チャーハンは英語?外国人に「チャーハン」を説明してみよう!

チャーハン、炒飯、家庭料理

老若男女問わず、チャーハンが大好きな人は多いですよね。

そんなチャーハンですが、英語でも「チャーハン」といえば通じるのでしょうか?

ここではチャーハンのことや作り方を英語で説明する方法を中心に紹介していきます。

チャーハンは英語でなんていうの??

チャーハンを英語で言うと以下のようになります。

チャーハン=「fried rice」

基本的にはこれだけでわかる人にはわかる表現となっています。

それはチャーハンが世界三大料理の中華料理を代表していることが理由でしょう。

しかし知らない人は「fried rice」と言われても「チャーハン」の画を思う浮かべることができないかもしれません。

チャーハンを詳しく説明できるように、チャーハンがどのような料理なのか知っていく必要があります。
以下見ていきましょう。

チャーハンとは??

チャーハンは日本人にもなじみのある料理になっていて、中華料理を代表する料理です。お米と具材、卵を一緒にいためた料理で好きな人も多いですよね。

また使用される具材の幅の広さも魅力的ですし、具材や使用する調味料によって作り手の個性が出るのもチャーハンの面白いところです。

豚肉や鶏肉をメインに作ってもよし、エビやイカなどの魚介をメインにしてもよし、野菜だけで作ったチャーハンにしても美味しいのが魅力的な部分です。

日本と中国のチャーハンの違い

チャーハンはお米を具材と油でいためることで完成される料理になります。中国語ではチャーハンのことを「炒飯」と表記します。

「炒める」という字を使っているので、油を使うイメージがわかないかもしれませんが、「炒」という漢字の意味は中国では「揚げる」という意味になっています。

チャーハンは、「炒めたお米」というイメージが強いのですが、チャーハンの本場では、炒めるというよりは「揚げる」感覚が強いのでしょう。

ちなみに中国語の発音で「炒飯」をいうと「チャオファン」となります。

英語でチャーハンを説明してみよう

チャーハン=「fried rice」
ですが、これでは意味を理解できない外国人に英語で伝えていきましょう。

初級者

例文1)
・Fried rice is Chinese food, but it is also a favorite dish for Japanese people.
「チャーハンは中華料理ですが、日本人も大好きな料理です。」

Chinese food(中華料理)
also(〜もまた)

例文2)
・Fried rice is made using rice, various ingredients, and eggs.
「チャーハンは米と、様々な食材や卵を使って作られています。」

ingredient(成分、原料、材料)

例文3)
・We cook fried rice quickly in a frying pan.
「チャーハンはフライパンで素早く炒めます。」

quickly(素早く)

チャーハンは日本人にもなじみ深い中華料理であること、チャーハンに使われる具材や調理法を簡単に英文にしてみました。

短い文章で伝えることでわかりやすい文章になりますよ。

中級者

例文4)
・Speed is required to make fried rice delicious.
「チャーハンを美味しく作るには早さが大切です。」

make A B 「AをBにする」

例文5)
・Fried rice is characterized by using various ingredients.
「チャーハンは様々な食材を使用することで個性が出ます。」

characterized by 「特徴付けられる」

食材によって個性が生まれることを、characterized byの「特徴付けられる」を使って表現しています。

「食材によってチャーハンの特徴が決まってくる」という表現になっています。

例文6)
・In Japan, you can eat fried rice not only at Chinese restaurants but also at home as well.
「日本では中華料理屋だけでなく、家庭やレストランでもチャーハンを食べることができます。」

not only A but also B 「A だけでなく B も」

中学で習う構文ですが、意外と忘れている人も多いでしょう。

このような例文丸ごと覚えてしまえば、とっさに英語で話すときもnot only A but also Bを使うことが可能になります。

中級者には、チャーハンのことを深掘りして英語で紹介してみました。少し長い表現もありましたが、覚えてしまえば簡単でしょう。

上級者

例文7)
・It is said that fried rice without a sticky texture is delicious, but it is difficult to make.
「パラパラとした食感のチャーハンはおいしいと言われていますが、作るのは難しいです。」

