使えるお会計フレーズ!「おごるよ」「割り勘」って英語で何て言う?

Let me buy you

友達とごはんに行った時、 「今日はおごるよ」
「割り勘でいい?」 と言う場合がありますよね。

お会計のときは変にもたついてしまわないようにスマートにやり取りしたいものです。

そこで今回は、 「おごるよ」
「割り勘」 などの使えるお会計フレーズについて、海外ドラマのセリフから具体的な例を挙げながらご紹介したいと思います。

「おごるよ」「割り勘」を英語で!

「おごるよ」の基本的な英語表現

・Let me buy you~.

「あなたに~を買わせて」と伝えることで「おごる」という意思を伝えるフレーズです。

・Allow me to buy you~.

「あなたに~を買うことを許して」という少し控えめな「おごり」フレーズです。

・Can I buy you~?

「あなたに~を買ってもいい?」という形で「おごらせて」という気持ちを伝えます。

“Let””Allow””Can”の3つを基本の表現として覚えておきましょう!

「割り勘」の基本的な英語表現

・split the bill

「請求書」「お勘定」といった意味をもつ”bill””split(割る)”ということで、「割り勘」をストレートに表すことが出来る英語表現です。

・share

勘定をシェアする、ということで「一緒に払う=割り勘」を表すことが出来ます。

・separate check

日本でも「チェックお願いします」などと会計をお願いすることがありますが、checkにはbill同様に「勘定、会計」といった意味があります。

これをseparate(分ける)するということで、「割り勘」を意味するんですね。

以上、「おごるよ」「割り勘」の基本表現でした!

知っているものはいくつあったでしょうか?

様々な「おごる」の英語表現をご紹介♪

それではここで、海外ドラマの中で使われている自然な「おごる」フレーズを見てまいりましょう。

It’s on me.

こちらは、海外ドラマ「Sex and the City」で、女友達4人組がギャンブルの街アトランティックシティを訪れた時の会話です。

各々が自分の好きなゲームをしに行こうとしてしまうのを見たキャリーが、 「それよりまずは食事しましょうよ!おごるから!」 と引き留めるシーンです。

ミランダI'm hitting the slots.
私スロットしてくる!

サマンサI told Richard I'd stop by his baccarat game.
私はリチャードがトランプゲームしてるところに行かなくちゃ。

キャリーNot so fast. We'll take care of all that later. But right now I'm taking my ladies to dinner.That's right. It's on me. Steak? You got it. Lobster? Coming right up. Nothing is too fancy for my Atlantic City ladies.
そう急がないで。それは後でもいいじゃない。今はあなたたちをディナーに連れ出したいわ。そう、私のおごりよ。ステーキ?いいわね。ロブスター?最高!だって私たちは最高に素敵なアトランティックシティー・レディーなんだから!

→「今日はおごりよ!」「ほんと!?やった~!」と気持ちを盛り上げて食事に向かうとお互いに気分がいいですよね。

軽いノリで「おごり!」と伝えられる ” It’s on me.” は覚えやすく便利なフレーズです。

It’s on the house. / give free stuff

続いては、海外ではよくある 「お店からのサービス(おごり)」 にまつわるフレーズを見てまいりましょう!

海外ドラマ「フレンズ」で、カフェでバイトするジョーイが、美人な女性客にサービスするシーンです。

女性客: How much do I owe you for the muffin and the latte?
マフィンとラテでおいくらかしら?

ジョーイ: Oh that’s on the house courtesy of Joey Tribbiani.
ああ、それはジョーイ・トリビアーニより、お店からのサービスにさせていただきます。

女性客: Oh great! Well, tell him thanks. And since uh, Joey seems like such a nice guy, maybe we could go on a date sometime?
まあ、すごいわ!あの、彼にありがとって伝えて。それから・・・そのジョーイって人、いい人そうね。デートできないかしら?

ジョーイ: Well, he’s not used to women being so forward with him; but uh, I good check with him—He says it’s okay.
うーん、彼は積極的な女性には慣れてないから・・・まあでも聞いてみるよ。あ、彼もオッケーだってさ。

女性客Great! Thanks! Bye-bye!
やった!ありがとう!じゃあね!

ロス: Hey Joey, how come our stuff isn’t free?
なあ、俺らにはサービス無いわけ?

ジョーイ: It will be when you look like that in a tight skirt! This is great! I’m getting more dates than ever!
お前らもタイトスカート履いたらタダにするかもな。最高だぜ!デート三昧だよ!!

レイチェル: Wait a minute, you’re only giving free stuff away to the pretty girls?
ちょっと待ってよ。あなた可愛い女の子にだけサービスしてるって言うの?

フィービー: Yeah Joey that is so gross!
ジョーイったら、そんなの最悪よ~

”It’s on the house.(お店のおごり)” は非常によく聞く表現です。

” house”と聞くと「家」を想像してしまいますが、お店のことを指すんですね!

また、 ”give free stuff(タダの商品をあげる)” という表現でサービスを表すこともできます。

I’ll buy you~.

非常にシンプルな表現ですが、 「私が~を買います」 と伝えることでも「おごり」を表すことが出来る場合があります。

今回ご紹介するシーンは、海外ドラマ「Sex and the City」の中で、キャリーがお願い事の交換条件としてサマンサにブラウニーをおごるシーンです。

キャリーDelish. I'll buy you dessert if you do something for me.
おいしそー。ねえ、私のお願い聞いてくれたらデザートおごるわよ。

サマンサI'm not eating desserts this week.
私今週は甘いもの食べないの。

キャリーCome on, best brownies in New York.
いいじゃないの。ニューヨーク1のブラウニーよ。

サマンサBastard. I'll take a brownie. What do you need me to do?
いやな女。(店員に)ブラウニーいただきます。(キャリーに)で、お願いって何?

