バーで使える英語!便利フレーズと海外のバー事情

f:id:nativecamp_official:20190609224732j:plain

いきなりですが、みなさんはバーへ行くことがありますか?
老舗のカウンターバー、ホテルのバー、英会話バーなどいろいろなバーがあります。

私はもっぱら、バーというよりもパブで「交剣知愛」です。

交剣知愛とは、剣道において「剣を交えて愛しむを知る」という意味です。

剣道未体験にもかかわらず道場のおかみをしている私は、第二道場(稽古のあとの交流会という名の飲み会)で交剣知愛に勤しんでいるのです・笑

さて、バーで外国人と英語で話すことがあれば、飲む人・飲まない人関係なくコミュニケーションを取る絶好のチャンスになります。

英会話の学習をしている人にとっても、海外へ旅行に行かずともネイティブスピーカーと話す機会になったりします。

・どんな風に会話のきっかけを作るか知りたい
・バーでドリンクをオーダーするには?
・英会話バーってどんなところ?
・ビジネスで外国人上司や同僚をバーやレストランに招待したい
・海外生活でバーに行くときに使える英会話フレーズが知りたい
・外国のバーと日本のバーには違いがある?
・海外の人気お酒事情が知りたい

今回は、バーという社交場で生きた英語を使いこなすために「バーに関する英会話表現」を紹介するとともに、外国のバー事情についてもお届けします!

バーに関連する英単語を覚えよう

まずは、いわゆる酒場・飲酒店のバーに関連する英単語を確認していきましょう。

bar バー
bar counter バーカウンター
favourite bar 行きつけのバー
bartender バーテンダー
pub パブ
Japanese pub 居酒屋
Irish pub アイリッシュパブ
beer ビール
a pint of beer 1パイント(約568ml)のビール
lager ラガー
ale エール
dark beer ダークビール 
draft beer 生ビール
wine ワイン
a glass of red/white wine グラスの赤/白ワイン
cocktail カクテル
nibble おつまみ
sober しらふ
tipsy ほろ酔い

nibble・sober・tipsy以外は、使い慣れた英単語ばかりではないでしょうか?

これらの英単語を使い、例えば以下のような英会話ができます。

Riku: Can you recommend any bars in Tokyo?
Toru: Yes, my favourite bar in Ginza.
R: Why do you like that bar?
T: Because they have many different beers and delicious nibbles.
R: I see. I will try to go there this weekend!


陸: 東京でおすすめのバーある?
透: ぼくの行きつけのバーが銀座にあるよ。
陸: どうしてそのバーが好きなの?
透: いろんな種類のビール、そしておつまみが美味しいんだ。
陸: なるほど。この週末に行ってみようかな!

バーで困らない英文フレーズ

次は、実際にバーで使える英文フレーズをシーン別にみてみましょう。

オーダー編

ますはドリンクをオーダーしたいですね。

スタッフからは
“What would you like?”
(何をオーダーします?)
と聞かれますのでその場合、とってもシンプルなフレーズでオーダーします。

Can I have ○○○?
I would like ○○○.
○○○, please.

○○○に飲みたいものを当てはめてオーダーしてみてくださいね。
○○○には飲み物だけでなく、食べ物を当てはめることもできます。

会計編

ドリンクをオーダーするたびに支払いをすることを“cash on delivery”と呼びます。

Can I use my credit card?
(クレジットカードで支払えますか?)

Do you accept cash?
(現金でも大丈夫ですか?)

想定される質問編

バーのカウンターで順番を待っているとき、スタッフから
「Are you being served?」
と聞かれることがあります。

これは、
「もうオーダーは聞きましたか?」
という質問であり、答えは
「Yes, I’m being served./Not yet.」
となります。

バーで話しのきっかけになる英文フレーズ

バーやパブはきさくに声を掛けあえる場所。
ただ「Hi」と挨拶するのも悪くはありませんが、ちょっとしたおしゃべりをしてみませんか?

会話はいたって自然な感じでできるといいですね。
いくつか英文フレーズをみていきましょう。

まずは、話のきっかけ作りです。
Excuse me, what are you drinking?
(すみません、何を飲んでいるんですか?)

