なぜ外国人は英語がうまいのか

留学などをしたり、日本国内でも国際交流イベントなどに参加して、英語圏以外の外国人と知り合った時に、その英語力の高さに驚かされたという経験はあるでしょうか。

特に語学留学などをすると、レベル分けされたクラスで同じクラスにも関わらず、周りの外国人たちの方が英語がうまくて自信をなくしてしまう・・・なんてこともよくあることです。

なぜ外国人は英語がうまいのでしょうか。

ネイティブキャンプTOPバナー

ネイティブキャンプアプリストアバナー

外国人=英語がうまいというイメージが先行している

まずはじめに言っておきたいのは、「外国人=英語がうまい」というのは、事実に基づいたものではなく、イメージが先行しているものだということです。

冒頭で触れたように、他の国出身の人の方が自分よりも英語がうまかったり、スラスラと話しているのを目の当たりにすると、こうしたイメージがもっと強く自分の中で根付いてしまいますよね。

しかし、日本人以外の非英語圏の人たちだって、英語を習得するのは難しいと思っています。後述しますが、ヨーロッパで使われている言語は、英語にとてもよく似た言語が多いにも関わらず、例えばスペイン語圏の人は英語が苦手だということで有名です。

また、発音についても、外国人の方がうまいということはありません。日本語は音が少ない言語なので、日本語訛りだとどうしても英語からはかけ離れてしまうのと、日本人は日本語発音は認識できるので、他の国の人の英語の発音がうまく聞こえてしまうのです。

ですが、実際にはどの国の人であっても、その国特有の訛りで英語を話しています。しかし、自分の英語力が中級以下だったり、ネイティブの英語を聞き慣れていないと、それに気づけないんですね。

「外国人=英語がうまい」と思い込んでしまうのは、こういったところに理由があります。

英語に近い言語の人たち

「外国人」というと、日本人以外のすべての人をさしますが、その外国人の中には、母国語が英語にとても近い人たちがいます。

誰もが知っているメジャーな言語で言うと、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語なんかが、英語にとても近い言語です。

特にスペイン語・フランス語・イタリア語・ポルトガル語で使われている単語は、綴りなどがほぼそのままで英語でも使われているため、それらの言葉が母国語、若しくは習得済みだという人にとっては、英語で初めてその単語を見たとしても、理解ができてしまうのです。

また、その似ている単語というのは、英語では少し難しめの単語が多いので、これらの言語を習得済みの人は、日常会話さえマスターしてしまえば、あとはかなり簡単に高いレベルの英語を習得できてしまいます。

ちなみに、オランダ語はドイツ語と英語の中間のような言語なためか、オランダ人にとっては英語は簡単なようで、オランダ人は英語が上手い人が多いようです。

他のヨーロッパの言語も英語に似ているものが多いですし、文法で言うと、世界的にも日本語の文法よりは英語の文法に似ている言語の方が圧倒的に多く、例えば日本と近い中国で使われている中国語の文法は、英語寄りになっています。

こんな国の存在も・・・

ヨーロッパの言語は英語に近いというのは前述のとおりですが、それに加えてもっと有利な環境にある国もあります。

例えば、北欧では、英語でできた映画をテレビで流すときは、吹き替えではなく字幕で流れます。字幕はその国の言語で、音声は英語だということです。

これを日常的に聞いていれば、英語に慣れてしまい、自然と英語が習得できるのです。家庭にもよるでしょうけれど、北欧の人たちは、その環境に子どもの頃から置かれているので、英語を習得しやすい環境なのです。

ただし、彼らの傾向としては、スラスラ話せるし聞くのも得意ですが、文法は苦手なのか間違いが多いようです。これは、自然な形で英語を習得したということを意味しているかもしれません。

ただ、コミュニケーション上では、細かい文法はそこまで重要ではないので、やはりこれは大きなアドバンテージだと言えるでしょう。

こんな理由で、北欧の人は英語がうまいというのは確かなようです。

日本語は英語とかなり遠い存在

ヨーロッパの言語は英語に近く、英語に触れ合う機会も多いのですが、日本語はどうかというと世界で一番英語から遠い存在だと言っても過言ではないかもしれません。

英語はイギリスで生まれた言語ですが、地図上で見ても、日本はイギリスから遠く離れた場所にあります。位置が近ければ、言語もそれなりに似てくるので、遠ければそれに比例して言語も遠くなりがちです。

日本は、歴史的にも密接な関係にあった中国・韓国と言語に似ている部分がありますよね。韓国語とは文法がほとんど一緒ですし、中国語とは漢字とう共通点があるので、中国語を見た時になんとなく意味がわかることがあったりします。

そういうわけで、日本語は英語とかなりかけ離れた言語なために、日本人にとって英語は習得しづらい言語なのです。韓国語を勉強したことがあるという人は、韓国語の方が簡単だと感じる人が多いでしょう。

この事実を知ったからと言って、英語がうまくなるわけではありませんし、逆に外国人の方が英語がうまいという事実を結論づけているようになってしまうかもしれません。

しかし、言語がかけ離れているという点において、有利な部分もあります。

それは、発音以外の点では自国の言語に引っ張られることがないということです。英語と似た言語が母国語の人は、自国の言葉に引っ張られがちなので、アルファベットの発音を自分の母国語のままにして発音してしまったり、似た単語で違う使い方をする単語を、母国語の感覚のまま使ってしまったりということがあります。

文法についても、英文法はヨーロッパの言語の中では簡単な部類に入るのですが、母国語が英語と似ていると母国語の文法ルールに引っ張られてしまったりするんですね。

そういうわけで、ほとんどまっさらな状態から英語を勉強できる私たち日本人は、そういった間違いを犯すことがないので、文法やスペリングが得意な傾向にあります。

日本人の性格も邪魔している

いくら文法やスペリングが得意だったとしても、話せなければ意味がないと思うでしょう。

また、まだ英語の勉強をし始めたばかりの人は、文法だって苦手だと思うかもしれません。文法は慣れれば勝手に身につきます。しかし、「話せない」という点は、日本人の性格も邪魔しているでしょう。

アジア圏の人は全体的にシャイで、東アジア圏に関しては完璧主義な傾向にあります。間違えることを恐れるので、そこそこ完璧に話せるようになるまで、英語を口にすることができない、自信を持って話せないという人が多いのです。

しかし、その他の国の人は違います。とりあえず、間違えていても自己主張がしたいので、バンバン話そうとします。その結果、ずっと英語を口にしているので、英語が話せるように見えますし、会話がうまくなっていくのです。

最初はまったく完璧には程遠く、たまに母国語を混ぜて話してしまったりもするのですが、いつのまにか英語がうまくなっています。

これは、言語が近いからというよりは、性格の問題のようで、日本人でも恐れずバンバン話すと言う人は、あっという間に英語がうまくなります。

自分がシャイだったり、完璧に話せないと英語を口にできないという自覚がある人は、性格を直すことは難しいでしょうから、まずは英語講師を相手にバンバン不完全な英語を口にしてみましょう。

英語講師相手なら訂正してもらえますし、そのうちに自然な英語が身につきます。

その頃には、「外国人=英語がうまい」なんていう誤解は消えているでしょう。

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.