「used to」と「be used to」の違いとは?

f:id:nativecamp_official:20200910182228j:plain

あなたは「used to」と「be used to」の違いをちゃんとわかっているでしょうか?パッと見似ているので、同じ意味だと思ってしまったり、どっちがどっちかわからなくなってしまったりしている人もいるでしょう。

しかしこの2つの表現、その意味はかなり違うものなのです。なので、きちんと使い分けなければ、相手に意味が伝わらないんです。

そこで今回は、「used to」と「be used to」の意味の違いや使い方を解説していきます。これを参考に、それぞれの意味をきちんと理解し、正しい使い方ができるように練習してみてください。

間違いやすい「used to」と「be used to」…その違いとは?

「used to」と「be used to」は、見た目はかなり似ています。この2つの表現を使って、どのように文章を作るのか、まずは例文を見てみましょう。

I used to live in London.
I am used to living in London.

さて、この2つの文章。違いがわかるでしょうか?

「used to」の方は「used to 動詞の原型」という形になっていて、「be used to」の方は「be used to 動名詞」となっています。

このように、この2つの表現は文章の構成が異なります。「used to」の方はそのあとに動詞の原形がくる一方で、「be used to」の方は、動名詞か名詞が入ります。ただ文章の構成が違うだけなら良いのですが、この2つの文章はかなり意味が違います。今度は和訳と一緒に比べてみましょう。

I used to live in London.
(以前ロンドンに住んでいました。)

I am used to living in London.
(ロンドンでの生活に慣れています。)

どうでしょうか。ニュアンスが違うというレベルではなく、かなり意味が違ってきてしまうので、この2つを混同してしまうと会話がちぐはぐになってしまうことがわかるでしょう。

ではそれぞれ、どういう意味でどのように使うのかを解説していきます。

「used to」の意味と使い方

「used to」というと、use(使う)の過去形のように感じるでしょう。しかし、useの過去形usedにtoをつけると、過去にしていたことを表す助動詞になります。助動詞というと、canやwillが思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

used toが助動詞というのは意外に思うかもしれませんね。しかしtoがつく助動詞は、have toやought toのように他にもあるんです。

助動詞とは、動詞と一緒に使うことで動詞の意味を膨らませるはたらきをするもののことを言います。なので、「used to」はcanやwillのように、動詞の原形とセットで使います。

「used to」は、「過去にしていたことを表す」と言いましたが、そこには暗に過去にはしていたけれど今はやっていないようなニュアンスも含まれています。上記で使った例文を例にして見てみましょう。

I used to live in London.
(以前ロンドンに住んでいました。)

英会話でこのような文章を口にする場合、話者は現在ロンドンに住んでいないでしょう。シチュエーションによっては例外もあるかもしれませんが、ほとんどの場合はそうです。

「I lived in London.(ロンドンに住んだ。)」という単純過去や「I have lived in London.(ロンドンに住んだことがある。)」という現在完了とも違いがあります。それは、「used to」を使うことで「以前住んでいた」というニュアンスが出せるということです。

もう少し深く理解するために、例文と和訳をいくつか見てみましょう。

He used to be a mean person.

(以前彼はいじわるな人だった。)

I used to play the piano.

(以前ピアノを弾いていた。)

I used to speak English fluently.

(以前は英語を流暢に話した。)

This city used to be much smaller.

(この都市は以前はずっと小さかった。)

My mother used to earn a lot.

(私の母は以前たくさん稼いでいた。)

どうでしょうか。

ここでつまずくポイントは、「He used to be a mean person.」や「This city used to be much smaller.」のように、「used to」のあとに「be」が来ているパターンでしょう。

しかし、この「be」はbe動詞の原形なので、文章構成は、「used to 動詞の原形」となっています。「used to」のあとには動詞の原形が来ますが、言い表すフレーズは、必ずしも動作に限られず、形容詞などにも使われます。

「be used to」の意味と使い方

では次は、「be used to」の意味と使い方を解説していきます。「be used to」は何かに慣れていることを表す表現です。「used to」は助動詞だと説明しましたが、「be used to」の「used」は形容詞的な働きをします。

そして、前述のとおり、「be used to」のあとは動詞か動名詞を置くのです。最初に使った例文を見て、もう少し掘り下げてみましょう。

I am used to living in London.

(ロンドンでの生活に慣れています。)

こう言っているとき、話者はおそらくまだロンドンに住んでいて、ある程度の期間住んだので、その生活に慣れていると言っているわけです。つまり「be used to」を使う場合は、その動作をある一定回数・期間続けていてそれに慣れたことを表すのです。

ではこちらも例文と和訳をいくつか見ていきましょう。

I’m used to speaking English.

(私は英語を話すのに慣れている。)

She is used to the hot weather.

(彼女は暑い気候に慣れている。)

The students are used to the teacher who shouts at them all the time.

(その生徒たちは、いつも怒鳴ってくる先生に慣れています。)

He’s used to taking a long flight.

(彼は長時間のフライトに慣れています。)

I am very much used to spicy food.

(私は辛い食べ物にかなり慣れています。)

といった感じです。

この文章のなかの「used」は前述のとおり、形容詞なので、その前に「very much」などの強調表現をつけて、「とても慣れている」「かなり慣れている」という文章にすることができます。

「very much」のほかにも、「quite」なんかもよく使われます。すごく慣れたニュアンスを出したいときには、こうした強調表現も使ってみてください。


ここで少し余談!

下記に役立つフレーズをまとめた記事をピックアップしました!ぜひ今回の記事と合わせて参考にしてください♪♪


まとめ

今回は、とても似ている表現である「used to」と「be used to」についてそれぞれ解説しましたが、使い方はわかったでしょうか。文中でも触れているとおり、この2つは全く異なる意味を持つ表現なので、どっちがどっちの意味を持つのか、しっかり覚えておくことが大事です。

何度も練習すれば、混乱することはなくなるでしょう。

もしも「used to」もしくや「be used to」の練習をしたくなったら、ネイティブキャンプのレッスンをぜひ活用してくださいね!この2つの意味や使い方について、英語で解説もしてもらえますよ。