繰り返し使いたくなる単語帳の作り方とは?

単語帳、英単語、フラッシュカード、ネイティブキャンプ

英語を勉強しようと思う時、単語は覚えるに限る!そう思う方も多いと思います。

まず取り掛かるのは、単語帳ではないでしょうか?

単語を覚える事で、英語を学ぶ第一歩と捉える方も多いかと思いますが…侮るなかれ。

ただ単に、英単語を連ねた単語帳を作ればよいと思っていませんか?

英語の勉強法は、多種多様なので自分にあった勉強法を見出すことが大事になってきます。

ただ作って満足して終わっていませんか?

TOEICや英検のテストを受けるから作ったけど、そのまんまになっている単語帳はありませんか?

それで終わっているのであれば、あなたの単語は短期記憶だけで終わっているでしょう。

この記事では、おすすめの作り方や勉強法をご紹介していきます!
是非、自分なりの勉強法・効率よく記憶できる単語帳を作ってみてくださいね。

単語帳使い方を明確にしよう。

一言に単語帳と言っても、様々な単語帳が存在します。

大きく分けて2タイプに分かれるのではないでしょうか?

・アプリで管理
・紙で管理

今は、スマホが普及しているので様々な英語関連のアプリがリリースされています。

自分がどちらのタイプの方が続けられ、更には活用していけるのか見分ける必要がありそうです。

もちろん、両方使いなんてことも出来ればもっと活用する機会が広がりそうですね!

単語帳の使い道を明確にしよう。

まず、単語帳を作る前に『どうして単語帳が必要なのか?』を考えてみませんか?

「単語を覚えるためじゃないの?その理由だけはダメなの?」
と思う方が大半だと思います。

では何故、理由を明確にしなければいけないのか。

答えは簡単です。

ただ単に、「単語を覚えるだけ」では継続性のある勉強法には繋がらないからです。

要するに『【何のために】単語を覚えるのか』という事が重要なポイントとなるのです。

【何のために】という所は、何でも構いません。
例えば・・・
・ テスト勉強の為
・ 語学学習として、会話のボキャブラリー(語彙力)を増やす
・ 短期記憶で終わらせず、長期記憶にするために工夫をしたい
・ 表現を豊かにするために覚えたい
・ 英文読解の為に覚えたい
・ 今の自分のレベルを知りたい
・ 英会話の際に使いたい

こういった例が、【何のために】という理由になるのですが挙げた例を見てみると「なるほどなぁ…」と思ってしまう所あったりしませんか?

理由を明確にすることで、単語帳の作り方や英語勉強法が格段に効率よくなり「どういう単語帳にするか?」と案を練って作ることに繋がります。

しっかり案を練って作る方が、愛着も沸き次々と更新しつつ継続できる理由にもなるのではないでしょうか?

自分のニーズに合った管理法は?

先ほど、単語帳を【何のために作るか】と理由を明確にしました。

その理由からあなたの使う単語帳の、あるべき姿が見えてきたのではないでしょうか?

紙で作る方法が、自分の記憶の中に長期記憶として入る!
と思うのであれば、ノートやカードを使った単語帳がいいのかもしれません。

ノートタイプで作れば、いつでも見直せますしカードタイプはフラッシュバック法と呼ばれる勉強法が出来ます。

アプリの場合は、アプリストアから「英語」「単語帳」もしくは「単語」で検索を掛ければ、それはそれは多くのアプリが検索に引っかかってきます。

その中から選ぶのは大変?

いえいえ、そうでもないですよ。

次の章で詳しく紐解いていきましょう!

紙で作る?アプリを活用?

では、実際に作る・管理するのってどっちがいいの?
と悩むこともあるのではないでしょうか。

・紙で作る場合
・アプリを活用する場合
・両方を活用する場合

この3つに分けて紹介していきます。

ノートタイプで単語帳を作る!

ノートタイプで作る単語帳とは?

おすすめ:ルーズリーフノート
サイズ:B5サイズ

ルーズリーフノートに、B5サイズのファイルを利用したお手製の単語帳です。

リングファイルを有効に使う事で、タグで仕切り種類ごとに作成することが可能になりますね。

例)

ピンクタグ・・・動詞
ブルータグ・・・名詞
オレンジタグ・・・代名詞

例のように、単語の品詞ごとに仕分けることもできるので、改めて単語を調べる際に上から順に探す手間が省けます。

ルーズリーフノート+リングファイルを利用する事で自分なりにカスタマイズが出来るという訳です。

普通のノートと違い、タグの単語ページごと入れ替えることが出来るので優先度も変えることが出来ます。

カードタイプで単語帳を作る!

カードタイプの単語帳とは?

よくカードタイプの単語帳というと、受験やテストの際に良く見る細長いタイプでしょうか。

最近では、単語が書かれたカードが売られたりしています。

子どもの英語勉強にも使われるようなカードを想像していただければいいのですが、実はあれ、大人も使える優秀な勉強グッズなのです!

