「百人一首」を英語で詠んでみよう!

百人一首を英語で説明しよう、百人一首をは海外で有名?、ネイティブキャンプ

いきなりですが、みなさん、百人一首の中で一つでも諳んじられる歌はありますか。

私はありません(笑)

あんなに学生の頃に覚えた(覚えされられた)百人一首ですが、今となってはすっかり記憶の彼方。

でも、どうして百人一首ってあんなに覚えにくいんでしょうね。

「古語で書かれているから?」
「意味がよくわからないから?」

そもそも感情の機微や、自然の美しさにまだまだ無頓着だったからでしょうか。

しかしなんと今、百人一首を諳んじられる外国の方が増えてきているそうです。

今回は、そんな百人一首についてご紹介していきます!

はじめに

冒頭でも話しましたが、百人一首をあまり知らない日本人が増える一方、百人一首が大好きで暗記しているという外国人が増えてきました。

理由はみなさんご存じの通り、大人気漫画『ちはやふる』の影響ですね。

なじみのない方のために補足しておくと、『ちはやふる』は講談社で連載中の漫画で、女子高生がかるた部の仲間とともに、競技かるた大会でクイーンの座を目指すお話です。

最近ではアニメや実写映画にもなっているので、名前くらいは聞いたことがあるという人は多いのでしょう。

実際、この漫画のおかげで、かるたに挑戦しようとする「かるた人口」が増え、中には漫画やアニメを見た外国の人が“クール!”だと言って、かるた、とりわけ百人一首に興味を持ち始める例が増えてきているそう。

となると、私たち日本人も負けてはいられません。

「せめて2、3首くらい軽く諳んじられないと日本人の沽券にかかわる。」

「ましてや、百人一首の説明くらい英語で説明できなければ恥ずかしくて顔も上げられない!」 と、そこまではいきませんが、せっかく漫画をきっかけにして日本文化に興味持ってくれた外国の方がいるのだから、もっとよく日本を知ってもらえるように文化の橋渡しをしてあげたいですよね。

ということで、ここでは百人一首を英語で説明できるようになることと、有名な句を英語でカッコよく詠えるようになることを目標としましょう。

【初級】百人一首ってなに?

外国の方に百人一首について聞かれたら、なんて答えますか?

ここでは百人一首の特徴について、英語初心者の方でも言いやすいような簡単な単語やフレーズでまとめてみました。

・Hyakunin-Isshu is the traditional Japanese collection of one hundred poems by one hundred poets.
(百人一首は、百人の歌人が詠んだ百編の詩を集めた日本の伝統的な詩集です。)

・The title can be translated as “One hundred people, one poem each”.
(タイトルは”百人による百篇の詩”と訳されています。)

・All poems were written in Japanese classical Tanka style.
(百人一首は、すべて日本昔ながらの短歌の形式をとっています。)

・Tanka has a 31-syllable verse form with five lines in 5-7-5-7-7 pattern.
(短歌は五七五七七調のパターンで詠まれた31文字で構成されています。)

・Hyakunin-Isshu was composed by Fujiwara no Teika in the Heian period.
(百人一首は、藤原定家によって平安時代に編まれました。)

※poet:詩人、歌人
 syllable:音節
 verse:詩の
 compose:作り上げる

いかがでしたでしょうか。

百人一首について、まだ何もわからないという外国の方には、上記のような説明ができれば、なんとなく伝えられますね。

でもやっぱり説明だけではもの足りないという方のために、初心者でも諳んじられるような簡単な歌を紹介いたします。

かの有名な日本文学研究者であるドナルド・キーン氏の英訳で、日本語のものと同様、リズムや言葉のチョイスなども考慮した訳なので、声に出して詠んでみるといいかもしれません。

“The flowers withered,
Their color faded away,
While meaninglessly
I spent my days in the world
And the long rains were falling.”

「花の色は 移りにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」 小野小町


ここでちょっと休憩

5・7・5・7・7の文字数で構成された「短歌/和歌(百人一首)」と共に、5・7・5の文字数で構成された「俳句」も人気ですよね。

俳句についても一緒に勉強したい!と言う人は、ぜひこちらのブログを覗いてみてください!

nativecamp.net


【中級】百人一首を楽しく覚えよう!

