外資系企業に転職するのに必要な英語力とは?

外資系企業に転職、英語を使った仕事

以前は「終身雇用」が前提だった日本の就職事情も、先日の経団連やトヨタ自動車の「終身雇用崩壊宣言」があったように、これからは1つの会社でずっと働くというよりはむしろ、転職をしながらキャリアアップを目指していく方向にどんどん変わっていくと思われます。

そして、転職を考える上での選択肢の1つとして「外資系企業」があります。

外資系への転職は「給与・年収」、「労働時間・休暇制度」といった点でも待遇が良いと、多くの人が憧れる選択肢です。

一昔前までは、英語力の面において外資系企業への転職はある程度ハードルの高いものでした。

しかし、グローバル化が加速する昨今、日本国内で英語を学習している社会人がものすごく増え、独学で一定レベル以上の英語力を身につけて日本企業から外資系企業への転職に成功するパターンも珍しくはありません。

そこで、本記事では、外資系企業への転職のみならず、海外で働くのに必要な英語力、またビジネスレベルまで英語力を伸ばすためにすべきことなどをご紹介します。

日本で外資系企業に転職するのに必要な英語力

実は私Bobも派遣社員ではありましたが外資系企業2社に勤めていたことがありました。

どちらもアメリカ系の企業でしたが、その勤務経験から結論を申し上げますと、外資系企業に転職するにあたり、英語スキルは必須です。

しかし、具体的にどれくらいの英語力が必要なのか、いまいちピンと来ない方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、一般的に言われている基準と、私の経験者としての2つの視点から、外資系企業に転職するのに必要な英語力をご説明します。

基準となるTOEICスコア

求人情報に、応募要件の1つとして「TOEIC◯◯点以上」と書かれていることが多いかと思いますが、これは企業によって異なります。

さらに言えば、英語力をTOEICの点数では判断しない企業もあります。

ですが、多くの方が思い浮かべる「外資系企業でオフィスワークをする」仕事で必要な英語力をTOEICスコアで考えた場合、「800点以上」をコンスタントに取れるのであれば、ひとまずクリアと言えるでしょう。

というのも、経験上、社内ルール、システム、ツール、オリエンテーションなどのマニュアルはほぼ英語で書かれています。

入社後、それらのマニュアルを読んで理解するという作業が必須になりますが、ここで英語のマニュアルが理解出来ないと、出だしからつまづくことになるでしょう。

また、多くの会社で「eラーニング」と一般的に呼ばれるインターネット動画型学習システムが導入されており、自社製品や自社ツールのことを学んだりするのに使われていますが、基本的に全て英語で音声収録されています。英語を読むだけではなく、聞いて理解する機会もすぐに訪れます。

内容にもよると思うのですが、TOEIC自体が「リーディング力とリスニング力を測るテスト」なのであれば、私の実感、また私の周りの外資系で勤務している友人の話から判断して、TOEIC800点以上の英語力があれば申し分なくこれらの事をこなすことは出来るでしょう。

仕事をする上で求められるライティング力・英会話力

外資系企業で通常業務をするにあたり、日本企業でのオフィスワーク同様、メールやテキストチャットでのやり取りもあるでしょう。

やり取りする相手にもよりますが、外資系企業で働くのであれば英語でメールを書いたりテキストチャットでやり取り出来るスキルは必須になります。

私の場合、海外の支社(特に中国やヨーロッパ諸国)との連携業務が多かったため、日常的に英語やチャットにて英語でのやり取りをしていました。

また、英語で書くスキルだけではなく、英会話スキルも重要になってきます。

本社、また海外支社の人たちと電話会議をする機会や、出張で海外から日本支社に来る人たちとの交流する機会など、英語でビジネスについて話す機会は多々あると思います。

ここまで聞くとハードルが高いように聞こえますが、実際のところ、英語メールを書くのにも、英語でビジネスについて話すのも、TOEIC800点以上をコンスタントに取れる英語力があれば申し分なくこなせるレベルだと思います。

ですが、TOEICの勉強は基本的にインプット型のため、「英語で文章を書く練習」や「英語で話す練習」をしてスキルを高め、現場で通用するレベルにしておく必要はあります。

ちなみに私は書籍「ビジネスQuick English(ジャパンタイムズ【編】デイヴィッドセイン【著】)で基本的な英語でのビジネスメールの書き方を学び、ビジネスについて話す練習はオンライン英会話サービスを利用しました。