It is said that(〜と言われている)
texture(食感、手触り)
sticky(ネバネバしている)

sticky riceは(もち米)という意味です。

海外のお米は日本のお米とは違い、粘り気のないお米であることが多いため、日本のお米のことをsticky riceと表現することもあります。
日本のお米の特徴を説明するときにも sticky という単語は使用しますので、覚えておくと良いでしょう。

例文8)
・A feature of fried rice in Taiwan is to cook rice with soup and then fry it.
「台湾のチャーハンの特徴は、米をスープで炊いてから炒めることです。」

feature(特徴)
cook rice(米を炊く)
then(それから)
チャーハンに似た料理というのは世界中にあります。

そして台湾のチャーハンはスープで炊いたお米を炒めることで、さらに味わい深い美味しいチャーハンになると言います。

例文9)
・When you order fried rice at a Chinese restaurant in Japan, a soup comes with it as a set.
「日本の中華料理屋でチャーハンを注文するとスープがセットで付いてきます。」

when(〜するとき)関係副詞のwhen

上級者向けにチャーハンを深掘りした例文を紹介していきました。

stickyやcome asなどの表現も覚えていくとチャーハン以外にも使えるパターンがあります。特にstickyは東南アジアを旅行するとよく見かけます。

海外の料理でも使われる表現ですので、覚えておくと旅行も楽しくなりますよ。

英語でチャーハンの作り方を伝える

筆者は調理師資格を持っていますので、チャーハンの美味しい作り方を紹介していきます。

チャーハンを美味しく作る方法は、素早さと火力です。家庭では火力が圧倒的に弱いですが、パラパラにする秘密アイテムも紹介していきますよ。

1:Fried rice uses rice, various ingredients, and eggs. Seasoning is salt, pepper, and ingredients for chicken soup. Use your favorite ingredients such as onions and pork. However, seafood ingredients are not recommended because they will release water.
「チャーハンはお米と様々な具材、卵を使います。調味料は塩とコショウ、鶏ガラスープの素です。玉ねぎや豚肉など好きなものを使います。しかし魚介系の具材は水分が出てしまうためオススメできません。」

seasoning(調味料)
ingredients for chicken soup(鶏がらスープの素)
such as(といった)
recommend(オススメ)
release(解放する)

2:First, put the oil in the pan and fry the ingredients. During this time, add seasoning as well.
「最初に油をフライパンに入れ、具材を炒めます。このときに調味料を加えて味付けを済ませておきましょう。」

season(味付けする)

最初の seasoning は調味料という意味の名詞で、最後の seasoning は味付けという意味の名詞として表現しています。

3:When the ingredients are cooked, put the beaten eggs in a frying pan. The heat should be put on highest level . Soon after, add the rice and fry it. If the heat is low, adding a little mayonnaise will give the texture of separated rice.
「具材に火が入ったら、溶いた卵をフライパンに入れます。このときの火力は最大にします。その後すぐにお米を入れて炒めます。火力が低い場合は、マヨネーズ少し加えるとパラパラとした食感になりますよ。」

beaten eggs(溶き卵):beat には「卵やクリームを強くかき混ぜた」という意味がある
firepower(火力)
maximized(最大化)
mayonnaise(マヨネーズ)

最後はお皿にのせて完成です。

まとめ

チャーハンは英語で「fried rice」です。

中華料理ですが日本ではもちろん、世界中に形を変えて存在しています。

東南アジアならナシゴレンもチャーハンに近い料理になっていますよ。ナシ(お米)で、ゴレン(揚げる)という意味です。

日本のチャーハンも本場中国とは微妙に違う料理となっているでしょう。ここでは日本で食べられるチャーハンの説明や作り方を紹介しました。

ぜひ参考にしていただき、外国人にチャーハンの良さを伝えられるようにしましょう。また美味しいチャーハンを振る舞うというのも良いですね。

Copyright © 2019 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.