英語ができると就活に有利? 企業が求める英語力と英語面接の対策とは?

英語ができると就活に有利、就活にはどれくらいの英語力が必要、ネイティブキャンプ

英語が好きで勉強を続けてきた人、留学やワーホリなどを通して、海外経験豊かな人の中には、身につけた英語を活かして就職したいと考える人が多いと思います。

そして、多くの企業が英語力の証明として求めるのがTOEIC。英語を活かした仕事に就くためには、このTOEICスコアが採用基準の1つになります。

しかし、職種によっては、経験やプラスαのスキルも求められますし、海外就職となると、ネイティブに近い英語力を求められることもあるので、必ずしもTOEICで点が取れてれば大丈夫というわけではありません。

では、希望の仕事に就くためには、一体どれだけの英語力を身につけ、どうアピールすればよいのでしょうか?

今回は、英語が就活において有利になるのか、そして企業が求める英語力や英語面接の内容などについて考察していきます。

英語は就活に有利なのか?

就活の際、英語力が有利になるかは希望する職種によります。

英語を使う仕事であれば、もちろん英語力は評価の対象になります。

求められるレベルは、企業にもよりますが、国内の部署ではTOEIC600点、海外とやりとりがある部署ではTOEIC730点が1つの目安だと考えておきましょう。

外資系企業を受けるのであれば、当然、求められる英語力も高くなります。

エントリーの際に、英文の履歴書を用意したり、英語での面接やグループディスカッションをしたりと、選考段階で英語力を問われることを覚悟しておきましょう。

また、国内の企業であっても大手企業を受けるのであれば、英語が必要だと考えたほうがいいでしょう。

現時点で必要とされなくても、異動先の部署で英語を使うかもしれません。

業務で英語力を発揮できればアピールにもなり、評価や昇進につながる可能性も高くなります。


ここで少し余談!

海外でのセカンドライフを目指す方へ。そんな記事を載せておきますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

nativecamp.net


英語を活かした仕事に就くのに求められる英語力

グローバル化が進む企業や訪日外国人の増加に伴い、英語ができる人材の需要も増加傾向に。

英語力があれば、できる仕事の幅もグッと広がります。

ここでは、英語を使う職種、目安となるTOEICスコア、平均年収をレベル別にまとめました。
(※数値は、あくまで目安として参考にしてください。)

1. 日常会話レベル

・通関士
 TOEIC:400点~ 年収:400~600万

・接客スタッフ
 TOEIC:400点~ 年収:300万前後

・タクシー運転手
 TOEIC:500点~ 年収:300万~

・システムエンジニア
 TOEIC:500点~ 年収:300~800万

・入国審査官
 TOEIC:500点~ 年収:300万~

・グランドスタッフ
 TOEIC:550点~ 年収:250~350万

・レセプタント
 TOEIC:600点~ 年収:300~400万

・ツアーコンダクター
 TOEIC:600点~ 年収:300~400万

・大使館職員
 TOEIC:600点~ 年収:300万~

2. ビジネスレベル

・英文事務
 TOEIC:700点~ 年収:300~400万

・海外営業
 TOEIC:700点~ 年収:500万前後

・キャビンアテンダント
 TOEIC:700点~ 年収:400万~

・貿易事務
 TOEIC:700点~ 年収:400~450万

・航空管制官
 TOEIC:700点~ 年収:450万~

・秘書
 TOEIC:750点~ 年収:300万~

・英会話講師
 TOEIC:750点~ 年収:300万~

・留学コーディネーター
 TOEIC:750点~ 年収:300~400万

・バイヤー
 TOEIC:750点~ 年収:600~800万

・特許事務員
 TOEIC:800点~ 年収:300万前後

・メディカルライター
 TOEIC:800点~ 年収:400~800万

3. ネイティブレベル

・通訳ガイド
 TOEIC:900点~ 年収:100~400万

・通訳
 TOEIC:900点~ 年収:300万~

・翻訳
 TOEIC:900点~ 年収:400万~

外資系企業への就職に必要な英語力は?

