恋愛映画から学ぶ英語フレーズ♡

こんにちは!yuriです!

本日は恋愛映画から学ぶ、英語フレーズをご紹介致します!!

映画を英語字幕で見ると、リスニングの練習になりますので、ぜひ実践してみてください!
また、映画はあまり古いものでなく、最近のものですと最近の言い回しが出てきますよ!
あとは本日ご紹介するような恋愛物でしたら、専門的な用語も少ないので、勉強にももってこいです!
どこでこのフレーズが出てくるのかぜひ探してみてくださいね。

ネイティブキャンプTOPバナー

Sex and the City 2 / セックス・アンド・ザ・シティ 2

sex and the city 2

Two years have passed since Carrie Bradshaw finally bagged John "Mr. Big" Preston, the man she was always meant to be with. Just as her friend Charlotte must deal with her young daughter's "terrible two's", Carrie must deal with her relationship taking a turn for the worse - Big likes to watch old black-and-white movies on TV and eat take-out food, which prevents Carrie from feeling like the free-wheeling party girl she used to be. Meanwhile, Miranda copes with a new boss that can't handle an intelligent, powerful woman, and Samantha works a public relations angle that gets the fashionable foursome an all-expense-paid trip to Abu Dhabi.

(引用:http://www.imdb.com/title/tt1261945/?ref_=ttmd_md_nm

I’m just saying, I think every couple has the right to make their own rules.

(付き合い方のルールはそれぞれの自由よ)

【Point】
直訳すると、「ただ私が言ってるのは、すべてのカップルには自分たち独自のルールを作る権利があるって思うってこと」となります。
この冒頭の “I’m just saying” は、「私は単に・・・と言っているだけ」という表現です。自分の発言の意味を限定したい時に付け加えるといい表現です。

It was not exactly love at first sight. But it turns out, it was love.
You are the first man to accept me for the man I actually am.

(一目ぼれじゃなかった  でも愛が生まれた  
あなたはありのままの私を初めて受け入れてくれた)

【Point】
love at first sight” …「一目ぼれ」

It turns out that …” で「・・・ということが判明した、・・・ということになった」という意味で、ここでは that が省略されているパターンです。
直訳すると、「それは一目ぼれじゃなかった。でも、それは愛だと判明した。あなたは私をありのままの男として受け入れてくれた初めての男。」となります。

Look, it’s just going to be you and me every night, for the rest of our lives.
And I think that we are going to have to work on the sparkle for the rest of our lives.

(ねえだって、2人きりなのよ、毎晩、これからずっと   
だったらキラキラした人生を送る努力をすべきよ)

【Point】
一番初めの “look” は「見る」という意味の動詞ですが、ここでは、相手の注意を喚起する時に使う「ねえ」という意味で使われています。

“for the rest of …” …「残りの・・・の間ずっと」

work on” …「(努力して)~に取り組む」

What happens in Vegas / ベガスの恋に勝つルール

ベガスの恋に勝つルール

Set in Sin City, story revolves around two people who discover they've gotten married following a night of debauchery, with one of them winning a huge jackpot after playing the other's quarter. Unhappy pair try to undermine each other and get their hands on the money -- falling in love along the way.

(引用:http://www.imdb.com/title/tt1033643/?ref_=rvi_tt

I’d rather do nothing and be happy than do something I know I don’t love.

(僕ならイヤなことをするよりも、何もせずにハッピーでいる方がましだね)

【Point】
I’d rather A (I would rather A) than B …「自分ならBよりもむしろAしたい、BよりはAの方がましだ」

We didn’t think you’d ever settle down.

(あなたは一生独身かと思ってたわ)

【Point】
settle down …「落ち着く、気持ちが落ち着く」また、「身を落ち着ける=結婚する」
直訳すると、「私たちはあなたが落ち着くと思っていなかった」

I don’t know what made you change your mind. I don’t need to. Just, thank you.

(なぜ考えが変わったのか知らないけど   知る必要もないけど   ただ、ありがとう)

【Point】
what makes you … は、why you … と同じで、「なぜ・・・する」という意味です。この文では過去形になっていて、「なぜあなたが考えを変えたのか (何があなたの考えを変えさせたのか)」という訳になります。

I don’t need to.” は、その後ろに続く I don’t need to (know what made you change your mind) が省略された形です。

Eat Pray Love / 食べて、祈って、恋をして

食べて祈って恋をして

Liz Gilbert (Roberts) had everything a modern woman is supposed to dream of having - a husband, a house, a successful career - yet like so many others, she found herself lost, confused, and searching for what she really wanted in life. Newly divorced and at a crossroads, Gilbert steps out of her comfort zone, risking everything to change her life, embarking on a journey around the world that becomes a quest for self-discovery. In her travels, she discovers the true pleasure of nourishment by eating in Italy; the power of prayer in India, and, finally and unexpectedly, the inner peace and balance of true love in Bali.

(引用:http://www.imdb.com/title/tt0879870/?ref_=rvi_tt

I don’t know how you guy aren’t sick of me now. I’m sick of me.

(あなたたちよく今まで私のことが嫌にならないわね 私は自分が嫌になるわ)

【Point】
sick of ~” …「~が嫌になる、うんざりする」
「こんな自分が自分でもうんざり!」という時は、この “I’m sick of me.” という表現を使ってみましょう。
すごいうんざり!というときには、sick and tired of~という表現を使います。

I used to have this appetite for food, for my life and it is just gone.

(食欲や生きる意欲を以前は持っていたのに、消えてしまったのよ)

【Point】
appetite” …「食欲、欲求」
appetite for ~” …「~に対する欲求、意欲」
used to ~”…「~したものだ、以前は~だった」

I know you feel the same way. Why can’t you say it back?

(君も同じ気持ちなのはわかってる  どうして僕に言い返してくれないんだ?)

【Point】
「同じ気持ちだ」という表現は、英語では “I feel the same way.” という表現を使います。

いかがでしたか。

英語を勉強していると、知っている表現も多く出てくると思います。
あとは耳が慣れるときっと映画も字幕なしで観れる日も遠くないですね!
一緒に勉強頑張りましょう~!!

それでは!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.