

英会話学習の最適な頻度、それは「毎日」です。

例えば週に3日、1時間ずつ学習するよりも、毎日15分かならず英語に触れるほうが、英会話はぐんと伸びます。

なぜかというと、毎日やれば定着するからです。

逆に言えば、週に3日だと、覚えた単語やフレーズを定着させる前に忘れてしまい、次の学習では「あれ、なんだったっけ?」とまた最初から学び直しに。

英会話スクールだと平均して週2〜3日の学習頻度が、スクールよりも低額で学習頻度をあげられるオンライン英会話なら、毎日15分という高頻度の学習が実現します。

毎日やらないといけない、と考えるのはプレッシャーかもしれません。しかしたった15分だけで十分な効果が期待できます。

この短時間での学習にオススメなのがオンライン英会話。

英会話スクールへ通うような通学時間なく、帰宅してアプリを開けばすぐに学習スタートできます。

初めは緊張していたネイティブ講師との会話も、やればやるほど単語やフレーズが定着してスラスラ話せるようになるので、慣れれば短時間の学習はあっという間に終わってしまいます。

英語学習は定着と慣れることがなによりも重要。

毎日少しずつ単語やフレーズを覚えて、先生との会話練習で定着させながら会話に慣れていくことで、かならず英語が話せるようになります。

英会話学習を高頻度で学んだら? 具体的な効果

毎日15分のオンライン英会話での学習を続けると、こんな効果があらわれます。

具体的には、インプットとアウトプットを毎日繰り返すことで実践的な英会話をマスターすることができます。

①定番の単語やフレーズが覚えられる(インプット)

まずはオンライン英会話のカリキュラムに従って、自己紹介や趣味といった学びたいテーマの単語やフレーズを覚えるところから始めます。

このインプットを積み重ねることで、会話のための土台づくりができます。

趣味に関する例文を挙げてみましょう。

What’s your hobby ?

(あなたの趣味はなんですか?)

My hobby is playing soccer.

(私の趣味はサッカーをすることです)

How often do you play soccer ?

(どのくらいの頻度でサッカーをしますか?)

I play soccer once a week.

(週に1回サッカーをします)

難しい構文や文法はまだ考えなくて大丈夫です。

まずはこの会話を丸暗記してみてください。

フレーズを丸暗記して、口からスラスラでてくるようになると、単語をいくつか変えるだけでも、ほかのフレーズもすぐにできるようになります。

②覚えた単語やフレーズを使った会話練習で英会話に慣れる(アウトプット)

次に丸暗記したフレーズを、オンライン英会話の会話レッスンで実際に使ってみましょう。

最初はなかなか英語が出てこなくても、毎日少しずつ会話練習を繰り返すことで、だんだん話せるように。

そして英語で会話をすることに慣れるので、リラックスして会話を楽しめるようになります。

会話に余裕ができると、先生の話し方から新しい単語やフレーズを学んだり、丸暗記した文章をアレンジして自分の表現が増えたりといった効果があらわれます。

このように、オンライン英会話のカリキュラムを利用しながら高頻度で毎日繰り返し学習することで、単語をフレーズを定着させながら英会話に慣れることができます。

毎日、何をどうやって学習すればいいの?

英会話の学習を毎日続けること、そして具体的な学習方法についてご説明しました。

ここでは、毎日のおすすめ学習内容について、レベル別にご紹介します。

初級レベル

「全然分からないけど、とにかく話せるようになりたい」 という方は、自分のことや身近な話題についての単語やフレーズを練習することから始めましょう。

具体的なイメージがしやすく、単語やフレーズも簡単なもので十分に会話ができます。

I live in Tokyo.

(東京に住んでいます)

I like listening to music.

(音楽を聴くことが好きです)

I went to watch a movie last Saturday.

(先週の土曜日に映画を観に行きました)

自分の趣味についてや、週末の過ごし方などのトピックを選んで学習を進めるのがおすすめです。

自分のことは話しやすく、実際の会話でも自己紹介の場面は必ずあるので、まずは自分自身について英語で話せるようになることを繰り返し練習しましょう。

中級レベル

中級レベルならシチュエーション別の会話

自分のことや身近な話題はだいたいできるようになったという中級者は、ホテル、空港、レストランなどのシチュエーション別の会話練習にチャレンジしてみてください。

単語やフレーズの難易度が上がり、ビジネス英語の練習にもつながります。

I would like to make a reservation.

