ディズニー映画で英語を学ぶ おすすめ作品

Disney

英語を学習するためにはさまざまな方法があります。例えばラジオ、参考書、スマートフォンのアプリ、英会話教室など・・・。

みなさんはどんな方法で英語を学習していますか?

どんな方法で勉強したとしても、まず重要なことは「継続すること」です。しかし、この継続がなかなか難しい方もいるのではないでしょうか。

継続するためには「楽しい」「好き」という気持ちがあった方が良いと思います。ストレスがあったり義務感だけでは続かないですよね。

この記事では、楽しく英語を学べる「ディズニー映画」についてや、おすすめの作品を紹介していきます。

ディズニー映画で学ぶメリット

まずはディズニー映画で英会話を学ぶメリットについて考えていきましょう。

ご存知の方もいるかもしれませんが、

ディズニーの公式より英語学習用のDVDセットが販売されています。

無料サンプルからスタートして納得してから購入することができ、英語教育に熱心な親御さんたちの間でも話題になっているほどです。

特に子供や幼児たちはディズニーの人気キャラクターが大好きなので、ミッキーと一緒に英語が学習できたら楽しく英語を身に付けられそうですね。

このようにディズニー映画を教材として英会話を学ぶことは、選択肢の一つとしてすでに広まっています。

誰にとっても楽しく学べる、何といっても「楽しい」ことです。

気軽な気持ちで学習をスタートして、聞き取れる喜びや伝わる喜びを体験することは継続につながります。

お気に入りのディズニー映画を一つだけイメージしてみてください。

字幕なしで会話が聞き取れたことを想像するとワクワクしませんか?ストーリーが英語でそのままで頭に入ってくると英語がどんどん楽しくなります。

そして、キャラクターたちのセリフだけでなく、数々の名曲も交えて英会話が展開されていくので耳に残って覚えやすいです。

さらに、ディズニー映画は「国籍・年齢・性別」を問わず広がっており、誰にとっても楽しめるものです。教材としても優れていいますが、共通の話題にもなります。

日本で話題になっているディズニー映画は外国人にとっても同じく話題になっているのです。表現を覚えて、外国人との会話のきっかけにすることもできます。

簡単な英語が使われている

テーマの難しい歴史映画やサスペンス映画は、使われる英語も専門的で難しいことが多いので教材としては適さない可能性があります。

ディズニー映画で使われている英語は専門的な表現は使われておらず、文法も初級レベルです。

子供や幼児が英会話を学ぶのにディズニー映画が推奨される理由はここにあります。

スラングがなく正しい英語が使われている

アクション映画やコメディ映画の場合はスラング(日常使う砕けた俗語)や汚い英語表現が使われることがあります。

まずは、基本的な正しい英語表現を身につけるのであれば、ディズニー映画は教材としては最適だと思います。

ディズニー映画にはプリンセスやプリンスといった王宮の人々がキャラクターとして登場しますよね。そのキャラクターたちの英会話にはスラングや汚い英語表現は出てきません。

親御さんにとっても安心して使える教材だと思います。

教材が豊富にあるので継続できる

そして、ディズニー映画はクラシックなものから最近の実写版のものまでさまざまな作品があります。

これだけ英会話学習におすすめできる映画作品が豊富にあるので、好きな作品からチョイスして勉強できます。

そして、作品は毎年のようにリリースされるので尽きることなく、楽しみながら継続できるのです。

ディズニー映画で学ぶデメリット

では、ディズニー 映画で学ぶデメリットはあるのでしょうか。

ディズニー映画という教材が、その人の英語を学ぶ目的にマッチしない場合があるのです。

以下のような注意点があるので気をつけるとよいでしょう。

TOEICやビジネス英語の学習には向かない

ディズニー映画ではネイティブが使うような日常会話がほとんどです。

したがって、TOEICの試験対策することは難しいです。TOEIC対策には専用の教材があるのでそれを使うようにしましょう。

さらに、ビジネスシーンで使うようなプレゼンテーション・ディスカッション・ネゴシエーションといったスキルを身に付けることは難しいと考えられます。

あくまで日常会話を身に身に付けるためと理解すると良いと思います。

アウトプットする機会はない

メリットで述べたように、ディズニー映画は初級レベルの日常会話で構成されています。それを繰り返し見たとしても、英語を話せるようになるのは難しいと思います。

フレーズや歌を英語で覚えるだけで終わってしまう可能性がありますので、映画で学習した後は、必ずアウトプットをする必要があります。

ディズニー映画は楽しいのでつい見ただけで満足してしまう・・・ということがあり得ますね。


「ディズニー」を含め、英語学習に役立つ、本・絵本はたくさんあります♪♪下記の記事では特にお子様向けの英語学習に最適な絵本をご紹介しています!ぜひ参考にしてみて下さい♪♪

nativecamp.net


おすすめの作品

ディズニー映画の作品は豊富にあり、どれもおすすめできる教材です。これらの中から英会話の難易度、発音の聞き取りやすさ、日常会話の多さという観点から選んでみましたので紹介します。