It is a great bar, isn’t it?
(良いバーですね。)

会話が始まれば、こんな質問フレーズが便利です。
Do you often come to this bar?
(このバーにはよく来るんですか?)

Do you enjoy living in Japan?
(日本に住むことを楽しんでますか?)

もし、ラグビーやフットボールのワールドカップや大きな大会がある時期であればぜひ話題にしてみましょう。
Are you going to watch the rugby world cup?
(ラグビーワールドカップ、見ますか?)

最近話題の映画やテレビシリーズの話題も盛り上がる可能性が高いですね。
Have you watched Game of Thrones season 8?
(ゲームオブスローンのシーズン8、見ました?)

さて、透くんから行きつけのバーを聞き、早速銀座に来た陸くん。
入ったバーではカウンターでMarkがビールを飲んでいます。

陸くんは飲み物を注文しにカウンターへ行きます。
ここで、どんな英会話ができるか雰囲気をみてみましょう。

Riku: Hi, can I ask what kind of beer you are drinking?
Mark: Hi, it’s ale. It has a fruity taste.
R: Thanks. I’ll have to try it. Can I have the same one that he is having?
M: You will like it.
R: This is very good! You were right, I like it! Do you like beer?
M: I don’t like beer but I love white wine. How about you?
R: I like beer, wine, sake, cocktail…By the way, I am Riku, nice to meet you.
M: OK. So you love drinking, hahaha. I am Mark, lovely to meet you!


陸: ハイ、何を飲んでるのか聞いていいですか?
マーク: これはエール。フルーティだよ。
陸: ありがとう。試してみます。彼が飲んでいるのと同じものを注文していいですか?
マーク: きっとこれ好きだよ。
陸: 当たりましたね、これ美味しい。ビールが好きなんですか?
マーク: ビールもいいけど、白ワインが好きだな。君は?
陸: ぼくはビール・ワイン・酒にカクテルが好きです。ところで(挨拶が遅れましたが私の名前は)陸です。初めまして。
マーク: 飲むの好きなんだね。マーク、初めまして。

ドリンクの話しだけですが、会話をこれだけ続けることも可能ですね。
バーやパブでは個人的な話に持っていかなくても会話を弾ませることができます。

バーでの会話で便利なトピックと避けるべきトピック

その場で居合わせた人との会話を楽しむのに便利なトピックがあります。
避けたほうが良いもののと合わせて紹介しましょう。

便利なトピック
・音楽
・スポーツ
・映画
・テレビ番組
・ニュース
・ゴシップ
スポーツバーであれば、サッカーやラグビーのトピックも大変共通のものになります。

避けたいトピック
・政治
・宗教
・人種
その場で居合わせた人とのトピックですのでこれらが避けたいものになりますが、イギリスでは知り合い間では政治についてもとても活発におしゃべりします。

さて、ここからは少しビジネスシーンに目を向けてみましょう。

外国人上司や同僚をバーやレストランに招待したい

お仕事をされている人なら、歓迎会などで上司や同僚をバー・レストランに招待するような機会もあるでしょう。

相手が外国人ということもありますね。
現代ではメールでの招待が一般的ですので、そんなときに使える便利な英文フレーズを準備しておきましょう。

外国人を招待する英文フレーズ

I’d like to invite you to a welcome party at the restaurant in the Sky hotel that will start at 19:00 on Friday, 25th of July.
Please let me know if you will be able to attend by Friday 4th July.
Hope you will be joining us.
I am looking forward to hearing from you.


7月25日(金曜)夜7時よりスカイホテル内レストランにて行われる歓迎会にご招待致します。
ご出席または欠席の旨を7月4日(金曜)までにお知らせください。
ご出席いただけますよう願っております。
お返事を楽しみにお待ちしております。

※日時や開催場所を明確に伝え、返信には1ヶ月間ほどの余裕を持てるよう早めに招待状を送りましょう。
最後の決まり文句、
I am looking forward to hearing from you.
をお忘れなく!

口頭で飲みに誘う場合の英文フレーズ

もう少しカジュアルに、外国人を飲みに誘いたいときの英文フレーズも紹介します。
英語であれば、相手が上司でも同僚でもその表現はさほど変わりません。

Hi, Stanley, would you like to go for a drink tonight?
(スタンリー、今晩飲みに行かない?)