海外で働くのに必要な英語力

最近では日本国内での転職だけではなく、海外で就職活動をして転職に成功し、海外移住されている方も多くいらっしゃいます。

海外での勤務に憧れている方も多いことと思いますが、では果たして海外で勤務するのにどれくらいの英語力が必要なのでしょうか。

求められる英語力は国や仕事内容によりけり

現在、私は東南アジア(主にタイやマレーシアなど)を拠点に生活していますが、多くの日本人が駐在社員、もしくは現地採用として働いています。

これらの国々はそもそも英語がネイティブの国ではありませんので、そこまで高い英語力を要求されることは少ないのと、海外にいても日本人を相手に仕事をするのであればそもそも英語をビジネスで使う機会はそこまで多くないと思われます。

実際に私の知人数人は東南アジアで働いていますが、社内社外問わずずっと英語を使っていると言う人もいれば、ほとんど英語は使わずに仕事をしているという人もいます。

一方、英語がネイティブの国(アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど)で働くのであれば、東南アジアで働く際に求められる英語力よりも高いものを求められるでしょう。

日常英会話は必須

海外で勤務する上で忘れてはならないことは、会社の外に出てもそこは外国であり、日常生活で英語を使う機会が山ほどあるということです。

日本にいる時のようにスムーズに解決出来ない問題なども日常の中で起こりうると思いますが、そういった状況でも落ち着いて英語で言いたいことをしっかり伝えられる英会話レベルは必要です。

生活の基本となる日常生活において、英語を使う生活がストレスになるようであれば、せっかくの海外勤務も続けられない状況となり得ます。

海外勤務を考えている方は、どこの国でも困らない程度の英会話力を身につけておくことをオススメします。

ビジネスレベルまで英語力を伸ばすためにすべきこと

英語学習を続けてて、ある程度日常英会話が出来るようになり、次第に「英語を使う仕事をしたい」と思うようになる人も少なくないでしょう。

では、そのような人がこれから外資系企業に転職したいと思った場合、ビジネスレベルまで英語力を伸ばすために何をすべきなのでしょうか?

TOEIC用の勉強はオススメ

どこの本屋さんに行っても英語コーナーにはTOEIC用の問題集がたくさん置かれていると思いますが、そのような問題集を使っての勉強はビジネスレベルの英語力を身につける上での基礎としてもってこいです。

TOEICのための勉強をするのは必ずしも高得点を取ることだけが目的ではなく、TOEICのための勉強から得た知識の定着を本来の目的とすべきでしょう。

TOEIC用の問題集で練習できるリスニングやリーディングが理解出来るくらいの知識があれば、基礎としては申し分ないレベルです。

また、TOEICリスニング練習用の問題集に付属のオーディオを用いて、Part3やPart4を何度も「シャドーイング」することで、色々な言い回しを口に出しながら記憶していくこともオススメします。

知識だけでは口から出てこないことも多いですが、すでに言い慣れているものは、いざという時も口から出てきやすくなるからです。

参考までに、私はTOEICリスニング用教材「解きまくれ!リスニングドリル―TOEIC TEST Part3&4(イ イクフン【著】)」を使って何度もシャドーイング練習をしました。

また、TOEICリーディング用教材に関しても同様に、問題集に書かれているリーディングセクションの文章を参考にしながら自分で英作文してみる、といった活用法もあります。何度か教材に書かれている文章構成を参考にしながら書く練習をすることで、ビジネスで使える英語の書き方の基礎が学べるでしょう。

ロジカルに話す練習

そもそも英語をネイティブ言語として話す国々では論理的であることが重要視されており、ロジカルに話す事でより伝わりやすくなります。

言い換えれば、ロジカルではない説明を英語でしても伝わりづらく、特にスピード感を求められがちなビジネスシチュエーションにおいては論理的に説明が出来ないと致命的です。

とは言っても、今まで意識をしていなかった人がいきなりロジカルに話そうとしても難しいと思いますので、まずはご自身で練習する必要はあるでしょう。

一番取りかかりやすい練習としては、「Because 〜」で繋げるクセをつけることです。

日本人の英会話でありがちなのが、「理由づけをしない」です。そのため、「Why?」と聞かれてうまく答えられない人をよく見ます。

私達日本人は、日本語で会話をする時に理由づけをしなくても、「汲み取る」文化なので何となく伝わってしまうのですが、英語はそうではありません。

英語でロジカルに話せるようになるためにも、まずは英語で会話する際の理由づけ練習から始めてみることをオススメします。

まとめ

では今回の記事のまとめです!

・外資系企業に転職するにはTOEIC800点以上の英語力があると好ましい

・海外勤務を目指すのであれば日常英会話のスキルも大事

・ビジネス英語はTOEICの勉強で基礎をつけるべし

日常英会話に不安を感じている人は、ネイティブキャンプのオンラインレッスンをぜひ受講してみてください。

オンライン英会話が自分に合うか不安!と悩んでいる方は、無料7日間トライアルで、実際にレッスンを体験してみることをおすすめします!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.