英語で歌う歌手について知りたい!洋楽で楽しく英会話♪

singer


英語学習者の中には「洋楽を聞き取れるようになりたい!」

「英語の歌をカッコよく歌えるようになりたい!」と思う人も多いのではないでしょうか。

私も叔母の影響で洋楽が大好きで、小さい時はThe Sound of Music(サウンド・オブ・ミュージック)の映画を見たり、Carpenters(カーペンターズ)を聞くのが大好きで今では洋楽ばかり聞いています。

映画や音楽について話す機会は結構あると思いますので、今回は、英語の歌にまつわるエトセトラをご紹介したいと思います。

 

 

◆洋楽のジャンルって英語でなんて言うの?

まず皆さんが想像する洋楽はほとんどが「欧米の英語の歌」と思いますが、洋楽は英語でforeign musicや、English songと言います。

どちらも洋楽に変わりはないのですが、ニュアンスの違いは、foreign musicはいわゆる「外国の音楽」で、English songは「英語の歌」といった違いがあります。

ジャンルは“genre”(発音はʒάːnrə)で、「どんなジャンルが好き?」と聞く場合は、「Which genre of music do you like?」や、ジャンルという単語を使わずに「What kind of music do you like?」とも言えます。
*What kind of 〇〇〜?(どんな種類の〇〇〜?)はお決まりフレーズとして様々な場面で使えるので便利ですよ!

◆洋楽のジャンルとおすすめアーティスト

では次に、代表的な洋楽のジャンルを英語で何と言うか見ていきましょう。

音楽のジャンルはそれぞれに細かく派生したジャンルに細分化されていますが、ここでは大枠でのジャンルをご紹介します。大枠でも良いので代表的なジャンルを知っておくと、洋楽に関する話題に対して無知ということはないでしょう。

※おすすめアーティストは筆者の独断と偏見で選んでおります。

①POPまたはPop-music(ポップ、またはポップミュージック)

いわゆる今流行っている音楽をまとめてPOP(Pop-music)といいます。
海外の人に日本のポップミュージックと言いたい時は「J-POP」、韓国の場合は「K-POP」といっても伝わりますよ。

POPミュージックで有名な歌手は、Ariana Grande(アリアナ・グランデ)、Bruno Mars(ブルーノマーズ)、Ed Sheeran(エドシーラン)、Beyonce(ビヨンセ)、Justin Bieber(ジャスティンビーバー)等、挙げればきりがない程ですね。

☆おすすめアーティスト
アリアナ・グランデ(Ariana Grande)

God is a woman (Official Video)


Ariana Grande - God is a woman

②EDM(イーディーエム)

まずEDMって何?と思う方も多いと思いますが、EDMとはElectro Dance Music の略で、クラブやパーティーミュージックとして今若い人たちに一番人気のジャンルです。

このジャンルで有名なアーティストは、The Chainsmokers (ザ・チェインスモーカーズ)、Calvin Harris(カルヴィン・ハリス)、Zedd(ゼッド)です。

☆おすすめアーティスト
The Chainsmokers (ザ・チェインスモーカーズ)
Closer ft. Halsey (Official Lyric Video)


The Chainsmokers - Closer ft. Halsey (Official Lyric Video)


③Rock(ロック)

1950年代にアメリカで始まり、全世界で人気となったロックミュージック。伝説のロックスター エルヴィス・プレスリー (Elvis  Presley)や、世界中で大人気だったビートルズ(The Beatles)、最近では、Coldplay(コールドプレイ)や、Maroon 5(マルーンファイブ)が有名です。

また、ロックの特徴として、ドラムやギター等から構成されていますが、若い頃ロックバンドをやっていたという人も多いのではないでしょうか。

☆おすすめアーティスト
Maroon 5(マルーンファイブ)
Sugar (Official Music Video)


Maroon 5 - Sugar (Official Music Video)

 

④HIPHOP(ヒップホップ)

1970年代アメリカニューヨークのブロンクス区で、アフリカン・アメリカンやヒスパニック系アメリカ人から生まれた音楽で、DJプレイを交えてラッパーが歌う(「韻を踏む」といいます)スタイルがメジャーです。Jay Z(ジェイ・ズィー)←ビヨンセの旦那さん、Kanye West(カニエ・ウェスト) が有名ですね。

ちなみに日本でも「ラッパー」と言いますが、これは英語のRap(ラップ)をする人=Rapper(ラッパー)からきています。

全部ではありませんが、この音楽の傾向として、汚い言葉やスラングが歌詞によく出てきます。

☆おすすめアーティスト
Kanye West (カニエ・ウェスト)
Stronger


Kanye West - Stronger

 

⑤R&B(アールアンドビー)

R&BとはRhythm&Blues(リズム・アンド・ブルース)の略で、黒人音楽と深く関係しています。

日本でR&Bのジャンルに位置付けられる歌手は、AI、加藤ミリア、Crystal Kay等が挙げられます。洋楽では、最近人気のThe Weekend(ザ・ウィークエンド)、Alicia Keys(アリシア・キース)、Rihanna(リアーナ)が代表的です。

☆おすすめアーティスト
The Weeknd (ザ・ウィークエンド)
Starboy (official) ft. Daft Punk


The Weeknd - Can't Feel My Face

 

⑥Country Music(カントリー・ミュージック)

最後はカントリーミュージックです。

カウントリーミュージックというと、アメリカ西部発祥でテンガロンハットやカウボーイ等、ウエスタンなイメージでしたが、それは映画等で後々に作り上げられたイメージで、元々はそういったものではなく、起源は労働者階級の白人の音楽だそうです。

