a number ofとthe number ofの違いについて解説!

a number of,the number of,類似語

似たような表現である”a number of””the number of”
ですが、その意味や使い方は大きく異なり、類似点の方が少ないとすら言えるかもしれません。

この記事では、そんな”a number of”と”the number of”の意味や使い方の違いについて解説しています。

”the number of”の意味

“a number of”の解説は若干複雑なので、まずは比較的簡単な”the number of”の意味と使い方について見ていきましょう。

“the number of”は、日本語では多くの場合「~の数」と訳すことができます。

- The number of English learners in Japan has increased.
(日本における英語を学ぶ人の数は増えている。)

”the number of”の使い方

次に”the number of”の使い方について、解説していきます。先ほど見たように”the number of”は「~の数」と訳すことができます。

”The number of X is ~.”という構文をとり、「Xの数は~だ。」という意味を表すことが多いです。

- The number of students in the class is 40.
(そのクラスの生徒数は40人です。)

“the number of”の使い方におけるポイントは、動詞が単数形となることです。最初の例では、- The number of English learners in Japan has increased.と、動詞が”have increased”ではなく、単数形の”has increased”となっています。

これは、- The number (of English learners in Japan) has increased.で、つまり、「数は増えている。」という文を「(日本における英語学習者の)」という語句が修飾しているからです。

また、次の例では、- The number of students in the class is 40.となっています。

先ほどと同様に、この例文の主な内容は「その数は40です。」ということであり、”The number is 40.””the number”が主語であるため、動詞も単数形の形を取ります。

また、このことから”X”の部分の名詞には通常”the”をつけないことにも注意が必要です。
どういうことかというと、- The number of [the] students in the class is 40.の[the]はつけずに、- The number of students in the class is 40.とするということです。

”a number of”の意味

次に、”a number of”の意味を見ていきます。

“a number of”は、特に大学を受験した方は「たくさんの」という意味だと習ったかもしれません。しかし、多くの英英辞書では、·several(=いくつかの、複数の)という説明がされています。

ただし、Clollinsという辞書では·various(=様々な)という意味もあるとされています。
これらについて、少し詳しく見ていきましょう。

”a number of”=several

先ほど述べたように、多くの辞書では”a number of””several”、つまり「いくつかの、複数の」が主な意味であると説明されています。

- I’ve decided to learn English for a number of reasons.
(いくつかの理由から英語を学ぶことを決めました。)

なぜ、”a number of”が「いくつかの」という意味になるかは”a”と”the”の違いからも分かります。それは”the”が「特定」のものであるのに対し、”a”は「不特定」であることを表すからです。

また、“the”がしばしば「その」と訳される一方で、”a”は「ある」と訳されます。

これを踏まえて、上の例文を見てみると、“a number of reasons”は、「決まった数ではない、2かもしれないし10かもしれないが、とにかく【ある】【複数の】理由」というニュアンスが込められていることが分かります。

”a reason”ではなく、”reasons”であることからも、
·理由が複数であること
·理由が1つではないこと
が含意されています。

したがって、- I’ve decided to learn English for a number of reasons.という文は、「私が英語を勉強している理由は、(いくつあると具体的に言うことはできないけど、とにかく1つだけではなく)いくつかあります。」という意図を表していることが分かります。

”a number of”=various

”a number of”の意味については多くの人が”many”(=たくさんの)と習ったのではないかと思います。事実、筆者も長年そのように思っていました。

これに関して様々な文献をあたった結果、極めて微妙であることが分かりました。
繰り返しになりますが、多くの辞書では”a number of””several”(いくつかの)という意味であり、むしろ”many”の意味はないとすら説明するものもありました。

ただし、前述のCollinsでは”in the sense of various”(=様々な)という記述や、”several different”(=複数の異なる)という定義づけもされています。

さらに、その意味では、類義語として”many”が挙げられてもいます。その他の文献や、実際に英会話の講師に聞いてみたところ、
·アメリカでは”a number of”=”many”
·文脈によって、”many”の場合もある
という意見もありました。

したがって、”a number of”=”many”は、必ずしも誤りではないということが言えそうです。あるいは、国や地域、状況や人によって「たくさんの」という意味が適切な場合があるかもしれません。

しかしながら、後ほどご紹介する”a large number of”のような類似表現で「たくさんの」を表すことができるので、自分自身が「たくさんの」を表したい時にはそういった表現を使う方が無難かもしれません。

自分が聞き手·読み手の際は、文脈に注意を払って「いくつかの」なのか「たくさんの」なのか判断する必要があります。


ここで少し余談!

