意味するという意味の"mean"を使った使える表現をマスターしよう

f:id:nativecamp_official:20180703142421p:plain

意味する

“Mean”という単語は、おそらく英語を勉強している人なら聞いたことはあるのではないでしょうか。この単語の一番代表的な日本語訳は、動詞の「意味する」です。

この”mean”という単語、実は日常会話の中でかなり頻繁に使います。「意味する」という動詞を考えると、なぜ頻繁に出てくるのかピンとこないかもしれませんね。
日本人の性格を考えると、”mean”を使った表現はかなり使いやすい表現なのではないかと思います。

今回はこの”mean”という英単語について、その意味を再確認し、どんな表現があるのかを例文を使って解説していきます。日頃からオンライン英会話の講師や外国人のお友達と英語で話す機会がある人は、すぐにでも使える表現を見つけられるはずですよ。

“Mean”の意味を知ろう!

まずは”mean”という言葉の意味を再確認してみましょう。冒頭のとおり、この単語は「意味する」と訳すことができます。この基本的な意味くらいは、すでに知っている人が多いでしょう。
しかし英和辞典を引いてみると、”mean”という単語にはかなり多くの和訳が載っています。ざっとご紹介してみると、例えば下記のような和訳が出てきます。

・意味する ・示す ・意図する ・等しい ・~のつもりで言う ・言う ・予定する ・重要である ・引き起こす ・(感情などを)抱く 

これらすべてを覚える必要はありませんが、英和辞典にはこれだけの和訳が載っていますが、実際にはこれらは同じ意味で使われています。英語と日本語はかなり異なる言語のため、イコールにできないため、日本語に訳した時にはこれだけの言い回しがあるというだけなのです。

ちなみに”mean”という単語には、他にももう1つ全く別の意味もあります。それは、「意地悪」だとか「ひどい」というような意味です。こちらについては、上記の「意味する」という意味とは全く別の用法になります。
こちらも日常会話で頻繁に使う表現ではあるのですが、今回はこちらの意味の”mean”は一旦忘れてください。

英語がよくわからない時にとても役立つ表現

“Mean”という単語の意味は、前述のとおりです。この単語を使った表現は、日常会話を自然にするものばかりなのですが、英会話初心者の人にとても使いやすく便利な表現もたくさんあります。

英語がまだまだよくわからないというとき、相手が言ったことがわからなかったり、書いてあることがわからなかったりしますよね。そんなときには、”mean”を使った表現の出番です。
まずは会話文形式の例文を見てみましょう。ちなみに和訳の方は直訳ではなく、日本語として自然な訳にしています。

T=講師 S=生徒
T:When you have a question, please feel free to ask me.(もし疑問があれば、私に気軽に質問してください。)
S:What does “feel free” mean? I don’t know the expression. (”feel free”とはどういう意味ですか?その表現は知りません。)
T:It means that you can ask me if you want to, and I’m happy to help you.(もし必要ならいつでも私に質問していいですし、私は喜んでその疑問に答えるということです。)
S:Ah, I see. Thank you very much.(なるほど、わかりました。ありがとうございます。)

といった感じでしょう。
「〇〇とはどういう意味ですか?」「それはこういう意味です」という時に”mean”は大活躍します。英語を学習中の人だと、この表現はしっかり覚えておくと便利なのではないでしょうか。
もしも会話の中で、意味がわからない単語や表現が出て来た場合は、この文章をそのまままるっと使ってみてくださいね。
“What does it mean?”(それはどういう意味ですか?)
“What does 〇〇 mean?”(〇〇とはどういう意味ですか?)※〇〇にはわからなかった単語・表現をいれる

また、会話の中で講師や友達に日本語の言葉の意味を訊かれることもあるかもしれません。そういう時には下記のように答えられます。
T:What does “Konbanwa” mean?(こんばんはとはどういう意味ですか?)
S:It means “good evening” in Japanese.(それは日本語でgood eveningのことです。)

どうでしょうか。特に日本や日本語に興味のある外国人と話すときには、こういった表現が使えそうですよね。

“Mean”を使った日常会話でよく出てくる表現集

上記でご紹介した表現は、英会話初心者向きの表現です。まだ初心者・初級レベルだという人は、まずは上記の表現を使いこなせるようになりましょう。
そのレベルを越えた人は、もう少し踏み込んだ自然な日常会話で出てくる表現を覚えましょう。
“Mean”を使った表現は、本当にたくさんのものが使われているので、ここではあまり解説は含まず、会話フレーズをご紹介していきます。使えそうだと思うものは、フレーズ単位で覚えて積極的に使ってみてくださいね。

You know what I mean?(言ってることわかる?)

これは日常会話でとてもよく使う表現です。Do you understand?ではいけないのかと思う人もいるでしょう。日常会話では、Do you understand?はあまり使わないかもしれません。先生が生徒に何かを教えているときや、何か文章を読んでいて、”Do you understand it?”ということはありますね。
では、You know what I mean?はどう言った時に使うかというと、例えば何かをうまく説明できないときに、「でも言ってることわかってくれるよね?」と言いたいときや、「言いたいことわかる?」「この気持ちわかってくれる?」のようなニュアンスのときに使うかと思います。
非常によく耳にする表現なので、使っている場面を見つけたら要チェックです。

I mean….

I meanで始まるフレーズも非常によく耳にします。そういう私も非常によく使います。どういう時に使うかというのは言葉では説明しづらいので、会話文で見てみましょう。
A: Why didn’t you go out with her?
(なんで彼女と付き合わなかったの?)
B: Well, we did’t get along well. I mean…, there is something about her which keeps bothering me.
(うーん・・・なんか気が合わなかったんだよね。なんと言うか、彼女の何かがどうしても引っかかっちゃって。)

このニュアンス伝わるでしょうか。I meanを使って、なぜ気が合わなかったのかを説明しているのですが、ちょっと言いづらいような感じです。この続きを例文で見てみましょう。

A: What do you mean? You seemed to like her!
(どういうこと?彼女のこと気にいってるぽかったじゃん!)
B: Yeah. I mean she is nice…but she has kind of a bad breath.
(うん。まあ彼女はいい子なんだよ。・・・でも口臭がちょっとね。)
A: Oh…well, I understand.
(ああ、なるほどね。)

こういう感じです。この”I mean”のニュアンスは取りづらいかもしれませんが、こういう感じでも使うということがわかれば、一層英語のニュアンスがわかるのではないでしょうか。
ちなみに、普通に「こういう意味で言ってるんだよ。」「・・・ってことだよ」という時にでも”I mean”と使います。

言い間違いを訂正するときの I mean.

I meanの表現は、喋りながら何かを言い間違えてしまった時にも使えます。こちらも例文で見てみましょう。
A: How much did you spend for your trip to Japan?
(日本への旅行でいくら使ったの?)
B: I think I spent roughly 300…no, I mean 3,000 dollars.
(多分300・・・いや、3,000ドルくらい使ったよ。)

この”I mean”はその直前に言ったことを訂正するために使っています。「いやいや、間違えた。〇〇って言いたかったんだ。」という気持ちのときに使ってみましょう。

まとめ

“Mean”を使った表現は、ここでご紹介しきれないくらいたくさんあり、使いこなせるととても自然な英語が話せるようになります。ここでは和訳をつけていますが、コツは英語をそのまま英語で理解するということでしょうか。
まずは簡単な表現から使いこなせるようになって、それ以外の表現はテレビドラマや映画などを見て、”I mean”を使っている場面に注目してみてください。
使えるようになるととても便利な表現なので、自然な英会話をしたい人には是非覚えて欲しい表現です。

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.