プロフィール

英語系資格

海外渡航歴

自己紹介

こんにちは、私の名前はRinoです。現在はイタリアに住んでおり、カナダでの留学経験があります。異国での生活は、私の英語能力に大きな影響を与え、異文化への理解を深めました。

カナダでの留学は、英語を通じて新しい文化と触れ合う貴重な経験でした。異なる背景を持つ人々との交流は、私のコミュニケーションスキルを高め、異文化間の架け橋となりました。

英検では最高ランクの資格を取得しています。この資格は、私の英語の深い知識と実践的な運用能力を証明するものです。留学での経験と英検の資格は、英語教育における私の指導法に幅広い視点をもたらしています。

私は、皆さんが英語を学び、新しい世界との出会いを経験する旅において、サポートしたいと思っています。一緒に英語を学び、成長し、新しい発見をしましょう!

Rino

Rinoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 464

1.「I was inches away from making a mistake」という表現は、「もう少しで間違えるところだった」という意味です。このフレーズは、誤りやミスを犯しかけた状況を表現する時に使用されます。「inches away」は直訳すると「数インチの距離」で、ここでは比喩的に「危うく」という意味で使われています。つまり、誤りからほんの僅かの距離しか離れていないという表現で、「もう少しで」という意味になります。 使えるシチュエーションとしては、大事なメールを送信する前に間違いに気づいた時やプロジェクトの最終段階でケアレスミスに気づいた時などです。 補足ですが、日本では距離について話す時、一般的に「メートル」で表すことが多いですが、英語圏では、「インチ」を用いることが多いため、このような比喩的表現がよく使われます。 例 I was inches away from making a mistake because I was in a hurry. (急いでいたので、もう少しで間違えるところだった。) 2. 「I was so close to making a mistake」という表現は、「もう少しで間違えるところだった」という意味です。このフレーズは、何か誤りを犯す寸前の状況を表現する時に使用されます。この表現は、緊張感や危機感を伴いながらも、何とか避けられた状況を表現する際に使われます。また、「so close to」は、「〜にとても近い」という意味で、物理的な距離だけでなく、時間や感情などさまざまな文脈で使用されます。 例 I was so close to making a mistake because I was in such a rush. (急いでいたので、もう少しで間違えるところだった。)

続きを読む

Rino

Rinoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 249

1.「I've got to hang up now」という表現は、「もう(電話を)切らなきゃ」という意味です。このフレーズは、会話や電話などのコミュニケーションを終了する必要がある時に使用されます。この表現は、比較的カジュアルで家族や友人との会話の中でよく使われます。 また、「hang up」は、直訳すると「物を吊るす」と言う意味ですが、電話をしている場面では「電話を切る」という意味に変化します。 使えるシチュエーションとしては、急いでいる時に電話をすぐに切らないといけない場面や次の予定が控えているので会話を終了したいという意思を示したい時などです。 例 Just got scolded by my parents for the marathon phone call, so I've got to hang up now. (今親に長電話について怒られたから、もう切らなきゃ。) 2. 「I need to end this call」という表現は、「電話を切らなきゃ」という意味です。 このフレーズは、会話や電話を終了する必要がある時に使用されます。この表現は比較的フォーマルで、急ぎの用事や他の予定がある場合に使われます。仕事で、会議があるので切らないといけないと言いたい時などによく使われる表現です。 例 I got scolded by my parents, so I need to end this call. (親に叱られたので、電話を切らなきゃ。)

続きを読む

Rino

Rinoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 530

1.「Total distance covered」という表現は、「走行距離」という意味です。このフレーズは、車や他の交通手段で移動する際の合計の距離について言及する時に使用されます。また、「covered」は、「進行した」や「移動した」というアクションを指す単語です。 使えるシチュエーションとしては、自動車に乗った際にオドメーターで走行距離を確認する場面や飛行機で移動する際に目的地までの走行距離を調べる場合などです。 例 How much is the total distance covered? (走行距離はどのくらいですか?) 2. 「Travel distance」という表現は、「移動距離」という意味です。このフレーズは、さまざまな移動手段に関連して使用され、旅行や移動の際に進んだ距離を伝える時に使用されます。例えば、旅行の際に宿から観光地までの距離を調べている時や車の運転距離を確認する場面などです。 例 What is the travel distance? (移動距離はどのくらいですか?)

続きを読む

Rino

Rinoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 572

1.「Like a flash of memories」という表現は、「走馬灯のように」という意味です。このフレーズは、何かが素早く、かつ頭の中で過去の出来事やイメージが短時間で鮮明に浮かび上がる状況を伝える時に使用されます。また、「flash of」は、非常に速く、短時間で起こることを表現するフレーズです。 使えるシチュエーションとしては、急に思い出が湧き上がった時の感情を表現したい場面や思いがけない出来事の瞬間的な感覚を共有する場面などです。 例 The memories from the past came rushing back like a flash of memories. (過去の思い出が走馬灯のように思い出された。) 2. 「In a rapid sequence of recollections」という表現は、「急速な連続での回想」という意味です。このフレーズは、過去の思い出や経験が素早く、かつ順番に思い起こされる状況に使用されます。また、「recollections」は、「追憶」という意味で、過去の出来事や思い出を指します。 例 The moment I saw the scenery, I found myself in a rapid sequence of recollections. (景色を見た瞬間に、急速な連続での回想をしていることに気がついた。)

続きを読む

Rino

Rinoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 360

1.「Become lost in the mountains」という表現は、「山で遭難する」という意味です。このフレーズは、山でのハイキングや登山中に方向を見失い、遭難する状況を指す時に使用されます。また、「Become lost」は、「迷子になる」や「方向性を失う」といった意味で、ここでは遭難を指しています。 使えるシチュエーションとしては、登山中に方向を見失ってしまった場合や野外活動中に山の中で不慮の事態が発生した場合などです。 例 We might have become lost in the mountains. (山で遭難したかもしれない。) 2. 「Get stranded in the mountains」という表現は、「山で立ち往生する」という意味です。このフレーズは、山での活動中に予期せぬ事態が発生し、進むことができなくなる状況を指す時に使用されます。また、「stranded」は、「立ち往生する」や「孤立する」といった意味があり、通常は一時的な状況で他の人の助けが必要な場合に用いられる表現です。 例 It seems we’ve gotten stranded in the mountains. (山で立ち往生してしまったように思われる。)

続きを読む