下記記事では、「Concern」と「Problem」の違いについてご紹介しています!ニュアンスが似ていて間違えやすい表現なので、下記記事を読んで正しい使い方を学んでいきましょう♪♪

nativecamp.net


”a number of”の使い方

“a number of”の使い方で注意が必要なのは、動詞の複数形を伴うことです。

“the number of”が「数」について言及しているため、動詞は単数形になるのに対し、”a number of”はあくまでも”a number of X”の”X”の部分、つまり複数の人やものが主語になるからです。

例文を見ながら以下で詳しく見ていきましょう。

”a number of”の基本的な使い方

“a number of”の基本的な使い方を見るために、まずは例文を見てみましょう。

- There were a number of causes for the accident.(引用:Cambridge Dictionary)
(その事故の原因はいくつかあった。)

ここでは”a number of”が主語の”causes”(=原因)を修飾しているので、- There were (a number of) causes (for the accident).で、つまり「原因があった」がメインの文となり、”was”ではなく、複数形である”were”が使われています。

これは”a lot of”(たくさんの)と同じと考えると分かりやすいのではないでしょうか。

- There are a lot of problems / people.
(たくさんの問題がある / 人がいる。)

“a lot of”も「ある、ひとつの」を表す冠詞”a”が使われていますが、動詞は複数形の”are”が使われています。また、”a number of”は通常、疑問文や否定文では使われません。

【応用編】”a large/huge number of”

上の”a number of”の基本的な使い方では、文法的な部分について解説しました。ここでは、”a number of”を応用した表現についていくつかご紹介します。

はじめにご紹介するのは、”a large/huge number of”です。
“large”も”huge”も「大きい」や「巨大な」を表す言葉で、それらをともなって「たくさんの」を意味します。

- A large number of people have applied for the job.
(たくさんの人がその仕事に応募した。)
apply for:(仕事などに)応募する

例えば上の例で人数が少なかった場合には、”small”が使えます。

- A small number of people have applied for the job.
(その仕事に応募した人は少なかった。)

ただし、”small”の方は日本語の「たった◯人」の「たった」のような感覚で”just”を先につけた方が自然だという人もいます。

- Just a small number of people have applied for the job. 数字が「大きい」「小さい」を表す言葉をともなって、それぞれ「たくさんの」「少ない」を意味しますが、”big”や”little”は使えないので注意しましょう。

【応用編】”numbers of”

“a number of”の代わりに”numbers of”を使うこともできます。ただし、”numbers of”単体で使う用例は、筆者が調べた限りでは確認できませんでした。

どういうことかというと、

·large numbers of ~
·huge numbers of ~
·great numbers of ~
のように、”numbers”の前に形容詞をともなって使われます。

- Great numbers of people gathered at the event.
(そのイベントには大勢の人が集まった。)

【応用編】”quite a number of”

“Quite a number of”も「たくさんの」を意味する表現として使うことができます。

- Quite a number of cases of the flu have been reported already.(引用:Cambridge Dictionary)
(すでにたくさんのインフルエンザの事例が報告されている。)

【応用編】”any number of”

これまでの表現と同様、”any number of”も「たくさんの」を意味します。

- Any number of students come to school by bus.
(多くの生徒はバスで通学しています。)


ここでまた少し余談!

下記記事では、adviceとadviseの違いについてご紹介しています!スペルがたった一文字変わるだけで使い方が変わることをご存知でしたか?下記記事でご紹介しているのでぜひ参考にしてみて下さい♪♪

nativecamp.net


まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は”a number of””the number of”の意味と使い方の違いについて解説いたしました。

“the number of”は、主に単数形の動詞をともなって”The number of X is ~.”で「Xの数は~だ。」という構文で用いられます。

“a number of”は複数形の動詞をともない、「いくつかの」という意味を表します。文脈によっては「たくさんの」というニュアンスを含むこともあります。

また、類似表現の

·a large/huge number of
·numbers of
·any number of
の3つについてもご紹介いたしました。

“a number of”が「たくさんの」を意味するかは、ネイティブスピーカーによっても見解が分かれるため、ネイティブスピーカーの友人や英会話の講師に直接聞いてみるのもよいかもしれません。