とはいえ、百首もあれば覚えるのも大変というもの。

そこで登場するのが「かるた」です。

かるたという言葉は、もともとポルトガル語で「カード」という意味だそうです。

それが日本に伝わってきて、トランプなどのカードゲームになり、もう一方で日本伝統の和歌・百人一首とコラボして「歌かるた」が誕生することとなります。

今やネットでは「かるた」と入れただけで、百人一首情報がたくさんヒットする(逆もしかり)ところを見ると、 「百人一首=かるた」 と言っても過言ではないでしょう。

さて、ここでは、そんなかるたについて、英語で説明してみましょう。

・Uta-Karuta is a kind of card game adopting the Hyakunin-Isshu, which is peculiar to Japan.
(かるたは、百人一首を取り入れた日本独特のカードゲームです。)

・Playing Uta-Karuta is the best way of becoming familiar with and memorizing Hyakunin-Isshu.
(かるたで遊ぶのは、百人一首に親しみ、暗記するのに一番いい方法です。)

・For the game, we use two different decks of karuta cards. One is the reading cards called the Yomi-Fuda, the other is the playing cards called the Tori-Fuda.
(ゲームをする時は、読み札と取り札という二つの種類のデッキを使います。)

・Each of the Yomi-Fuda is printed along with each poem, the author’s name and portrait.
(読み札のそれぞれのカードには、和歌、作者名、作者の肖像画が入っています。)

・If you want to play Uta-Karuta, you have to memorize all one hundred poems.
(かるたをするためには、すべての首を覚えなくてはなりません。)

・Therefore, I recommend you play “Bozu-Mekuri” first, which is the easiest and funniest way to play Uta-Karuta.
(なので、まずは一番簡単で楽しい「坊主めくり」で遊んでみるといいでしょう。)

※adopt:~を取り入れる
 peculiar to:~に独特な(=characteristic of、unique to、specific to)
 portrait:肖像画

上記にもあるように初心者がいきなり本ゲームに挑戦することは、なかなか難しいです。

そこで子供でもできるのが、
「坊主めくり」

やり方はサイトで検索すれば、すぐでてくると思うので、ここでは坊主にちなんだ歌を、百人一首から一つ紹介します。

英訳はWilliam N.Porter著『A HUNDRED VERSES FROM OLD JAPAN』(1909)から抜粋しています。

“The stranger who has travelled far,
The friend with welcome smile,
All sorts of men who come and go
Meet at this mountain stile,
They meet and rest awhile.”

「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも あふ坂の関」 蝉丸

【上級】競技かるたについて知ろう!

さぁ、ついにやってきました。ここでは、かるたの本気バトル版「競技かるた」について紹介します。

初めに、競技かるたが何なのか説明すると、

「百人一首を用いて、一般社団法人全日本かるた協会が定めた規則に則って行う競技」(Wikipedia)
だそうです。

「?」となってしまいますが、単に規定のルールに従って勝敗が決まるカードゲーム、ということですね。

ではさっそく、そんな競技かるたの詳細を英語とともに見ていきましょう。

・Competitive karuta, regarded as Kyogi-karuta, is a one-on-one game where players have to comply with specific rules.
(競技かるたとは、参加者が特定の規定に従って行う一対一のカードゲームです。)

・This game requires the faculty of memory, instantaneous reaction and the sensitivity to sounds.
(このゲームでは記憶力、瞬発力と音への感性が必要となります。)

・The Japanese national championship tournament of competitive karuta is held every January at Omi shrine in Shiga Prefecture.
(日本国内選抜大会は、毎年、1月に滋賀県の近江神社で開かれています。)

・Lately, it isn’t uncommon for people from different countries to participate in tournaments.
(最近では、海外の人たちがトーナメントに出場することも珍しくありません。)

・The winner of the men’s division is awarded with the title of “Meijin” and the winner of the women’s division is awarded with the title of ”Queen”.
(男性部門の勝者は「名人」、女性部門の勝者は「クイーン」の位が授与されます。)

※one-on-one:一対一の
 comply with:~に従う
 faculty:能力
 instantaneous:瞬発的な
 division:部門

さて、いかがでしたでしょうか。

以上のような感じで言えば、カードゲーム好きの血を躍らせることができるかもしれませんね。


ここでちょっと寄り道

百人一首は縦書きで書かれていますよね。英語でも縦書きはあるのでしょうか?

気になる方はこちらのブログに答えがあります!

nativecamp.net


まとめ

かるたも英語学習と同じで、何か目標があると燃えるもの。

今から百人一首を覚えようとする人は、大会出場をゴールにしてみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、このブログを見ている人から将来の名人やクイーンが誕生するかもしれません。

また、かるたは世界のどこにも同じものがない、まさに「日本唯一無二」のカードゲーム。

これを英語で他の国の人にうまく伝えられたら、それだけで「名人」「クイーン」もの。

今後はぜひ、百人一首と英語の研鑽に励んでみてください!

Copyright © 2019 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.