【恋愛で使える英語フレーズ】喧嘩した時や冷めてしまった時に遠回しに使えるフレーズ!30選

最終更新日:2019-03-23

気まずいカップル(外人)

こんにちは!yuriです。

外国人の彼氏・彼女との運命的な出逢い。一緒にいる時もいない時もお互いを気にかけて気遣ったり、デートはもちろん前日のワクワク感もたまらなく幸せです。
頑張って英語でおしゃべりをして、もしかしたら自分の日常会話もベターになったかもしれないなんて感じていました。
これなら、海外在住も夢ではないかも!

しかし、ときに愛情は変わっていくものです。
単純に熱が冷めたり、相手の欠点が見えてきたり、浮気をされてドン引きしたり。
そのカップルならではの理由があって、喧嘩が始まることも珍しくありません。

今日は、あまり使いたいものではありませんが(笑)、恋愛中に、喧嘩した時や愛情が冷めてしまった時に遠回しに使えるフレーズを英語でご紹介します。

実際に外国人のパートナーと喧嘩になって、ぱっと言いたいことが言えない、ここで辞書は出せない…

とならないように、事前に備えちゃいましょう!(笑)

ネイティブキャンプTOPバナー

外国人パートナーに持つ不満トップ3

日本人同士の交際と違って、外国人パートナーとの恋愛だけに感じる不満もあるようです。
外国人のパートナーだからこそ抱える「不満」とはどういったものがあるのでしょうか?

トップ1
言葉が完璧でなく、コミュニケーションが取りづらい
トップ2
異文化が理解できない
トップ3
交際してほしいとはっきり言ってくれない

皆さんは、共感できるところはありましたか?

喧嘩や気持ちが冷めたときの英語表現

まずは、喧嘩や愛情が冷めてしまったとき、どう英語表現するのかから見ていきましょう。
・喧嘩/口論
argument/fight/quarrel

・喧嘩する
have an argument/ a fight/quarrel

・(愛情が)冷める
fall out of love with

・(恋人と)別れる
break up with

では、さっそく使える恋愛英会話のフレーズを紹介します!

喧嘩してしまったときに使えるフレーズ 20選

カップルが喧嘩をしている様子

ここからは、喧嘩をしてしまったときに使える英会話フレーズをご紹介します。
外国人相手の場合、直球な言い回しのほうが良いでしょう。
それでは、段階別にみていきましょう。

まずは、2人の間の空気がおかしいと感じ始めたときに使えるフレーズです。
自分の中で溜めずに聞いてみることを恐れないでくださいね。

1) Are you alright/OK ?
(大丈夫?)

2) What’s up?
(なにかあった?/どうしたの?)

3) What’s wrong with you?
(なにかあった?/何か問題ある?)

*What’s wrong?はWhat happened?と同じような意味で使われます。

4) What is the problem/matter?
(なにかあった?/何か問題ある?)

これらの表現はパートナーに対してだけでなく、家族や友人などどんな人にも気遣いするときに使えるフレーズです。
こう言われたら、相手があなたに関心があるんだと感じられますね。

5) I think you’ve got something on your mind, haven’t you?
(なにか思ってることがあるんじゃない?)

*ベースの文で肯定分の場合は否定に、否定文の場合は肯定にして文の後に付け足すと、”だよね?”、”そうでしょ?”と確認を求める文になります。(付加疑問文といいます)
難しい場合は、right?と文の最後に付ければ同じ意味になりますよ!

6) Have you got something to say?
(なにか言いたいことあるんじゃない?)

自分が言いたいことがあるにも関わらずパートナーに言わせることで、話し合いのスタートを切ろうとしている表現です。
すでに、喧嘩ごしの雰囲気までありますね。

次は、何度言っても同じことをするパートナーに苛立ってきたときに使えるフレーズです。
例えば、デートに遅れそうなときは連絡をくれと百万回頼んでいるにも関わらずしないパートナーなどに使えます。

7) I told you so!
(だから言ったじゃない!)

8) I’ve been telling you since before!
(前から言ってるじゃない!)

*have+過去分詞で現在完了形になりますので、今までずっと言い続けているという意味になります。

9) I already told you a hundred times!
(もう100回くらい言ったじゃない!)

