「ファビュラス」の意味と使い方、徹底解説~これであなたも叶姉妹に?~

ファビュラスの意味と使い方、ファビュラスに似た表現、ネイティブキャンプ

「ファビュラス叶組」
「桜ファビュラス」……。

少し前から「ファビュラス」という言葉という言葉を耳にする機会が増えてきているような気がしませんか?

きっかけはご存じの通り、あのゴージャスなセレブ姉妹・叶姉妹ですね。

彼女たちは前々から自分たちの写真集のタイトルに『Fabulous Body』や『Fabulous Max』とつけたり、妹の美香さんは自身の姉・恭子さんを「ファビュラスな姉」と称するなど、折々に触れてファビュラスという言葉を使っています。

さらに、この言葉がより一般的に知れ渡ったのは、彼女たちがコミックマーケット(※世界最大の同人誌即売所)に出場してから。

回を重ねるごとに凄みを増すコスプレの完成度や、会場でのマナーが大注目となり、彼女たち自身を彼女たちの口癖「ファビュラス!!」とツイッターなどで絶賛、拡散する人が増え、一般の人たちの目にも触れることが増えた……という訳でございます。

また、もっと最近では、「U.S.A.」でヒットを飛ばしたDA PUMPが新曲でも「桜ファビュラス~」と歌っているように、今の日本では「ファビュラス」の勢いが止まりません。

ではこの言葉、英語圏ではどのような使い方をしているのでしょうか。気になりますよね。

なので、ここではfabulousの成り立ちから、一般的な使い方、また深い意味なども掘り下げて解説していきますので、最後までお付き合い下さい。

もっともっとfabulous!

叶姉妹にしても、DA PUMPの曲にしても、fabulousという言葉は 「すごい、素晴らしい」 という誉め言葉として使われています。

では 英語圏でのfabulousの本来の意味はなんなのでしょう。各辞書を調べたところ、fabulous は主に以下の3つの意味を持つことがわかりました。

【fabulous】

①信じがたいほどの、とても素晴らしい
②途方もない、法外な
③寓話(伝説)上の、神話的な

続いて、Urban Dictionaryでもみてみましょう。

Urban Dictionaryは、スラングに強いネット辞書で、Wikipediaのように閲覧者の投稿によって作られています。

なので、中々格式のある辞書では掲載されていない流行語やスラング的な言葉の日常的な使い方やニュアンスがわかったりするので、英語の本や英語のドラマ、映画などでわからない単語がでてきて、かつ、それが辞書にも載っていなかった時に参照してみるといいでしょう。

ちょっと受け狙いの投稿もあったりするので、みていると楽しいですよ!

さて話を戻して、Urban Dictionaryでfabulousの意味をみてみると、だいたい以下のような意味になります。

beauty, wonder
enthusiasm, adoration
joy, inspiration, love
などを表現する言葉。

使用法としては、 You look so fabulous in your dress, darling.
(そのドレス、とっても似合うね、ダーリン。) というように、綺麗、すごいものを誉める時に使う言葉となっています。だいたい私たちが理解しているのと同じ意味ですね。

ではgreatwonderfulなどの類語とは、何が違うのでしょうか。

その答えのヒントは、fabulousの語源に隠されています。

fabulousの語源

もともと fabulousという言葉は、名詞fableという言葉を形容詞化したものです。

fableとは、
寓話、神話、伝説という意味で、主に動物が擬人化されていたり、動物がメインのキャラクターとして登場する教訓めいたつくり話のことを指します。

(例)
“MOMOTARO” is one of the most famous fables for children in Japan.
(桃太郎は、日本でもっとも有名な子供向けのおとぎ話となっています。)

この「寓話、神話、伝説」という意味を持つ言葉から派生したということもあって、fabulousの根本的な意味は、 伝説の、神話の、つくり話の となります。

(例)
Yokai is the general term for fabulous creatures in Japan.
(妖怪は、日本では架空の生き物の総称です。)

この意味がさらに、拡大して、今では 「伝説のようにすごい、伝説でしかないくらいすごい」
→「(現実的ではないくらい)すごい!!」
となっています。

つまりfabulousは、この「現実的ではないくらい」というところが他の「すごい」を表す言葉とは違うところになります。

以上のことを踏まえた上で、fabulousの使用例を英文とともにみていきましょう!

fabulousの使い方

fabulousはあらゆる「すごい」ことに対して使える単語となっています。ここではよく使われるシチュエーションに分けて紹介しましょう。

ファッション、服に対して

Look! This coat is really fabulous!
(見て! このワンピース、ちょーカワイイんだけど!)

時間に対して

I spent a fabulous time with my family on Christmas day.
(私はクリスマスの日、素晴らしい時間を家族と過ごした。)

パフォーマンスに対して

The last film I watched was a fabulous one.
(最後に私が観た映画は、とても良いものだった。)

食べ物に対して

My wife makes me fabulous meals everyday.
(私の妻は毎日、おいしい料理を作ってくれる。)

人の意見や仕事に対して

Your idea of reorganizing our department is fabulous.
(私たちの部署を再編成するというあなたのアイディアは、素晴らしいです。)

値段に対して

Blue roses are sold at fabulous prices.
(青いバラは、法外な値段で売られている。)

fabulousを使う時の注意点

流行になっていると、ついつい使ってみたくなるのが、人間の心理。

しかしfabulousはちょっと癖があるワードなので、何も知らないで使ってしまうとちょっと恥ずかしい思いをすることもあるかも?

