ハワイにはハワイの英語がある!?レインボーアイランドの英語事情とは?

Hawai


ハワイは日本人に昔から人気のリゾート地としてお馴染みです。アクティブなマリンスポーツをするも良し、買い物を楽しむも良し、ゆっくりホテルやビーチでリラックスするも良し、大自然を感じるも良し、と様々な楽しみ方ができるのが魅力です。

ちなみにハワイは自然豊かな島でよく虹がかかることからレインボーアイランドとも呼ばれています。アクティブに楽しむこともリラックスすることもできる日本人に人気のハワイですが、やはり外国なので言葉に不安がある人もいるかもしれません。

・ハワイはやはり英語が話せないと楽しめない?
・ハワイの英語は一般的に学校で習った英語と違うらしいけど大丈夫かな?
・せっかくハワイに行くからハワイらしい英語を知りたい
・ハワイでよく使う英語表現をおさえておきたい

ハワイについてこんな悩みや疑問をもつ人のために、本記事ではハワイで役立つ英語をご紹介します。

 

 

英語が苦手でもハワイを楽しめる?

結論からいえば英語がほとんど話せなくてもハワイを楽しめるのですが主に2つの条件があります。

・オアフ島のワイキキエリア周辺に限られば日本語だけでもなんとかなる
・日本語ツアーに参加すれば、英語がほとんど話せなくても大丈夫

ハワイは日本人が多いため英語が話せなくても何とかなると言われています。確かに英語が苦手でもハワイ旅行を楽しめなくはありません。確かに日本語だけでも不自由なくハワイを楽しむことも不可能ではありません。

例えば日本人観光客が多いオアフ島のワイキキ周辺のリゾートビーチならお店もホテルも日本人観光客の対応に慣れています。オアフ島の一部の地域だけで過ごすのであれば確かに英語があまり話せなくても困りません。

また、日本人向けのパッケージツアーに参加した場合も英語を使うことはほとんどなく添乗員に様々なことを任せて、日本語だけで悠々自適に観光を楽しむこともできます。ハワイは確かに旅行の仕方次第で英語が苦手でも楽しめる観光スポットです。

しかしハワイでもワイキキエリアから一歩、足を伸ばすと途端に日本語が通じなくなってしまいます。例えばハワイのオアフ島には有名なハナウマ湾という美しいビーチがあります。ハナウマ湾にツアーを使わずに行こうとする場合、ほとんど英語で会話が出来なければたどり着くのが難しいこともでてきます。

またパッケージツアーではなく個人旅行をする場合も全て日本語で押し通せず英語を使わざるを得ないシーンもあります。ハワイを英語が苦手でも楽しめるところもありますがワイキキ周辺での観光に限定する場合や日本語のツアーに参加する場合などに限られます。

ハワイを本格的に楽しむなら英語はやはり、話せたほうが楽しめる幅が広がります。

 

ハワイの英語は個性的?ハワイ英語の特徴とは

英語は今やイギリスやアメリカだけの言語ではありません。例えばシンガポールにはシンガポールの英語がありますし、マレーシアにはマレーシアの英語、インドにはインドの英語があるという具合に英語は世界の言葉になっています。それぞれの国や地方で個性を持った英語として根付いているのです。ハワイも例外ではありません。

例えば発音が「The」が「Da」になったり、「Don’t worry」が「No worry」になるなど日本の英語の教科書では習わない発音や表現があります。

ハワイはもともと世界中からの移民が集まってきた経緯があります。そのため移民やもともとハワイに住んでいた人たちが使いやすい、話しやすい形に英語が変わっていきました。そのためリズムと音、さらには独特の表現がハワイで発達しました。

ハワイの英語はいわゆるブロークンな英語で世界中の移民にも馴染みやすいリズムや音と共にハワイらしい英語が出来あがっていきました。

そして個性的なハワイの英語はピジン・イングリッシュと呼ばれるようになりました。

 

ハワイのピジン・イングリッシュの単語

ハワイのピジン・イングリッシュはかなり独特です。観光のためだけに覚えるのは、なかなか大変かもしれません。少しだけピジン・イングリッシュの表現を見てみましょう。

(英語)/(ピジン)
How are you? / Howzit  (調子はどうですか)
Delicious / Broke da mout (美味しいです)
Why / Fo’what (どうして)
Really / Fo’real (本当?)
Let’s go / Hele on(さぁ、いきましょう)
Care / kokua(気にかける)
Finished / Pau(終わらせる)
Eat / grind(食べる)
Food eat / kau kau(食べ物)
I don’t need it / No need (要りません)
Garbage / rubbish (ゴミ)

このように英語とピジン・イングリッシュを比べてみると大分、語彙が違うことが分かります。

ハワイの観光のためだけにピジン英語の語彙を覚えるのは大変かもしれません。しかしハワイのピジン・イングリッシュが生まれた背景、例えば移民の歴史やハワイにもともと住んでいた人達との交流や歴史がピジン・イングリッシュが育まれていったという背景を覚えておくだけでもハワイに対する見方が変わり文化的な理解にも繋がるのではないでしょうか。

 

使えるとハワイが楽しくなるハワイ語を知ろう

ハワイ語はハワイ諸島にもともと住んでいたポリネシア系のハワイ人の言語です。ハワイ語は英語と共にハワイ州の公用語に指定されています。ハワイでは英語以外にもハワイ語が使われているシーンを多く見かけます。

例えばハワイを代表する銀行の一つBank of Hawaii にはバンク・オハナという名前の総合口座があります。バンクは銀行という意味だとすぐに分かりますがオハナの意味はハワイに親しんでいないと分からないのではないでしょうか。

