ボクシング好き必見!英語学習と格闘技は相性抜群

f:id:nativecamp_official:20190509025506p:plain

皆さんこんにちは。

皆さんはボクシングに興味がありますか?
年末になるとボクシングの世界戦が中継されますよね。

今や年末年始の定番となっているボクシングですが、ルールやボクシング用語は知らないという人が多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事はボクシングに関する英語について書きたいと思います。

ボクシングを英語で

ボクシングは英語でBoxingです。
そのままですね。

ボクシングという言葉は、古代ギリシア語からできた言葉と言われており、握りしめた拳をPUGMEといい、それからPUXOS(箱)となったとの事です。

ボクシング用語一覧

ボクシング用語を並べて見てみましょう。
日本でのボクシング用語と英語でのボクシング用語に違いはあるのか興味がある人もいるのではないでしょうか。

ボクシングの試合 boxing match/game

ボクシングのグローブ boxing gloves

ボクシングをする box with someone

スパーリング sparring

クリンチ clinch

ボディーブロー body blow

ノックアウト knockout

こう見てみますと、ボクシング用語では和製英語ではなく、英語がたくさん使われているんですね!

ボクシング映画の名言

私が英語学習を始めたきっかけの一つが、
「ハリウッド映画を英語で楽しみたい」
でした。

皆さんも映画を字幕なしで楽しめるようになりたいと思ったことはありませんか?

最近ではNetflixなどで気軽に映画やドラマが観られるようになり、生の英語に触れる機会も、昔の英語学習者に比べると増えていますし、良い環境になったのは間違いないですよね。

ボクシングが題材となっている映画はたくさんありますが、やはりボクシング映画の定番と言えば、
ロッキーではないでしょうか。

私はロッキーの大ファンで、実際に映画の撮影場所であるフィラデルフィアのロッキーステップを映画のシーンのように走ったことがあります!

英語学習で諦めかけた時も、映画の名言があったからこそ、続けることができたと言い切れるぐらい、映画は英語の学習に欠かせません。

英語で英語学習のモチベーションを上げるというのは、学習を継続していく上でとても重要なことだと私は思っています。

ここで、ロッキーの名言を見ていきましょう。

“Let me tell you something you already know.The world ain't all sunshine and rainbows.
It's a very mean and nasty place and I don't care how tough you are it will beat you to your knees and keep you there permanently if you let it.
You, me, or nobody is gonna hit as hard as life. But it ain't about how hard ya hit.
It's about how hard you can get hit and keep moving forward. How much you can take and keep moving forward.
That's how winning is done!”

【和訳】
だがおまえにも分かっているはずだ。世の中はいつもバラ色じゃあない。それなりに厳しく、つらいことも待ってる。
気を抜いていたらどん底まで落ち込んで、二度と這い上がれなくなる。
それが人生だ。人生は、どんなパンチよりも、重くおまえを打ちのめす。だがどんなにきついパンチだろうと、どれだけこっ酷くぶちのめされようと、休まず前に進み続けろ。ひたすら苦痛に耐え、前に進むんだ。
その先に勝利がある。

“Going in one more round when you don’t think you can. That’s what makes all the difference in your life.”
(できっこないと思っていた“ もう1ラウンド”をやることで、人生がすべて変わるんだ)

いかがでしょうか。燃えてきましたね!

アメリカに旅行や留学で行く予定の方は、ロッキーを観てから、フィラデルフィアに訪れる事をオススメします。

海外の有名なボクシング選手

フィリピンの英雄 マニーパッキャオ

続いてはフィリピンの英雄とも言われているマニーパッキャオ選手についてです。

フィリピン人講師とのフリートークレッスンで使えそうなネタですので、どんな人か知っておくと良いと思います。

パッキャオの生い立ちは決して恵まれたものではありませんが、ボクシングの世界チャンピオンとして大成功し、現在は政治家として、大統領になることを目指しているそうです。

マニーパッキャオのフィリピンに対する愛溢れる名言がこちらです。

“I want the people of the Philippines to be happy, even if they have nothing.”