なので、ここでfabulousを使っていく際の、注意点をご紹介しましょう!

①基本的に、女性が好んで使う言葉

英語学習者なら聞いたことがあるであろう、海外ドラマ『セックス・アンド・シティ』

4人のメインキャラの中で、ゴージャス・男遊びが盛んなキャラ・サマンサ。作中の中で、彼女は何か素晴らしいことがあると、いつも”Fabulous!”という言葉を使っています。

また、主人公のキャリーもサマンサほどではないににしろ、多用していることからもわかるように、fabulous は主に、女性が好んで使う言葉になっているようです。

日本語で言う「カワイイ!」とか「キレイ!」とかと、同じニュアンスととらえてもいいでしょう。

②男性が使うのは、ちょっと覚悟が必要

ここでまたまた、海外ドラマ作品の登場です。みなさん『クイア・アイ』は観たことがあるでしょうか?

この作品はネット・フリックスオリジナル作品で現在シーズン4まで公開されている超看板作品となっています。

知らない方のためにちょっと説明するとFab5と呼ばれる男性5人が、ちょっと冴えない人々を見た目的にも精神的にも素敵に大変身させるというもの。

日本でも同じようなものはありますが、ここで特徴的なのはこの男性5人は同性愛者(ゲイ)だということ。

さてお気づきの方もいると思いますが、彼らの通Fab5のFabは何を隠そう、fabulousの略となっています。

「なんでfabulousを使うの? gorgeous5でも amazing5でもいいのでは…?」 と思った方もいるはず。

それはFab5というのは元々、イギリス有名ロックバンド「ビートルズ」を指していたことから踏襲しているのと、fabulousという言葉がゲイコミュニティーの方と深い関係があるからです。

ここでは詳しい話は書きませんが、fabulousという言葉はゲイと性自認している人がよく多用していたり、もしくは少し女性っぽい(feminine)な男性の方をfabulousと形容したりと、LGBT、特にゲイ文化に深いつながりがあるので、意図しない場合をのぞいて男性の方はこの言葉を使うのは、少し注意した方がいいかもしれません。

③ちょっと古臭い言葉…?

米出身のネイティブの講師に聴いてみると、fabulousはもう誰も使わないdated word(死語)だろうです。

せいぜい使うのとしても、8歳から13歳くらいの女の子が使うくらいだとか。

もちろん、これは個人の意見ですし、言葉というものは生ものなので、使う人の環境や生い立ち、出身によってもだいぶ違ってきます。

ですが確かにサマンサが”Fabulous!”と連発していたのも舞台が90年代のNYですし、Fab5と最初に呼ばれていたビートルズが活躍していたのも、60~70年代……。

ということはもしかしたら、fabulousを普段の英会話で使うのは避けた方がいいかも…?なんて(笑)

しかし、非ネイティブのおいしい特典の一つは、たとえドラマで習った古臭い言葉やとんちんかんな言い回しを使ったとしても許されるということです!

たとえば、日本語を習っている海外の方が、 「拙者の趣味はこれこれで」
と言ってきたとしても 「は?お前、何言ってるの?そんな言葉、誰も使ってないぞ(呆)。」 とはなりませんよね?

むしろ 「おもしろ。それ、どこで習ったの?」 と話が広がるので、もしあなたがどうしても fabulousを使いたいのなら、どんどん使ってもいいと思います!もしかしたら新鮮がられて、どんどんと場が盛り上がるかも。

他にもおしゃれなフレーズが載ったブログがあります!こちらも合わせて読んでみてください!


nativecamp.net


他に「すごい」を表す言葉は…

しかし無難に、今通じる言葉を使いたいという人も必ずいるはず。そんな方は、「すごい」と表現したい時は、以下のような言葉を使うといいでしょう。

・amazing

・brilliant

・fantastic

・awesome
※カジュアルな言葉なので、フォーマルな場では×

・cool
※カジュアルな言葉なので、フォーマルな場では×

また「すごい」に関連して「素晴らしい」の英語表現の記事も載せておきます!合わせて読んでみてください!


nativecamp.net


まとめ

ここまでfabulousの語源から、使い方、注意点などを色々見てまいりました。以下がまとめとなります。

①「すごい」+「伝説的な」の意味を併せ持つ

②主に、女性が使う。男性は注意が必要

③死語になりつつある

ということで、ここから私個人の意見ですが、fabulousという言葉は、日本でいうところの「~ですのよ」とか「~だわね」とか、今はフィクションの中で主にみられ、大人のゴージャスなお姉様、もしくは女性的な言葉を使いがちなオネエ様が使う、「おねえ言葉」と言っても過言ではないと思います。

この言葉をあの神がかったボディと容姿と存在感をもつ叶姉妹が日本で使い始めたのも、まったく偶然ではないはず。fabulousとは、まさに彼女たちのためにあるような言葉ですね(笑)

みなさまも、彼女たちのような個性的な存在になれるように、fabulousともども個性的な英単語を使ってみたらいかがでしょうか?

Copyright © 2019 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.