求められる英語力

英語でメールや電話でのやりとりがある場合は、TOEIC700点以上、会議や海外拠点とのやりとりが発生するポジションでは、TOEIC800点以上が望ましいとされています。

しかし、TOEICの点数は、あくまでも選考基準における目安で、実際のビジネスの場面では高いコミュニケーション能力が求められています。

また、外資系企業といっても、役員クラスに外国人がいるだけで、周りの社員がほとんど日本人であるケースも多々あります。

クライアントが日本人の場合は、英語力よりも業務に必要なスキルが高いほうが評価される傾向にありますし、海外の支社やクライアントと頻繁にやりとりする部署であれば、比較的に高い英語力を求められます。

外資系企業でキャリアアップするためには?

外資系企業の特徴として、入社後の研修や勉強会は英語で行われることがあります。

そのため、英語ができないと、学習内容を理解できず、周囲との差ができてしまいます。

また、上司が外国人の場合、英語がメインのコミュニケーション手段になるかもしれません。

いずれにしても、外資企業に就職希望で、その中でキャリアアップを狙うなら、英語力がないと難しいでしょう。

英語に苦手意識がある方は、独学はもちろん、英会話スクール、オンライン英会話などを利用して、語学力を高めていく努力をする必要があります。


またまた少し余談!

また就職とは別ですが、海外での大学編入のススメについて紹介する記事を載せておきます!気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

nativecamp.net


英語面接で聞かれる質問とは?

やりたいと思う仕事があっても、「英語で面接がある」と聞くと、ハードルが上がって、なかなか一歩が踏み出せない場合もあるでしょう。

英語を使う仕事であれば、英語力は評価の対象になりますが、採用担当者が見ているポイントは他にもたくさんあります。

ここでは、英語面接のコツやよく聞かれる質問、その回答例などをご紹介していきます。

英語面接のコツ

1. 相手の目を見て、落ち着いて話す

日本語での面接と同様、面接は、第一印象がとても大切です。

緊張してしまうのはしかたのないことですが、面接官に「自信を持っている」という印象を与えなくてはいけません。

話をする際は、背筋を伸ばし、相手の目を見て、落ち着いて話しましょう。

また、面接官が外国人の場合、最初に握手を求められることがあります。

握手をする際は、相手の手をしっかりと握るようにしましょう。

2. 答えを用意しておく

どんな質問がされるのか、あらかじめ想定して答えを準備しておくと役に立ちます。

パソコンでもノートでもいいので、もし質問されたらどう答えるのか、書き出して声に出して読んでみましょう。

ただし、丸暗記をするのではなく、要所を押さえておけば十分です。

3. ネイティブと練習する

英語面接をするなら、オンライン英会話は絶好の練習の場です。

講師に面接官の役をお願いして、いろいろ質問してもらいましょう。

一通り終わったら、講師からフィードバックやアドバイスをもらえるので、それを元に本番の対策を練ってください。

4. 質問が理解できなかったら聞き返す

面接官の質問が聞き取れなかった場合は、聞き返すことが大切です。

理解できなかったのに、分かったふりをしてしまうと、回答がちぐはぐになってしまいますし、それが相手に伝われば不快感を与えてしまいます。

聞き返すことで、相手が質問のしかたを変えてくれたり、ゆっくり話したりしてくれることもあるので、ぜひ勇気を出して聞き直してみましょう。

面接でよく聞かれる質問と回答例

実際の英語面接では、どのような質問をされるのでしょうか?

よく聞かれる質問とその回答例をご紹介します。

①あいさつ

まず、面接官に会ったら、自分からあいさつをするようにしましょう。

そして、面接のために時間を割いてくれたことに感謝の気持ちを述べます。

自分:Hello, My name is Naoto Suzuki.
こんにちは。鈴木直人です。

面接官:Thank you for coming, Mr. Suzuki. I am Mike Smith.
鈴木さん、本日はお越しくださってありがとうございます。私はマイク・スミスです。

自分:Nice to meet you Mr. Smith. Thank you for giving me the opportunity to interview for this position.
スミスさん、初めまして。このポジションにおける面接の機会をいただき、ありがとうございます。