オハナはハワイ語で実は家族や仲間、お互いに助け合う人という意味があります。このようにハワイ語はハワイでは何気ないところで使われているので代表的なハワイ語を覚えておくと、ハワイ旅行をより楽しめるのではないでしょうか。

ハワイ語の代表例

ハワイでよく使われる代表的なハワイ語をまとめてみました。ハワイに行った時に少し使ってみるだけでも現地の人から良い反応があるかもしれません。またハワイで良く見聞きできるのでハワイ語を探してみるのも楽しいでしょう。

ハワイ語であいさつ

Aloha / こんにちは
Mahalo / ありがとう
e hui hou / また、会いましょう
hana hou / もう一度、アンコール

ハワイ語の自然にまつわる言葉

ahi / マグロ
ono / サワラ
kalo / タロイモ
honu / 海ガメ
naia / イルカ
mauka / 山側
makai / 海側
anueue / 

ハワイ語の人にまつわる言葉

Kane / 男性
Wahine / 女性
Keiki / 子ども
Ohana / 家族・仲間

ハワイ語の食べ物にまつわる言葉

Wai inu / 飲料水
Wekeke / ウィスキー
Pipi / 牛肉
Palaoa / 小麦粉
Kope / コーヒー
Laiki / 
Hua / 玉子

ハワイ語の時間にまつわる言葉

Hola / 時間
Kakahiaka / 午前
Auinala / 午後
Kakahiaka / 
Aluna awakea / 昼過ぎ
Po / 
Aumoe / 夜遅く
Kulu aumoe / 真夜中

ハワイ語は単語が英語とは異なるため、一から覚えなければいけない大変さがあります。しかし、ハワイならではの言葉と表現はハワイの日常で多く使われているため、少しハワイ語を知るだけでもハワイが身近になります。

まずはaloha (こんにちは)とmahalo(ありがとう)だけでも覚えて使ってみるとハワイに来た実感が得られるかもしれませんね。

 

ハワイ観光でよく使う英会話フレーズ集

ハワイにはピジン・イングリッシュやハワイ語もありますが代表的な旅行英語が話せるだけでも十分に楽しむことができます。ピジン・イングリッシュやハワイ語を覚える余裕がなくても一般的な日常英会話を覚えればハワイで十分に観光や旅行を楽しむことができます。

空港の入国管理の英会話

ハワイの空港ではまず、はじめに入国審査があります。

例えば
Q:How long are you staying in Hawaii?
 (どれぐらいハワイに滞在する予定ですか?)
Q:How long do you intend to stay in?
 (どれぐらいハワイに滞在するつもりですか?)

A:例 I’m staying five days in Hawaii.
 (ハワイに5日ほど滞在する予定です。)
このように答えます。

滞在期間を聞かれる質問が多いです。滞在期間を聞かれても答えられるようにしておきましょう。また、宿泊先を尋ねられることもあります。

例えば
Q:Where are you staying?
 (どこに滞在するのですか?)
Q:Have you booked?
 (予約は取ってありますか?)
Q:Have you reserved an accommodation?
 (宿泊先はどこか予約しましたか?)

A:例 I’m staying at Hawaii hotel.
 (私はハワイホテルに宿泊予定です。)
A:例 I have a reservation at Hawaii hotel.
 (私はハワイホテルの予約をとりました。)

滞在目的を聞かれることもあります。

Q:What is the purpose of your visit?

A:Holiday / pleasure ( 個人的な休暇です。)  
   Business (仕事です。)

入国審査は1人で英語で答えなければならないシーンも多いので、しっかり答えられるようにしておくと安心です。

ハワイ観光中によく使うフレーズ

ハワイに限らず一般的によく観光で使う英語のフレーズを覚えておくだけでもハワイ旅行は大分楽になります。

・Do you have a menu in Japanese?
 (日本語のメニューはありますか?)

・Check, please.
 (お会計お願いします。)

・How much is this?
 (おいくらですか?)

・Keep the change.
 (お釣りは取っておいてください。)

・Can I pay with credit card?
 (クレジットカードで支払いはできますか?)

・Excuse me. Could you tell me the way to・・・.
 (すみません、・・・までの道を教えてください。)

・Can you exchange JPY to USD?
 (日本円と米ドルを両替してくれませんか?)

・Does this bus go to the Hawaii Store?
 (このバスはハワイストアまで行きますか?)

・Can I take a taxi?
 (タクシーをお願いできますか?)

・I’d like to rent a car for two days.
 (レンタカーを2日借りたいです。)

・Which beach do you recommend?
 (どのビーチがおすすめですか?)

・Could you tell me how to get to the Lanikai beach?
 (ラニカイビーチの行き方を教えてくれませんか?)

一般的な観光で使える英語のフレーズを覚えておくだけでもハワイでの観光がかなり快適になります。ピジン英語やハワイ語を覚える余裕がない場合は一般的な観光で使う英会話を覚えておくだけでも十分です。

 

まとめ

日本語だけでもハワイは楽しめると言われていますがワイキキ周辺や観光客向けのツアーを利用した場合などに限られています。ハワイにはピジン英語とハワイ語というハワイ独自の英語や言葉もあります。

これらを覚えておくとよりハワイ旅行を楽しめるのではないでしょうか。ただしピジン英語やハワイ語は語彙が特殊。

もしも余裕がなければ一般的な観光で使える英会話のフレーズを覚えておくだけでもハワイ旅行を楽しむことができます。

「旅行英会話を覚えたい!」という方には、ネイティブキャンプの「旅行英会話」教材がおすすめです。
講師とロールプレイをすることにより、実際のシーンを想定した練習をすることができます。

ぜひ試してみてくださいね!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.