Are you free tonight? I plan to go for a drink after work, would you like to join me?
(今晩フリーですか?仕事終わりにちょっと飲もうかと思っているんだけど一緒にどう?)

go for a drinkで「飲みに行く」です。
この表現を覚えてしまえば簡単に誘えますね。

さて話題はコロリと変わりますが、みなさんは英会話カフェ&バーをご存知ですか?

英会話カフェ&バーってどんなところ?

英会話カフェ&バーとは英会話スクールとは違い、カジュアルな雰囲気の中、自由に英会話ができるカフェです。

講師がいる英会話カフェ、講師がいない英会話カフェとあり、参加のたびに参加費を支払い外国人を目の前にして気軽にフリートークができますので英語を学習している人は一度は試してみるといいかもしれません。

参加費はリーズナブルでたいていの英会話カフェで1,000円前後(1時間)といった料金設定です。
バーを備えた英会話カフェでは、アルコールとソフトドリンクの飲み放題付きで2,100円(70分)というようなメニューもあります。

英語しゃべり放題・飲み放題とくれば、恥ずかしがっているより積極的に行動したほうが断然お得ですね。

全国各地にある英会話カフェ&バー、英会話スクールやオンライン英会話と並行しての利用を検討してみてはいかがでしょう!

さて、ここからは海外のバー事情をお届けします。

海外のバーで便利な英文フレーズ

海外に住んでいて地元のバーへ行ったり、海外旅行中に滞在先ホテルのバーへ一杯飲みにいくのはよくあることです。

そんなときに使える便利な英文フレーズを紹介しましょう。
とりあえず、最低でもオーダーができて会計ができれば良いですね。

オーダーする

Can I have a pint of Guinness please?
(1パイントのギネスをください。)

Can I have a glass of red wine please?
(グラスの赤ワインをお願いします。)

Do you have a food menu?
(食べ物のメニューはありますか?)

Can I order some olives?
(オリーブをください。)

Can you recommend dry/sweet/fruity/full-body/rich red/white wine?
(辛口/甘口/フルーティ/フルボディ/芳醇な赤/白ワインのおすすめありますか?)

Can I have another one?
(もう一杯お願いします。)

Can you make it a little stronger?
(もう少し強くしてください。)

Can I buy you a drink?
(ごちそうするよ。)

テーブルで会計をする

Can I have the bill, please?
(会計お願いします。)

It’s my treat.
(ここはぼくのおごり!)

こうしてみるとオーダーするときの多くのフレーズが“Can I have 〇〇〇〇”というパターンだということが分かります。
または、“I would like 〇〇〇〇”も大変便利なフレーズです。

外国のバーと日本のバーの違いは?

外国と日本のバーの違いで大きなものは、やはりチップでしょう。
これは食事をしたときに適用され、学生はチップを払わないでよいというルールがあります。

ドリンクと一緒に何か食べた際はお会計に10%ほど上乗せしたり、お会計後にテーブルにコインを置いておいたりします。

日本人には馴染みのない習慣ですが、アメリカやイギリスではチップは払うものという感覚ですので払い忘れないようにしてくださいね。

海外で人気のお酒は?

最後に海外で人気のお酒事情をご紹介しましょう。

イギリスであればやはりビール、ワインも大変人気です。
アメリカもやはりビールが一位、そしてスピリッツと続くようです。

そして、夏になればジンベースできゅうりを入れるピムスや、ラムベースでミントの葉たっぷりのモヒートも大人気です。

「What is the most popular cocktail?」
(一番人気のカクテルは何ですか?)
などと人気のお酒をお店のスタッフに聞いてみるのも、コミュニケーションになって良いですね。

バーで使える英語!まとめ

行ったことがないと緊張するバーも、一旦足を踏み入れるとそのフレンドリーな雰囲気にすぐ慣れますしドリンクや食べもののオーダーもすぐにできるようになります。

ただし、お酒が入りますので楽しく英会話ができる反面、変な遊び人に掴まらないよう気をつけることも必要です。

自己責任の上、楽しんでくださいね。
ドリンクを受け取ったら、「Cheers!/Thanks!」もお忘れなく!

Copyright © 2019 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.