おすすめの学習の仕方としては以下のとおりです。

・初めて見る作品では日本語字幕でみる

・その後は英語字幕を見る

・最終的には英語字幕なしで見て聞き取れるようになる

・必ずアウトプットをする(最も重要)

また、ディズニー映画の魅力の一つとして、セリフが曲になっている名場面がたくさんありますよね。

その曲の単語も一つ一つ丁寧に訳して学習するとよいので参考にしてみてください。

歌詞はインターネットで検索すれば見ることができます。

初級編

まずは初級編です。まずは英語に慣れようと思っている方は以下の作品を参考にしてみてください。

ライオンキング

有名な作品の一つでファンも多いですね。

2019年夏にCG版が上映されましたが、セリフは過去のアニメ版とほとんど変わりませんでした。英語字幕が見られるのであればどちらのDVDを購入しても良いと思います。

聞き取りやすく簡単な英語が多いので初級として最適です。

♫ “I Just Can't Wait to Be King

(王になるのが待ちきれない)” 

♫”Be Prepare

(準備せよ)”

♫"Can you feel the love tonight

(愛を感じて)"

塔の上のラプンツェル

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品第50作目の記念すべき作品です。

こちらも聞き取りやすく簡単な英語が多いです。

ラプンツェルと恋人ユージーンの会話がほとんどなので日常会話としてもそのままイメージしやすいと思います。

♫”I See the Light

(輝く未来)”

中級編

続いては中級編です。英語に少し慣れてきたり、楽しく感じてきた方へは以下の作品をおすすめします。

美女と野獣

こちらはディズニー映画の最も代表的な作品で誰もが知っていますね。エマ・ワトソンの実写版でも話題になりました。

使われている英語は簡単ですが、家財道具に変わってしまったキャラクターたちは少し早口で聞き取りづらいこともあります。チャレンジしてみるとよいと思います。

♫”Beauty and the Beast

(美女と野獣)”

アラジン

1992年の作品ですが2019年に実写版が上映されました。ランプの魔神ジーニーはウィル・スミスが演じています。

この作品の場合はやはり、名曲「A Whole New World」の魔法のカーペットに乗る時の名シーンでしょう。

単語を一つ一つひろって吹き替え版と比較してみても微妙な違いが分かって面白いと思います。

♫”Prince Ali

(アリ王子のお通り)”

♫”A Whole New World

(ホール・ニュー・ワールド)”

アナと雪の女王

2014年の大ヒット作品で、2019年にも続編が上映され話題になっています。

新しい作品であるため現代風のカジュアルな英会話で構成されているので、日常会話にも使えるフレーズが多いのでおすすめできます。

♫”Let It Go

(レット・イット・ゴー)”

上級編

最後は上級編です。少し難易度の高い表現やあまり使わない表現に触れてみたい方にはおすすめです。

マレフィセント

ディズニークラシック映画「眠れる森の美女」の悪役であるマレフィセントが主人公となったもう一つの物語。2014年に上映されて、2019年の続編も話題になりました。主演はアンジェリーナ・ジョリーです。

ネイティブキャンプの講師とこの作品について会話をしたことがあるのですが、どうやらマレフィセントはイギリス英語で構成されているようです。

イギリス英語に触れてみたい方はトライしてみると良いと思います。

一方で、「呪い」「王国」といったような、おとぎ話に出てくるフレーズが多いので日常会話はやや少なめです。

ナレーションは少し早いので聞き取るのには上級スキルが必要だと思いますが、初級レベルのディズニー映画に飽きてきた方にはおすすめです。


ここまで英語学習方法についてご紹介してきましたが、まず第一に、英語を学習する必要性はあるのでしょうか?ここがはっきりすれば今後自分が英語を学習するべきなのかがハッキリしてきます♪♪下記の記事をぜひご覧ください!

nativecamp.net


まとめ

いかがでしたでしょうか。

ディズニー映画という素晴らしい英会話教材は豊富にあります。

「国籍・年齢・性別」を問わず楽しみながら学習することができますし、世界的に人気があるので話題のキッカケにもなるのです。

ディズニー映画で英語を学習するのに向いている方は以下のとおりです。

・英会話に慣れるきっかけとして簡単な教材を探している

・英会話継続できる教材を探している

・ディズニー好きなので趣味と英会話学習を兼ねたい

デメリットの所でも述べたように、ディズニー映画を見るだけではアウトプットが足りなくなります。

おすすめアウトプット方法は、まずは外国人に「あのディズニー映画みた?」と話しかけてみることです。オンライン英会話レッスンをやってる方も積極的にフリートークを活用すると良いと思います。

ディズニー映画で楽しんで学習してどんどんアウトプットしていきましょう。

Copyright © オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.