(予約を取りたいのですが)

Could you tell me the way to the station ?

(駅までの行き方を教えてもらえますか?)

Please let me know if you have anything.

(なにかあればお知らせください)

日常会話には登場しない単語やフレーズがたくさん出てきますが、これもまずは丸暗記して、シチュエーション別会話練習でどんどん使ってみましょう。

旅先での会話ですぐに使える実用的な表現ばかりです。

上級レベル

上級レベルにはニュースや新聞などの時事トピック

日常会話、シチュエーション別会話をクリアした上級者におすすめなのが時事トピックに関する会話。

政治や経済といった聞き慣れない専門的な単語が多いですが、TOEIC対策やビジネスシーンでの会話に効果的です。

単語は難しいですが、フレーズは初中級の基本形が多いのも特徴です。

How do koalas drink? These scientists say they finally know the answer.

(コアラはどうやって水を飲む? 研究者たちがついにその答えを知ることに)

Time passes faster at the top of Tokyo Skytree than on the ground.

(東京スカイツリーの頂上では地上よりも速く時間が過ぎる)

Germany’s warm winter is too hot to make ice wine, for the first time since 1830

(暖冬によりドイツのアイスワインづくりに影響、1830年以来初めて)

研究や時事問題など、聞き慣れないトピックが多いですが、初中級と同じようにまずは単語やフレーズを覚えることから。

そして会話練習で時事トピックについて先生とディスカッションにチャレンジしてみましょう。

ボキャブラリーがどんどん増えて、知性ある会話が英語でできるようになります。


ここで少し余談!

『オンライン英会話』を始めたいけど、まだ英語力が無くて不安、、という方!下記記事で使えるフレーズをご紹介しています!まずはこれを頭に入れて臨みましょう!

nativecamp.net


頻度を表す副詞表現の紹介

ここでは、すぐに使える頻度を表す副詞表現をご紹介します。

頻度を表す副詞表現はたくさんあるのですが、今回はよく使うものを厳選しました。

中学校の英語の授業で習ったことがある簡単なものも多いです。

How often do you study English after school ?

(どのくらい放課後に英語を勉強しますか?)

100% I always study English after school.

(いつも放課後に勉強をします。)

90% I usually study English after school.

(だいたい放課後に勉強をします。)

70% I often study English after school.

(しばしば放課後に勉強をします。)

50% I sometimes study English after school.

(ときどき放課後に勉強をします。)

ここまでが肯定の表現。

以下の2つは、not がなくても否定の表現になるので注意が必要です。

10% I seldom study English after school.

ほとんど放課後に勉強しません

0% I never study English after school.

ぜんぜん放課後に勉強しません

頻度を表すフレーズの紹介

副詞より細かく頻度を表現できるフレーズもあわせてご紹介します。

週にXX回、月にXX回というように、具体的に言えるので覚えておくととても便利です。

How often do you go to the library ?

(どのぐらい図書館に行きますか?)

I go to the library every day.

(毎日行きます。)

I go to the library once a week.

(週に1回行きます。)

I go to the library twice a week.

(週に2回行きます。)

I go to the library three times a week.

(週に3回行きます。)

I go to the library once a month.

(月に1回行きます。)

I go to the library twice a month.

(月に2回行きます。)

I go to the library three times a month.

(月に3回行きます。)


ここでまた少し余談!

『オンライン英会話』を始めたいけど人見知りで不安、、そんな方!下記記事をご覧ください!その悩みが吹き飛びます♪♪

nativecamp.net


オンラインレッスン 今なら7日間無料で受け放題

オンライ英会話なら、今日から毎日15分の英会話学習が始められます。

ネイティブキャンプではスマホ専用アプリで24時間何度でもレッスンが受け放題。さらに今なら、最初の7日間は無料。

日常会話、シチュエーション別会話、時事トピックなど、豊富なカリキュラムからあなたにぴったりのプランを選んで英会話の学習をスタートすることができます。

毎日コツコツ、単語やフレーズを覚えてネイティブ講師とマンツーマンでの会話練習。

この繰り返しで、かならず英語が話せるようになります。

Copyright © オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.