これは本当に意外でした。

このジャンルで一番に思いつくのは何と言ってもTaylor Swift(テイラー・スウィフト)ですが、最近はあまりカントリー調ではなく、ポップ界でのスーパースターになった気がします。 

☆おすすめアーティスト
Taylor Swift (テイラー・スウィフト)
Fifteen


Taylor Swift - Fifteen

 

◆英語で音楽について話す

ここでは会話例をいくつか紹介します。

・あなたの好きな歌手は誰ですか?
Who is your favorite singer?
Who are your favorite singers? 複数形

 (回答例)
Taylor Swift is my favorite singer. She is also a fashion icon.
(テイラー・スイフトが私の好きな歌手よ。彼女ってファッションアイコンでもあるの。) 

この「Singer」を「artist」(アーティスト)に置き換えることもできますが、artistは芸術家・美術家・画家のニュアンスが強いです。他にも「musician」(ミュージシャン)は音楽家、演奏家や作曲家の意味が強くなります。

・Ed Sheeranの新曲はもう聞いた?
Have you already listened to Ed Sheeran’s latest song?

 (回答例)
No, I have not, but his song will be a surefire hit.
(まだ聞いてないの、けど彼の曲は間違いなくヒットするわ。)

新曲はNew songと言いがちですが、Latest songです。
Latestは「最新の」、「最新の」という意味です。
このLatestという単語はよく使います。

・さっき流れていた曲はなんていうの?
Can you tell me the title of the song that was playing earlier?

・最近色んなところで流れているあの歌なんでいうの? 
Do you know the title of the song that we recently heard in many places?

・今更だけどビートルズにハマってるの。
I know it’s kind of too late, but I’m into The Beatles.

It’s kind of too late〜:遅いのは知ってるんだけど〜、
                                       今更なのは知ってるんだけど
I'm into〜:〜に夢中だ、ハマっているという時に使います。

・邦楽と洋楽どっちが好き?
Which do you like better, J-POP or foreign music?

(回答例)
J-POP is better.
(邦楽の方がマシかな。)

Definitely foreign music! I do love Justin Bieber.
(もちろん洋楽よ!本当にジャスティンビーバーが好きなの。)

 

◆洋楽って英語の勉強になるの?

最後に洋楽と英語学習の紐付けですが、結論から言うと「洋楽を聞くことは英語の勉強になります!」
ただ、むやみやたらに聞く、単に聞き流す、これではあまり意味がないと思います。

英語の歌に限らず、例えば自分が全く知らない言語の音楽を聞いた時、何一つとして理解できませんよね?それは当然のことで、例えばジャワ語(インドネシア)を知らない人にジャワ語で「sugeng enjing (スゲン エンジン) 」と言ってもチンプンカンプンです。
※sugeng enjing (スゲン エンジン) は「おはようございます」 

何が言いたいかと言いますと、「Good morning」は「おはようございます」や、「My neme is Oden」は「私の名前はオデンです。」というように、単語の意味や文法を知っているから理解できるのです。なので、知らない単語や表現を聞き流したところでその意味は理解できません。

また、歌詞で文法を学ぶと言うのはあまりおすすめの勉強法ではないかもしれません。
それは、歌は歌詞と音楽(メロディー)で出来ており、その音楽に合わせるための語呂合わせだったり、文法的に正しくない部分もあります。

 「英語の勉強になる」と言った割には全く良いこと言わないじゃない!と思い始めた方もいるかもしれませんが、洋楽を聞くことで、発音やアクセント、音の繋がりリンキング(リエゾン)を学ぶ事ができます。そして一番の利点は①楽しく、②気軽に、③日常生活の中に取り入れることができます。

これは私も実行している勉強法で(勉強法と言うほどすごいものではありませんが)、まず曲を聞いただけでは「@%#$%*@&#%@」な意味不明な状態からスタートし、何回か聞いてサビの部分をカタカナ英語で鼻歌程度に歌えるくらいまで聞きます。好きな歌なら繰り返しが苦にならずに聞きますよね。

次に英語の歌詞とその歌詞の意味を調べます。

もちろん自分で調べなくとも、世の中には親切な人がたくさんいて、対訳をインターネットで調べる事ができます。

中上級レベルの方であれば英語の歌詞を見ただけで歌詞の内容は理解できると思います。
歌詞を見ると結構知っている単語ばかりだったりします。

そして次は英語の歌詞を見ながらその曲を聞くのですが、ここではただ聞き流してはいけません!
ちゃんと歌詞を目で追って、“音”を意識しながら聞いてください。

耳で聞いていただけでは全く聞き取れなかった単語も、「へぇ〜こんな発音するんだ」「こんなアクセントなんだ」「あ、ここは音がつながっているな」と気付くはずです。

そして不思議なことに、単語の発音・音の構造に気付く事ができたら、歌詞なしでもその音を聞き取る事ができます。 

と、ここまでの話を「そんなの知ってたよ」という方もいらっしゃると思いますが、「この単語はこの音」「リンキングサウンドはこの音」と理解しながら音楽を聞くことで、その音がクリアに聞こえるようになるという経験は結構嬉しいものです。 

資格試験や受験ではなく、英語を話せるようになりたい・聞き取れるようになりたいという人には楽しく学べるこの方法は結構おすすめです。

また、ネイティブキャンプのレッスンでもリンキングサウンドの練習がしたい!という方には、「実践発音」教材がおすすめです。
25分間の中で繰り返し文章を読み、集中して練習することでリスニング力、スピーキング力を鍛えることができます。
ぜひ挑戦してみてください!

◆まとめ

音楽は会話のきっかけとしては良いトピックだと思います。特に世界的にヒットした曲はいろんな国の人との共通の話題になります。

これからの忘年会シーズン、英語の歌を持ちネタにしておくのもいいですね!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.