笑いのプロから学べ! 楽しいコメディの英語

f:id:nativecamp_official:20190525003604j:plain

どうせやるなら英語学習は楽しい方が良いですよね。
単語帳、文法書で勉強していても、一時間集中して取り組むことはなかなか難しいです。

そこでおすすめなのは、コメディ映画や海外ドラマで笑いながら英語に触れることです。

映画や、海外ドラマなんて難しすぎ、上級者でない自分には無理と思っている方、コメディー系であれば英語がわからなくても笑えるシーンはたくさんあるんです。

そして何回見ても面白いのが、コメディーの特徴です。

何回も見ることにより、理解度がどんどん増していき、リスニング力もつき、前回笑えなかったシーンに気が付くことができます。

今回はそんなコメディを英語学習に生かすという内容で書かせていただきます。

英語学習におすすめの海外ドラマ・映画

プロフィールの通り、私は受験勉強の経験がなく、英語力0の状態から英語学習をスタートしました。

最初のモチベーションが
「映画を英語で字幕なしで観れるようになりたい」
でしたので、最初からアメリカのドラマ「フレンズ」を使用して勉強していました。

最初の理解度は1パーセントだったとすると、何回も見ていくうちに理解度が数%増えていく感じです。

そんな低い理解度でも笑えてしまうのが「フレンズ」などのシットコム(シチュエーション・コメディ)の良いところです。

とはいえ、笑うような場面でも英語が分からず悔しい思いの方が強かったのも覚えています。

どちらにせよ、良いモチベーションを維持できたこと、そしてTOEICのリスニングで満点を取得できたのは間違いなくコメディ/海外ドラマのおかげです。

【海外ドラマ】

私が特におすすめするシットコムは2つあります。

Friends

私が英語学習を始めたての頃に、英語力向上のため何回も見ていた「フレンズ」

この海外ドラマとの出会いは、大学時代。

英語圏に留学経験がないのにも関わらず、かなり流暢な日本人学生と知り合ったことでした。

スポーツの経験しかなく、勉強の仕方もわからなかった私は、その先輩にどうやって勉強したのか質問したところ、この「フレンズ」をおすすめしてくれました。

このドラマに出会ってなかったらと考えると恐ろしいぐらいで、先輩には今でも感謝しています。

フレンズは全10シーズンありますが、1エピソード25分程度で、気軽に見れるドラマです。

電車通勤時間にもおすすめできます。
思わず電車内で笑ってしまっても大丈夫です。

なぜならそれはリスニング力の向上の証だからです。

少し古いドラマというのが、マイナスポイントですが、特に古い英語表現が使われているということはありません。

Fuller House

「フルハウス」という海外ドラマもおすすめですが、こちらも古い海外ドラマとなります。
NHKでも放送されていたので、子供の学習者に向いている内容です。

この「フルハウス」の次世代バージョンとして「フラーハウス」が最近リリースされました。

現在どちらもネットフリックスで観ることができます。

今時の日常会話を学びたい方はこの「フラーハウス」はとてもおすすめです。

こちらを1話観てみて面白そうと感じたのであれば、「フルハウス」から観ることをお勧めします。

大人から、子ども、赤ちゃんまで均等に登場しますので、どの世代の方の英会話学習にもお勧めです。

【スタンダップコメディ】

アメリカのお笑いといえば、スタンダップコメディ。
1人で観客に向けて語りかけるようなスタイルです。

内容は一見タブーで過激だと思われるものまでジョークとして使われます。

個人的には好まないコメディスタイルですが、ある2人のスタンダップコメディアンのファンになったことから、彼らのショーをネットフリックスで観たところとても面白く、楽しむことができました。

活躍するスタンダップコメディアンの多くは、違う業界でも活躍していることが多いため、意外に映画で観たことのある俳優の本業がスタンダップコメディということも珍しくありません。