試合やインタビューもYouTube等の動画でたくさんありますので、是非チェックしてからフリートークでフィリピン人講師と語り合ってください。

那須川天心vsメイウェザー

ボクシングだけでなく、世界にはたくさんの格闘技があります。

最近では日本で那須川天心vsメイウェザーが話題になりましたね。

私は大学生時代に、那須川天心の試合を生で観ました。

高校生ファイターとして、大人の相手を倒せるのか?と観戦前は思っていましたが、圧倒的なスピードで年の離れたベテランの相手を倒した姿がとても印象的でした。

メイウェザーはプロボクシングのチャンピオン、那須川天心はプロキックボクシングのチャンピオンですが、ボクシングルールで戦うことになり、ブログやSNS上でも世界の格闘技ファンが戦いについて投稿されていました。

試合ではメイウェザーが勝利しましたが、試合後のコメントからは、天心選手と日本の格闘技ファンへのリスペクトの気持ちが伝わりました。

"I want to say thank you to Tenshin. This don’t go on our record,"
"We are both still undefeated. He is a great champion and a great fighter.
"I am still retired, I don’t look to come back to boxing. I came back for entertainment for the people of Japan.
"I want the fans all around the world to support him. He is a great fighter and a great champion."

インタビューの言葉は、音読練習の文章に最適です。実際のインタビュー動画を見て、シャドーイングのように真似してみるのも良い練習かもしれません。

異種格闘技

どの技、どの戦いのスタイルが最強なのか。格闘技ファンの中では、良く議論になる内容ですね。

英語学習者はどんな英語学習のスタイルが最強なのか考えていると思います。

今もなお、伝説として語り継がれているブルースリーは空手や柔道、ボクシングなど1つの戦い方をマスターするという考えを信じず、ブルースリー自身でジークンドーという戦い方を作り上げたのは有名な話です。

ブルースリーはワシントン大学で哲学を専攻していて、映画のシーンには哲学的な台詞がたくさん入っています。

私の好きなブルースリーの名言の一つがこちらです。

Adapt what is useful, reject what is useless, and add what is specifically your own.

さまざまな勉強法があって、何をやれば良いの?と思っている英語学習者は、上記の一言を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ポッドキャスト

英会話のリスニング教材として、ポッドキャストを使用している学習者の方も多いですよね。

ここでオススメの格闘技好き向けのポッドキャストを紹介します。どちらも無料で聴くことができますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

Bruce Lee Podcast

ブルースリーの哲学に関しては、Bruce Lee Podcastで詳しく聞くことができます。
なんと実の娘シャノンリーがメインスピーカーです。

妻のリンダもゲストとして頻繁に参加しており、ブルースリーの哲学について話しています。

Bruce Lee Podcastは、哲学系の話なので、難しい単語が多く出てくる回もありますが、人生について深く考えさせられる内容なので、英語で考える力がつくと思います。

The Joe Rogan Experience

コメディアンであり、総合格闘技団体UFCのメインコメンテーターである、ジョーローガンのポッドキャスト。

ゲストは芸能人、コメディアン、大学教授と幅広く、さまざまなテーマについて議論されています。

ボクシングについての話も多く取り上げられており、先日はボクシング元ヘビー級王者マイクタイソンが出ていました。

The Joe Rogan Experienceはジョーローガンとゲストの会話のテンポが良く、日常会話に使えるフレーズを学ぶことができます。

YouTubeでmotivational videoと検索すると、ジョーローガンの動画も見つかります。

ほとんどが上記のポッドキャストでの発言で構成されていました。

ここでジョーローガンのモチベーションの上がる言葉がこちらです。

“If your life was a movie, and it started now – forget about whatever financial disasters you’ve had, personal failures, relationship failures – what would the hero of your life’s movie do right now? Do that! Do those things"

英語学習で諦めかけた時は、このようなモチベーションの上がる動画を英語で見て、聞いて、継続していきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ボクシング好きな人は、この記事で紹介した著名人物や英語、ポッドキャストをうまく活用して英語学習に生かしてください。

ではまた次のブログでお会いしましょう!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.