キャリーIt's about Miranda and the baby.
ミランダと赤ちゃんのこと。

サマンサForget the brownie.
(店員に)やっぱりブラウニーは無しで。

キャリーNo, she'll take the brownie.
(店員に)いいえ、彼女にブラウニーを。

サマンサBabies are not my scene.
赤ちゃん苦手なのに!

→日本語だと 「私があなたに~を買います。」 と言うだけではなかなか「おごり」のニュアンスが伝わらず「買ってあげる」「おごってあげる」といった言葉に変える必要がありますが、英語ではシンプルにこういった表現をしても意図が通じるんですね!


買い物をする場面でも自分が欲しいデザインを店員さんに上手く伝えられると、スマートに買い物ができます♪♪下記記事を参考にしてみて下さい!

nativecamp.net


おごってもらったときの気の利いた一言!

・Great!

「最高!」ということで感謝の気持ちを伝える表現です。ただしこれは、「やったね!」「ラッキー!」といったニュアンスが入ってくるため、使う場面には気を付けるようにしましょう。

・Thank you!

最もシンプルな表現ですね。ありふれた表現だからこそ、しっかりと嬉しそうに心を込めて伝えたいフレーズです。

なお、別れ際に改めてお礼を言うときなど、おごってもらったタイミングから時間が経っている場合は”Thanks for the dinner.”などと伝えるとより丁寧です。

・That was so kind of you!

「何て優しいの!」といった感じのフレーズですね。あまり大げさに言いすぎると慇懃無礼になってしまう可能性もありますので、状況を見て使いましょう。

・Let me get the next round!(次は私に奢らせてよね!)

同僚や友達などの気軽な関係の場合、こんなフレーズも良いですね。

「またあなたと食事したい!」というニュアンスも出て、その日の食事が楽しいものだったことも伝わりますし、おごる方もおごられる方も、気持ちよくいられる素敵な言葉だと思います。

※番外編

おごった側の返し方”Don’t mention it.”

おごった相手があまりにも恐縮しているように感じたら、この言葉を使ってあげましょう。

mentionは「示唆する」という意味ですから、 「もうその話は無しよ=そんなに御礼言ってもらう必要はないのよ」 というのを的確に伝えることが出来ます。

逆に、おごられた側はこのセリフを言わせない適度なお礼の仕方を考えるべきかもしれませんね。

「自分の食べた分だけ払う」という場合は??

それぞれがセットメニューを頼んだ場合など、 「自分の分は自分で払う」 という流れになることがありますよね。

この場合は、 ”just pay for what I(you/we) had” という表現が使われます。

このフレーズが使われる印象的なシーンが海外ドラマ「フレンズ」の中に登場しますので見てみましょう!

給料のいいロス・チャンドラー・モニカと、金欠のレイチェル・ジョーイ・フィービーは、お会計の分け方で対立してしまいます。

ロスOk, everyone owes 28 bucks.
OK,それじゃみんな28ドルずつだ。

レイチェル: Um, everyone?
え、みんな?

ロス: Oh, you're right, I'm sorry.
おっと、そうだね。ごめんごめん。

ジョーイ:Thank you.
ありがと。

ロス: Monica's big night, she shouldn't pay.
今夜はモニカのお祝いだもんな。お前は払わなくていいよ。

モニカ: Oh, thank you!
まあ、ありがとう!

ロス: So five of us is, $33.50 a piece.
だから、5人で割って、1人33.5ドルだ。

フィービー: No, huh uh, no way, I'm sorry, not gonna happen.
だめ。だめだめ。ありえないわ。悪いけどそれはできない。

チャンドラー: Whoa, whoa, prom night flashback.
うわ、その言葉プロムの夜言われたなー。

モニカ: I'm sorry, Monica, I'm really happy you got promoted, but cold cucumber mush for thirty-something bucks? No! Rachel just had that, that, that salad, and, and Joey with his like teeny pizza! It's just...
ごめんね、モニカ。あなたの昇進は本当にうれしく思ってる。でも、きゅうりの汁飲んだだけで30何ドルですって?いや!!レイチェルなんてサラダだけだし、ジョーイなんてチンケなピザだけよ!!こんなのって・・・

ロス: Ok, Pheebs! How 'bout we'll each just pay for what we had. It's no big deal.
わかったよフィービー!それぞれ自分の食べた分だけ払うことにしよう。大した問題じゃないだろ。

フィービー: Not for you.
あなたにとってはね。

→金欠なのを気にして、それぞれ1品ずつしか食べなかった3人は、さすがに割り勘に耐えられなかった・・・というお話ですね。

”just pay for what we had” 以外にも、 ”everyone owes~(全員(いくら)の支払いだ)” や、”apiece(各自)”といった、お会計につかえるフレーズが出てきていますね。

ちなみに、”bucks”というのは米ドルのことです。これも日常会話では非常によく登場します。


カフェでの注文シーンも少し困惑する場面の一つだと思います。後ろに人が並んでいたらなおさら、、下記記事でコーヒーの英語表現をご紹介しています♪♪

nativecamp.net


スマートにお会計シーンを乗り切ろう♪

お会計の場面で使える 「おごるよ」「割り勘」「食べた分だけ払う」 といった英語表現についてご紹介してまいりました。

参考になるものはあったでしょうか?

上の例にもありますが、お会計の場面は英語に不自由が無くても揉めたり認識の違いが出てしまったりするデリケートな場面です。

普段はなかなか英語でコミュニケーションが取れない方も、ネイティブと食事に行く前にこれらの表現だけは押さえていくようにしましょうね!!

Copyright © オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.