私がファンであるスタンダップコメディアンは下記の2人です。

Kevin Hart

現在は多くの映画に出演し、様々なビジネスを掛け持ちしています。

米TIME誌の「影響力のある100人」に選ばれるほどの成功者ですが、実は原点、本業はスタンダップコメディです。

Joe Rogan

現在は総合格闘技のコメンテーターや、ポッドキャストでより有名になりましたが、彼の原点はスタンダップコメディでした。

彼のポッドキャスト「Joe Rogan Experience」には多くのコメディアンが出演し、様々なテーマが議論されています。

ポッドキャストですが、ユーチューブで実際に話している映像も見れるので、コメディアンの姿もチェックしたい方は動画もおすすめです。

Kevin HartとJoe Roganの名言

最後に英語学習者の皆様には是非読んでほしいと思う、彼らの名言を紹介します。
彼らの言葉からエネルギーをもらって、また英語学習に取り掛かりましょう。

コメディアンなのに真面目な言葉ばかりです。

そのギャップも人気の理由の1つだと思います。

Kevin Hart

“The man that I’m today is a much more developed man than I was yesterday.”
今日の自分は昨日の自分よりも大きく進化している。

“Without failure, you’d have no success.”
失敗なしに成功はない。

“You got a choice at any and everything you do.”
何をするにしても、選択肢はある。

“I’m always trying to outdo myself.”
いつも自分の全力を尽くそうとしている。

“You are not in competition with anybody but yourself.”
最大の敵は自分自身だ。

“Laughter heals all wounds, and that’s one thing that everybody shares. No matter what you’re going through, it makes you forget about your problems. I think the world should keep laughing.”
笑いはどんな傷も治してくれる。これは誰にとっても同じ。どんな困難に直面していても、それを忘れさせてくれる。みんな笑い続けるべき。

“I never do anything that I don’t want to do.”
自分のやりたくないことは、絶対にやらない。

“I feel like whatever you’ve done in your career, good or bad, it’s nothing but preparation for the big events to come.”
今までの経験は善かれ悪しかれ、今後の大きなイベントのための準備にしか過ぎない。

Joe Rogan

“We define ourselves far too often by our past failures. That’s not you. You are this person right now. You’re the person who has learned from those failures. Build confidence and momentum with each good decision you make from here on out and choose to be inspired.”
私たちは過去の失敗を引きずりがちだ。それは間違っている。今の自分が大事なんだ。今の自分とは過去の失敗から学び、進化した自分なんだ。これからは良い決断をして、自信と勢いを付け、ポジティブな姿勢を忘れるな。

“Be cool to people. Be nice to as many people as you can. Smile to as many people as you can, and have them smile back at you.”
人には気さくに接する。多くの人に親切に。できるだけたくさんの笑顔で接し、笑顔をもらえ。

“One of the most fascinating lessons I have learned about life is that the struggle is good.”
人生の中で感じた素晴らしい教訓、「苦労は報われる」。

“Discomfort is your friend. It doesn’t matter if you’re sick if you have kids...if you’re a pro, you go to work.”
快適を求めるな。病気や子供を言い訳にせず、プロなら仕事しろ。

“90% of success is just showing up. Get there and start working. You’re not going to feel perfect everyday. There’s gotta be those days you push through.”
成功の9割は行動から始まる。職場に行くことから始まる。毎日が体調万全なんてありえない。意地でも姿を見せる姿勢が大事だ。

“Get better at whatever you’re doing. So what if you suck at it now. Everybody sucks at everything when they start. But if you love it, and don’t lie to yourself, then get better at it.”
何事も常に成長を心がけよ。今は下手くそでも。どんな人であれ、最初は下手くそだ。本当にそれが好きなら、諦めず向上心を持て。

“Pretend that your life was a movie and it started now, what would the hero do? What would the person that you respect do? What would the person that you admire, and inspires you do? Do that. Live your life like you’re the hero in your own movie.”
もし君の人生が今から始まる映画だったらとしたら、主人公の君は何をする?尊敬できる人は何をする?憧れの人は何をする?それをするんだ。主人公は君。映画の中の主人公のように人生を生きるんだ。

【まとめ】

2つのコメディドラマと、2人のコメディアンを紹介させていただきました。

笑いのツボは人それぞれですよね。

今回は定番中の定番を紹介させていただきましたが、他にも有名ドラマはありますし、面白いコメディアンもたくさんいます。

自分にあったお笑いを見つけて、ネタを盗んで、みんなを笑わせましょう。

Copyright © 2019 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.