②自己紹介をする

自己紹介をする際は、前職または現職の「会社名(業種)」、「職種」、「在籍期間」を伝えましょう。

大きな実績やアピールポイントなどもうまく組み合わせて、できるだけ簡潔に、1~2分程度になるようにまとめてください。

Q:Tell me about yourself.
あなた自身について教えてください。

A: I‘ve been working at ABC company in the Sales department for 5 years. I believe that my experience gives me confidence to manage people from various background.
ABC社で営業部長として5年間働きました。今までの経験から、私はさまざまな経歴の人を扱うのに自信があります。

③志望動機

あらかじめ会社のホームページなどを見て、どんな企業なのか、共感できる部分は何かを理解しておきましょう。

今までの経験や身につけてきたスキルが希望のポジションでどう活かせるのか、会社にどんな貢献ができるのかもアピールできるとベストです。

Q: Why are you interested in working for us?
志望動機を教えてください。

A: I am interested in this position for two reasons. One of these is that you are the largest company in this industry. The other reason is that my skills, such as in planning and team management meet the requirements of this position. I’ve acquired a lot of skills and knowledge about sales in the former job. So, I believe my experience over the past 10 years will enable me to contribute effectively to your company.
このポジションに興味を持ったのは、2つ理由があります。1つは、御社がこの業界の大手企業だからです。もう1つは、私が培ってきた企画力やチームマネジメントのスキルがこのポジションの要項に合っているからです。前職では、営業に関して多くの知識やスキルを蓄えてきました。私の10年にわたる経験は、御社での業務に貢献できると確信しております。

④求人を知った経緯&会社に関する知識

会社や希望するポジションについての知識が問われます。

面接前にしっかりとリサーチし、自分の考えをまとめておきましょう。

Q: How did you hear about the position?
この求人をどう知りましたか?

A: My agency let me know about the position. To tell the truth, I was always looking for it, so, I applied soon.
エージェンシーが紹介してくれました。実際、ずっと探していたポジションでしたので、すぐに応募しました。

Q: What do you know about this company?
弊社について何を知っていますか?

A: Your company is one of the largest research company in the industry and it plays an important role in the growth of the global economy. I am also impressed with your management policy that treats each employee with respect.
御社は業界大手のリサーチ会社で、世界経済において重要な役割を果たしています。また、私は御社の社員1人1人を大切にするという経営方針に感銘を受けました。

⑤長所&短所

長所を伝える場合は、希望のポジションに自分の強みやスキルがどう活かせるのか、アピールするようにしましょう。

短所を伝える場合は、自分が持つ短所をどう克服しようと努めているのをしっかりと伝えてください。

Q: What are your biggest strengths?
あなたの長所は何ですか?

A: I believe my biggest strength lies in readership. If I see something that needs to be done, I don’t wait for instruction, I do it.
私の長所はリーダーシップがあることです。何かすべきことがあれば、指示を待つのではなく、行動を起こします。

Q: What are your biggest weaknesses?
あなたの短所は何ですか?

A: Public speaking is always my weakness. I’ve identified this area for improvement, so I usually volunteer to run meetings to have more confidencet in a crowd.
人前で話すことが苦手です。これは改善すべき部分なので、人前で自信を持って話せるよう、会議の司会を積極的に努めるようにしています。

⑦その他

上記でご紹介した他に、よく質問される内容をご紹介します。

What is your greatest professional achievement?
前職での大きな実績は何ですか?

Where do you see yourself in 5 years?
5年後はどうなっていると思いますか?

Why are you leaving your current job?
なぜ、現職を辞めたいのですか?

What are your hobbies?
趣味は何ですか?

How you do you handle pressure?
プレッシャーにどう対処しますか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

英語を活かした仕事は人気があり、職種によっては高い英語力が求められます。

特に、大手企業や外資系企業を受ける場合は、英語面接を覚悟しておいたほうがよいでしょう。

しかし、実際は、選考プロセスの中で評価の対象になるのは、経歴、人柄、スキルなどもあり、英語力だけではありません。

たとえ、企業が求める英語力に至らなくても、ポテンシャルが評価され、採用に至るケースもあります。

ですが、やはり英語力は武器であり、大きな強みであることは間違いありません。

英語が好きで、英語を活かした仕事につきたいなら、身につけた英語力を大いにアピールしましょう。

就活をする皆様が希望の仕事に就けるよう願っています。

Copyright © オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.