【お正月を英語で紹介したいあなた】いますぐ使えるフレーズ6選!

お正月、女性

こんにちは。ネイティブキャンプインターンのChinamiです。
今年も残りわずか、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

お正月、おせち

大掃除、大晦日、おせち、お雑煮、もち、除夜の鐘、元旦、凧揚げ、破魔矢、おみくじ、新年のお参りなど。日本ならではの風習がたくさんあります。
本日は、日本特有の文化"お正月"を英語で紹介してみませんか?

  • In December, I will be busy since there are many year end parties with coworkers and friends.
    12月は、職場や友人との忘年会で、とても忙しくなります。
  • We call the ‘‘New Year’’ as “oshougatsu. We eat zoni, which is the traditional New Year’s soup for oshougatsu.
    年始めは「お正月」と呼ばれ、正月にはお雑煮を食べます。
  • January 1is called“gantan”, I go for the first temple visit of the year with my family.
    一月一日は「元旦」と呼ばれて、家族で初詣にいきます。
  • During the New Year’s day, People decorate their houses with special decorations.
    “Kadomatsu”, are two groups of bamboo placedin front of the entrance; “shimenawa”, is a sacred straw rope to protect the door; and “kagamimochi is a pile of round mochi, as a token of appreciation and then eaten for one’s well-being.
    お正月には、通常、特別な飾りで家を飾ります。
    『門松』は二つの竹でできている、玄関の前に飾るものです。『注連縄』は藁でできた神聖な縄でドアを守るもので、『鏡餅』は丸いお餅が重なっている健康を願い祝うために食べるものです。
  • We eat “toshikoshi soba”noodles to wish for a long-lasting life on New Year’s Eve.
    大晦日で私たちは長寿を願うため「年越しそば」という蕎麦を食べます。
  • At Buddhist temples, huge bells are stuck 108 times at midnight in order to get rid of all evil desires.
    仏教のお寺では、深夜の間に巨大な鐘が全ての煩悩を払うために108回打たれます。
  • Many people go to shrines to make their wishes for the coming year. This event is called “hatsumoude”.
    多くの人が新年に向けての願い事をするため、神社に行きます。
    このイベントは「初詣」と言います。
  • Omikuji are sacred lots drawn at temples or shrines to apprise the person of their fortune. The reason why we do it, is to throw away bad luck.
    おみくじとは、神社・お寺で、運を占うためにひくくじのことです。
    理由は、凶は捨てるという意味があります。

いかがでしたでしょうか?
英語圏にはない日本特有の文化ですので、外国人の方や講師へ説明してあげるときっと喜ばれますよ!

お正月は、お正月の教材のご用意をさせていただきますので、こうご期待です★

それでは、皆さん風邪に気を付けて良い年をお迎えください。

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.