子ども用の英単語カードは簡単な英語が記載されていますが、あれは絵と単語を同時に覚えるので記憶に残るのです。

覚える時は、覚えたい単語 + α を加えると長期記憶になるから不思議ですね。

そのような要領で、大人用のカードを手作りするのも良いかもしれません!

カードの良いところは、裏表の両面を利用して覚えることが出来るのでとてもお手軽に出来る所です。

アプリを活用してみよう!

スマホやパッドタイプを仕事で使っているあなたであれば、アプリ活用が便利でしょう。

通勤時間・休憩時間・ランチタイム・空き時間など、様々なタイミングでアプリを起動させて復習・予習が出来てしまうのがアプリの便利な所でしょう。

アプリストアで「英語」「単語」と検索すると、アプリの数は50種類以上!

これだけあれば、どれを使えばいいのか迷いますよね。

ここでは、アプリを選ぶポイントをご紹介しておきますので参考にしてみてください。

① 細かくジャンル分けされているアプリ

② 音声があるアプリ

③ クイズ形式である

④ クラウド式で、よく検索される単語を表示されるような

こういったポイントも踏まえてもらい、アプリを選んでみてください。

ポイントを挙げましたが、自分が気に入ったアプリを使うことが大切という事を忘れないでください。

とはいえ、自分が気に入ったアプリを使うことが、勉強する意欲を維持する事に繋がるので、まずは気に入ったアプリを見つけてみましょう!


単語は覚えるだけでは使えない!英語のアクセントをミスなく発音するには?

気になる方はこちらから!

nativecamp.net


両方活用してみよう!

ここまで、紙とアプリの特徴をご紹介してきましたが、2つを同時に併用することも可能です!

実はその方がとても効率よい勉強法だと言えるかもしれません。

移動中は、狭い電車の中であればアプリを活用しリスニングを鍛える。

広々とした空間では、ノートやカードを広げて書き留めながら覚える。

このやり方が一番、勉強法として効率よく記憶に繋がっていくのではないでしょうか。

最近だと、学生さんやビジネスマンの方々が、電車やカフェでアプリとノートを駆使している光景をよく見かけます。

二つの方法を駆使すれば、英語の勉強のコツを掴めますしいい学習効果を得られると思います!

作ったら長く活用しよう!

せっかく作った単語帳、置いてしまって使ってないなんて事はないですか?

・テストが終わってしまった
・作って満足してしまった

上記のように「使う機会が無くなってしまった」なんて理由で、使わなくなってしまうことが多いようです。

使い続けるコツやアドバイスとしては、定期的に使う機会を作りましょう!

・英会話スクールに通う

・オンライン英会話スクールに入会する

・異文化交流を行う

・映画を英語で見る
(字幕を英語に)

多言語を聞くことで、耳を慣らしておけば自然と英語は耳に入ってきます。

積極的に、英語を自分の身近に持ってくる努力をしてみましょう。

単語帳を紙で作った場合は、せっかくの努力ですから無駄にせず、そのまま継続させてみましょう。

きっとその努力はあなたの身になり力となりますので、まずは毎日単語帳を開いて気になる単語を書き込むという事を繰り返してみましょう!

英語には2種類あるの?

英語には、国ごとに特徴がある英語を話されている事をご存知でしょうか?

有名なところでいえば、【アメリカ英語】【イギリス英語】でしょうか。

アメリカ英語とイギリス英語では、微妙な違いがちらほらあるのでご紹介します。

・発音の違い

イギリス英語とアメリカ英語の発音の違いの特徴として「r」と「t」の発音です。

アメリカ英語では「r」を舌を巻きながら発音しますが、イギリス英語では舌を巻かずに発音することが多いです。

「t」の発音は、アメリカ英語の場合だと消え入るような発音になるのですが、イギリス英語ではハッキリ発音することが多いのです。

イギリス英語の方が、日本人が良く話すカタカナの発音に似ているので聞きやすく、話しやすい発音かもしれません。

・スペルの違い

color(米)・colour(英)

center(米)・centre(英)

organizeation(米)・organisation(英)

特徴のある単語を並べてみましたが、似ているようで微妙な違いがあるのが分かります。

どちらを勉強すればいいのか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちが学校で習う英語はアメリカ英語ですので、聞き慣れているのはアメリカ英語でしょう。

しかし、どちらが正しいなどはありませんので、英語を勉強するという意味ではどちらにも興味を持ってどちらも勉強してみてはいかがでしょうか?


アメリカ英語とイギリス英語の違いはこちらのブログでチェック!

nativecamp.net


まとめ

いかがでしたでしょうか?

ノートやカードを手作りした場合は、その努力はきっと英語力となり身に付きます。

アプリで勉強した場合でも、正しい発音を記憶できるので日本に居ながらも身近に英語を感じれる勉強法です。

単語帳を使うことで、英語の語彙力をアップしていきましょう!

アップした語彙力で、海外の方との会話をぜひとも楽しんでいただきたいと思います。

Copyright © 2019 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.