ShallとShouldの使い方や違いをご紹介!

shall should

みなさんは“shall”“should”という英単語を、英会話で使うことがあるでしょうか。

どちらかというと、“should”の方が使う頻度が高いかもしれませんね。

そのため、“shall”の使い方がわからないという人も多いでしょう。

この2つの英単語は、助動詞と言われるものです。

助動詞の代表格といえば、”can””will”ですが、
“shall”“should”もこの2つの仲間なのです。

文法的には“should”“shall”の過去形にあたるのですが、その意味は思いのほか異なります。

そのため、特に“shall”の使い方については、頭を抱えている人もいるかもしれませんね。

 

そこで今回は、“shall”“should”それぞれの意味や違いについてまとめてみました。

この2つの助動詞に悩まされたことがある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

Shallの基本的な意味と使い方

さて、まずは現在形である“shall”の方から、その意味や使い方をみていきましょう。

英語で会話をするとき、“shall”より断然“should”の方が出現率が高いので、“shall”はほとんど使ったことがない人もいるでしょう。

“shall”の意味を辞書で引くと、「・・・だろう」
「・・・することになっている」
「・・・すべきである」
というような言葉が出て来ます。

そして、

「義務」
「当然」
といった言葉も見受けられます。

 

言葉で説明してもわかりづらいので、例文を使って“shall”の意味を見てみましょう。

 

1) Shall we go home now?
(今から家に帰りましょうか?)

2) I shall come back.
(必ず戻って来ます。)

3) You shall never give up.
(あなたは絶対諦めてはならない。)

4) We shall die one day.
(私たちはいつか死ぬ。)
※死ぬことになっている。

 

1)の疑問文はよく使われる表現ですね。
誰かを何かに誘うときなど、提案の意味を持ちます。
これは使ったことがある人も多いでしょう。

問題は2)~4)の例文ですね。

そもそも“shall”という助動詞は「何か自分ではどうしようもない力に、
そうさせられる」
というような意味を持つ言葉です。

運命で決まっているというようなニュアンスで、自分のことについて語るときには「絶対にそうする」という強い意志を表すために“shall”を用いることもあります。

他人について語るときには、「そうするしかない」
「させよう」
という意志を表します。

 

ちなみにアメリカ英語では、“shall”を用いた表現はあまり使われることはなく、どちらかというとイギリス英語で耳にする表現でしょう。

 

それを踏まえて、例文を1つ1つみていきましょう。

1)の疑問形の文章は、そもそも「家に帰る運命になっているのでしょうか?」というような意味です。

それが転じて、提案の意味を持ちます。

これはもう提案フレーズとして丸覚えしてしまって問題ありません。

 

2)は、どこにも「必ず」「絶対」という単語は含まれていませんが、“shall”を使うことで強く「戻ろう」と思っていることを示しています。

若しくは、絶対に戻ってくるような状況にある場合もあるでしょう。

それはこのフレーズを口にする人の状況によります。

 

3)は、「諦めることはできない」というほど強い命令の意味を持ちます。

 

4)の例文は、“shall”の本来のニュアンスが一番わかる例文かもしれません。

私たちがいつか死ぬのは、私たちの意志ではどうにもできない運命です。

神が決めたことで、どうにもできないようなことに“shall”を使うわけです。

 

こうした言い回しとして“shall”はよく使われますが、英語の聖書の中では“shall”を使った文章がよく出てくるのも、“shall”という助動詞には、神の意志運命で決まっているというようなニュアンスが含まれているからでしょう。

 

なんとなく“shall”の意味が見えてきたでしょうか。

ちなみに日常会話の肯定文で“shall”を使う必要は、全くありません。

疑問文だけ押さえておけば十分です。

“shall”で表したいことは、別の言葉で表すことができるからです。

しかしイギリス英語ではまだまだよく使われる表現ですから、理解はできるようになっておいた方がいいでしょう。

 

Shouldの基本的な意味と使い方
〜Shallとの違い〜

では次は“should”についてみていきましょう。

“should”を辞書で引いてみると、「・・・すべきである」
「・・・しなくてはならない」
という訳が出てきます。

“shall”の意味とそれほど変わらないように見えますよね。

“shall”の過去形の“should”ですが、意味的にはあまり過去っぽさはなく、また“shall”ほどの強制的な意味はありません。

まずは“shall”と同じ例文を使って、意味の違いをみてみましょう。

 

1) Should we go home now?
(今家に帰るべきですか?)
※帰った方がいいですか?

2) I should come back.
(私は戻ってくるべきです。)

3) You should never give up.
(あなたは決して諦めるべきではありません。)

4) We should die one day.
(私たちはいつか死ぬべきです。)

 

“should”は“shall”とは違い、「基本的にはこうだ」
「通常はこうだ」
というような、常識や経験ではこうなるというニュアンスを持ちます。

それがなぜ“shall”の過去形なのかなどは、あまり考えない方が良いでしょう。

 

日本語訳だとなかなかこのニュアンスの違いを表すことが難しいのですが、例文を1つずつ見ていきましょう。

 

1)は、「帰った方がいい?」と訊くようなときに使えるフレーズです。

“shall”のときは、「帰りましょうか?」とこちらから提案していますが、“should”の場合は相手の意見を訊いているニュアンスになります。

 

2)の例文は、自分の意思で「戻るべき」と言っているというよりも、「何か事情があって戻るべきだ」と感じていたり、
「戻るべき状況がある」
「普通なら戻るよね」
といった感じです。

3)は、和訳を見比べてみるとわかりやすいのではないでしょうか。

“shall”なら
「あなたは絶対諦めてはならない。」

“should”なら、
「あなたは決して諦めるべきではありません。」
となりますが、
“should”の場合は
「諦めない方が良い」
という提案の意味も込められています。

 

4)の例文は不自然な文です。

なぜなら、“should”を使うと、「普通ならそうなるけど、それ以外の道もある」というニュアンスが出てしまうからです。

“We should die one day but perhaps I won’t.”
(私たちはいつか死ぬべきだが、私はもしかしたら死なないかもしれません。)
のようなことが可能になってしまうのですね。

 

どうでしょうか。

なんとなく、“should”の意味や“shall”との違いが見えてきたでしょうか。

“should”はこれ以外にもさまざまな用法があるのですが、基本的にこれまでの経験や状況が背景にあり、そこから考えると「こうするでしょ」
「こうなはず」
「こうなるよね」
というような意味があると考えれば、どんな用法でも納得いくでしょう。

 

まとめ

今回は“shall”“should”について、それぞれの使い方や違いをご紹介しましたが、なんとなく掴めてきたでしょうか。

この2つの助動詞はコツを掴むまで少々時間がかかります。

しかしアメリカ英語では肯定文で“shall”をあまり使わないことを考えると、無理に“shall”を使う必要はありません。

まずは“should”の使い方や用法に慣れてから、“shall”をマスターしていくといいでしょう。

この記事を読んで“shall”と“should”について理解した後は、実際に使ってみることをおすすめします。

外国人の知り合いがいない人も、ネイティブキャンプなら好きな時間に好きな場所でレッスンを受講できます。

色々な国の講師とディスカッションする中で、積極的に今回学んだことを使ってみましょう。

Copyright © 2019 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.