【上級者向け】オンライン英会話の活用法

英字新聞

例え英語上級者というレベルに到達して、それなりに英語を扱えるようになったとしても、使う機会がなければ会話をする力が衰えたり、すぐに言葉が出てこないということが起こるかもしれません。

また、上級者であっても、常にもっともっと上のレベルを目指しているという人もいるでしょう。

そういった英語上級者の人は、非ネイティブ講師の多いオンライン英会話は自分向きではないと思っているのではないでしょうか。

そこで今回は、上級者向けのオンライン英会話活用法についてまとめてみました。

ネイティブキャンプTOPバナー

ネイティブキャンプアプリストアバナー

オンライン英会話は上級者には不向き?

すでに英語がそれなりに流暢に話せている上級者の人は、オンライン英会話は自分には活用できないと思っているかもしれません。講師が非ネイティブだと、自分と同じくらいのレベルなのではないかと不安に思う人もいるでしょう。

「上級者」にあたる人のレベルにもよりますが、非ネイティブ講師と自分のレベルが近かったり、同じくらいだということは、確かにあり得ることです。日本人でも英語講師として働けるような人だと、非ネイティブ講師ということになりますから、それは自然なことです。

では、上級者がオンライン英会話を使うときには、ネイティブ講師ではなければならないかというと、それは違います。非ネイティブ講師のレッスンであっても、十分活用できる場はあるのです。

では、具体的にはどんな活用の仕方があるののでしょうか。

英語上級者である私がネイティブキャンプのレッスンを実際に受けてみて、わかったことなどを絡めながら、ご紹介していきます。

フリートークを活用する

英語上級者の人がオンライン英会話を使うときにおすすめなのは、フリートークです。しかも、ただのフリートークではなく、講師に任せず自分からも話を展開するような形のフリートークがいいでしょう。

英語上級者ということは、相手から訊かれることの意味はわかりますし、返答に困るということは稀でしょう。ですから、講師に任せっきりのフリートークをずっとしていても、英会話力の向上にはならないかもしれません。

このレベルの人に必要なのは、自然な会話力ではないでしょうか。

普段日本語で会話をするときには、相手ばかりが質問をするという会話にはなっていないはずです。もし、そうなっていたらやがて会話は終了してしまいますよね。

英語上級者の人がオンライン英会話でフリートークをするときには、講師と盛り上がるということを目標にするといいでしょう。会話がどんどん続いて盛り上がるようなら、かなり自然な会話ができていると判断できます。

それよりももっとレベルが高い人については、フリートークの内容にも凝ってみましょう。単に毎日の話をするというだけではなく、世界情勢の話や日本の政治の話、歴史の話、哲学や心理学というようなカテゴリの話ができるようになれば、かなり高度な世界で英語を使った仕事に携われるでしょう。

もちろん、自分の得意分野についてマニアックな説明ができるようになるというのもいいですね。

私がネイティブキャンプでレッスンを受けてみた感じだと、ほとんどの講師は自分の国の歴史や情勢についてそれなりの知識があり、そういった会話にも対応できるようでした。

もちろん、講師によってわかる分野とそうではない分野があります。しかし、ほとんどの講師は知らないことでも興味を持って話を聞いてくれるので、自分の得意分野についての説明をすることもできるでしょう。

ちなみにネイティブキャンプの場合だと、レッスン内容に「フリートーク」を選んでいると、「今日は何について話したい?」と訊かれることが多いので、レッスン前になんとなく何について話すか考えておくとスムーズです。しかし、それは必須ではありません。

私はテーマを考えていなかったときに「考えていないんだけど、どうしようかな。今日は何食べた?」という感じで会話をスタートして、最終的には講師の国の民族についての話に発展していました。

5分間ディスカッションの活用の仕方

ネイティブキャンプには、フリートークの他に「5分間ディスカッション」という教材もあります。これは、決められたトピックについて、意見交換・・・いわゆる「ディスカッション」をするというものになります。

きっちりした教材ではないので、フレーズを繰り返したりというようなことはありません。では、フリートークと何が違うかというと、ディスカッションするテーマが決まっているので、本当に真剣に意見を言い合うような形になります。

英語を使って友達をつくるときや、仕事をするとき、このディスカッション力がなければ、会話に入れなかったりすることがあります。

日本ではあまり重要ではないかもしれません。また、国籍によっても差異はあるでしょう。しかし、外国人の友達ができて親しくなると、何かについてしっかり意見が言えるということは必須条件でした。

私の経験では、ドイツ人なんかは議論好きな人が多くて、ついていけないほど白熱することもあります。

日本でどうかと考えてみると、寧ろディスカッションしたがると交わされたり、適当にあしらわれたりすることが多いかもしれません。議論をする、特に両者が逆の意見を持っている場合、日本だと場を収めようと議論をせずに平和的に終わろうと持っていくことが多いのかもしれません。

それが理由なのかはわかりませんが、海外の語学学校、大学、ビジネス、すべての場において、日本人はディスカッション力があまりなく、他の国の人に比べると口数が少なくなってしまいます。

せっかく英語が話せてもそういう事態になってしまうと、とても残念ですよね。

ですから、5分間ディスカッションを活用して、日頃からさまざまなことについて真剣に意見が言えるようになっておくと、良いのではないでしょうか。

特にテーマは難しいものである必要はありません。恋愛や趣味、将来の夢などについてのディスカッションでもいいのです。英語圏を含めた欧米では、そんな日常的なことについてでも意見交換が盛んに行われています。

ネイティブ講師もおすすめ

上級者がオンライン英会話を使う際には、講師が非ネイティブでもまったく問題ありません。

しかし、生きた英語やネイティブが使う特殊な表現などを身につけるためには、定期的にネイティブ講師のレッスンを受けるのもおすすめです。

ネイティブ講師のレッスンを受けるときでも、フリートークや5分間ディスカッションというような、たくさん会話ができるものを選ぶといいでしょう。

例え英語上級者と言っても非ネイティブなわけですから、会話をする中で小さな間違いをおかしてしまうでしょう。また、意味は通じるけど自然な言い回しではない、もっと良い言い回しがあるということもあります。

ネイティブ講師なら、そういった些細な間違いやぎこちなさにもすぐに気づいてくれます。そして、訂正したり、他の表現を教えてくれるので、もっともっと自然な英語に近づくというわけです。

こんな楽しみ方も・・・

最後に、講師の国籍が多国籍であるネイティブキャンプのようなオンライン英会話スクールだからこそできる、オンライン英会話の楽しみ方をお話しします。

講師が多国籍ということは、さまざまな国の文化や食べ物、英語教育状況などを訊くことができるということです。旅好きの人なら、将来の旅行の計画もできるでしょう。

英語が流暢に話せる人なら、そういった情報収集や知識を得るための場としても、オンライン英会話は最適な場所です。

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.