入学おめでとうは英語で何て言うの?

f:id:nativecamp_official:20180427135351p:plain

ランドセルと桜

皆さん、こんにちは。

春を迎え、学校にご入学された方、進級し新学期を迎えられた方、
ご入社された方など様々な形で皆さん新しい“2018年度”を迎えられたかと思います。
ご入学された皆様ご入社された皆様、
おめでとうございます。
そろそろ新しい生活にも慣れてきた頃でしょうか?
どうか素敵な学校生活、あるいは会社生活を送って下さい。

また、春と言えば桜ですよね!
ネイティブキャンプの「デイリーニュース」のレッスン受講時に知ったのですが、どうやら今年は桜の開花時期が例年と比べとても早かったとか。

デイリーニュースは毎日新しい記事が更新されるのですが、正直こんなにもタイムリーな記事が更新されているとは知らず驚きました。色々なジャンルのニュースがあるため、私のお気に入りの教材の一つです。
https://nativecamp.net/user/textbook/series/76

そして残念ながら、フィリピンには桜は咲かないので、桜もお花見も恋しいばかりです。
また、フィリピンには季節が乾季と雨季の二つしかないので
桜だけでなく、私の一番好きな季節である春もないため日本の四季がとても恋しいです。
毎年春は、なんだかワクワクした気持ちになりますが、
フィリピンでは4月が新たなスタートの時期ではないため春特有のワクワクした気持ちは味わえていません。

しかしながら海外では、4月入学は一般的ではありません。
国によって時期は異なりますが、アメリカやカナダ、イギリスをはじめとする多くの国が9月に入学シーズンを迎えます。

ここからは「入学」に関する英語の表現をご紹介して行きます。
題名にもあるように、今回のゴールは「入学おめでとう」というお祝いのフレーズをマスターすることです。

①「入学」に関する英語表現

入学

・ entrance into a school
entranceという単語は日本でもよく使われるのでご存知の方も多いのではないでしょうか?
入り口、入ることという意味を持つ名詞です。
“entrance into〜”で、「〜に入ること」という意味を成します。
ですので、entrance into a schoolは「学校に入ること」、
つまり入学という意味です。

・ enrollment
不可算名詞で、入学という意味を持ちます。
こちらの単語は、一語で「入学」という意味を持ちます。

・ admission to a school
admissionで、(学校や場所などに)入るのを許すこと(許されること)という意味を持つ名詞であり、特にadmission to a schoolで「入学」となる。

入学という日本語1つでも、英語では様々な言い回しが出来ます。
入学という単語に限らず、日本語を英訳しようとすると様々な言い回しが出来るのです。
そこもまた、英語を学んでいく上での面白い点ですね。

入学する

・ enroll in school
先程登場した“enrollment”の動詞形です。
“enroll”で「入学する」という意味を持ちます。

・ enter a school
こちらはそのままの意味ですね。
「学校に入る」で「入学する」です。
ここで注意しなければいけないことは、“enter”を「〜に入る」という意味で使う場合には、「〜に」を表す前置詞“in“がいらないということです。
間違いやすいので、気を付けましょう。

入学式

・ entrance ceremony
ちなみに、卒業式はgraduation ceremonyです。
どちらも、「入学」「卒業」を表す単語と、「式典」という意味のceremonyを併せて出来ています。
日本語でセレモニーというと、学校というよりかは企業などによって行われるセレモニーパーティーを連想してしまいがちではありますが、本来の英単語のceremonyは、そのような企業主催の物から学校の入学式・卒業式、また儀式など幅広く使います。

入学試験(入試)

・ admission test
そのままの意味ですね。先程admissionにつきましてもご説明させて頂いたので、こちらでは省略します。

・ entrance examination
こちらも言わずもがなですね。
examinationで「試験」を表しますが、examと省略して言うことが多いですので、覚えておきましょう。(スペルも短いので覚えるのも簡単です(笑))
また、admission testと比べると、こちらの表現の方がよく使われます。

いかがでしょうか。
ここまでは、「入学」に関する英語表現をご紹介させて頂きました!
聞いたことのある単語も多かったのではないでしょうか?

では、ここからは「入学おめでとう」というお祝いのフレーズをいくつかご紹介させて頂きます。

②「入学おめでとう」~英語で言ってみよう~

入学おめでとう

・ Congratulations on being accepted to the university.
・ Congratulations on your admission to ○○school.
・ Congratulations on entering ○○school.
・ Congratulations on getting into your new school.

まとめてご紹介させて頂きましたが、全てに共通している部分がありますよね?

“Congratulations on〜”
これは、「〜おめでとう」というフレーズで、
様々なお祝いの言葉としても使えます。
ここで注意が必要なのですが、前置詞onの後は名詞形でなければいけません。
上でご紹介しているenteringもenterという動詞の原形に、ingを加えることによって動名詞、すなわち名詞形となっていますよね?
このように、動詞にingを加えることで品詞が変化します。

また、Congratulations!のみでも、「おめでとう!」という意味で使うことが出来るため、お祝いの内容が会話の流れなどによって明確に分かる場合には“Congratulations!“一言でも大丈夫です!

ちなみに、カナダ人のネイティブ講師に聞いたところによると、
「入学おめでとう」と言う際には、併せて“Good luck.”“All the best to you.”
などといった幸運を願うという旨のお祝いメッセージも送るそうです。

是非、海外にご友人がいる方など機会があれば
ご紹介させて頂いたフレーズをお祝いのメッセージに使ってみて下さい!

③おまけ

“Congratulations on〜”について少しご紹介させて頂きます。
先程も述べましたが、“Congratulations on〜”は本当に幅広く、様々なお祝いの場面で使えます。

例えば、

結婚おめでとう

・ Congratulations on your marriage/wedding.
“marriage”はmarry(結婚する)という動詞の名詞形であり、
「結婚」という意味を持ちます。
Weddingは、日本でもよく使われますよね。

出産おめでとう

・ Congratulations on your new baby.
・ Congratulations on your new boy/girl.
・ Congratulations on having a baby.

卒業おめでとう

・ Congratulations on your graduation.
・ Congratulations on graduating.

他にも様々なお祝いに使える表現になっているので、
色々なシチュエーションにて活用してみて下さい!
ここで注意しなければならないことが一つあります。
例えば、誕生日のお祝い「誕生日おめでとう」は、“Happy Birthday!”と言いますよね?
他にも、“Happy New Year!”などで使いますよね?
このように、“Happy〜”というフレーズで「おめでとう」と言うものに関しては、“Congratulations on〜”は使いません。


また、先程ネイティブスピーカーは「入学おめでとう」と言う際には、
併せて幸運を願うという旨のお祝いメッセージも送ると言いましたが、
これは「入学おめでとう」だけに当てはまるものではありません。
なので、
“Happy〜”・“Congratulations on〜”両方に対して言えることですが、
お祝いのメッセージを言う際には、一言添えるとより祝福の気持ちが伝わるはずです!


ではでは、今回はここまでとさせて頂きます。
少しでも参考にして頂けたら幸いです。

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.