実際に100回言っていなくても、それくらい何度も言っているというニュアンスです。
この辺になると声も大きくなり、喧嘩勃発といった感じです。こう言われるとパートナーも怒りが込み上げてくるでしょう。感情的な言い方ですので、使い方にはご注意ください。

だんだんとヒートアップしてきます。
パートナーがネイティブのとき思うように英語で言い返せず、ストレスが爆発しそうになることだってあります。

10) You are making a fool out of me! /
You think I’m an idiot, don’t you!

(バカにしてるの?)

fool outは「バカにする・あざ笑う」、idiotは「バカ・あほ」といった意味になります。
パートナーが何を考えているのか知りたいとき、または怒りで逆ギレしたいとき(笑)に使えるフレーズです。

11) What should I do then!?
(じゃあ、どうしたらいいの?)

*Should=何をすべきなのかを強める言い方です。

12) What do you want me to do/say!?
(なにをしてほしい(言ってほしい)の!?)

13) Don’t be so sure! /
Don’t judge me!

(勝手に決めつけないで!)

14) I think you are misunderstanding me. /
I think there is a misunderstanding.

(誤解だよ!)

「Don’t」でフレーズをスタートすれば命令形となり、強い口調になります。
こんなフレーズを使うときは、もしかしたら泣きながら言う状況になっているかもしれません。
泣くという行為で、気持ちがだんだんと落ち着くことはよくあります。

喧嘩も終盤を迎え、お互いに言いたい事を言い合った2人。
ちょっと言いすぎたなと反省することもあるでしょう。
自分が悪いと思ったら、素直に謝りましょう。ここが一番肝心のポイントですよ!

15) Sorry about that.
(ごめんね)

16) Sorry that was my fault.
(私が悪かったよ)

*my faultで”私のせい”

17) I’ll try harder./
Do my best.

(もっと頑張るね)

18) Sorry I didn’t mean it.
(そういうつもりじゃなかったの)

19) Sorry (that) I made you feel that way.
(そんな気持ちにさせてごめんね)

20) Is everything ok now?/
Are we OK now?

(私たちもう大丈夫だよね?)

パートナーが先に謝ってきたら、「I accept your apolozy. I am sorry, too.」(分かった、私/僕もごめんね)と言って受け入れましょう。
それでも、喧嘩しても仲直りできない場合は別れを切り出すしかないですね。
別れを決めた人が使えるフレーズのご紹介です。

愛情が冷めてしまった時に遠回しに使える便利なフレーズ 10選

割れた♡型のチョコレート

何度も喧嘩をしては別れ話になるこの頃。一旦、距離を置くことも必要かもしれません。
離れた時間によって大切な人なのか、ほとぼりが冷めてどうでもよい人なのかがはっきり分かるからです。
一方的な態度よりも、パートナーに伺いをたてるニュアンスで聞いてみましょう。

1) I’m better off without you.
(あなたがいない方がいい)

*better off ~(~した方が)もっと良い状態になる

2) Can we have some space now?
(距離をおけるかな?)

3) I just need some space.
(距離をおきたい)

距離をおいて今一度、2人の関係をしっかりと考えたいという気持ちをパートナーに伝えます。
もし、あなたの心の中ですでに答えが出ている場合には、きちんとパートナーに話をしましょう。

4) I hope we can still be friends.
(友達でいれたらいいな)

*I hope~ ~を望む

5) I’m just not ready to settle down.
(まだ落ち着くことができない)

*settle down 落ち着く

6) I’m not in love with you anymore.
(もうあなたのことを好きでいられない)

*be in love with~ ~に恋している

7) I wish I never met you.
(もうあなたに会いたくない)

*I wish~ ~であればよいのにと願う

8) You’re not the person I fell in love with.
(あなたはもう私が恋に落ちる相手ではない)

*fall in love with~ ~に恋をする、ほれる

9) This isn’t working. / It’s over.
(もう終わっている)

*be over~ ~(恋人など)をもう愛していない

10) We should break up.
(私たち別れるべきだわ)

まとめ

外国人のパートナーを持つということは、異文化をも理解しなければなりません。
「日本人だったら」という考えを持っていては難しいでしょう。逆に、パートナーも日本人・日本文化に理解がある人だと恋愛もうまくいく可能性が高くなります。
異文化を楽しむくらいの気持ちで交際ができると、ポジティブな考えでいられますね。

しかし、お互いのことはお互いにしか分かりません。一度恋に落ちても、付き合う中で見えてくるものがあります。
それが完全に受け入れることができないものであれば、喧嘩になったり最悪別れ話になることもあります。

普段の生活から日本語でも英語でも、ストレートに言わないと相手には伝わらないということは、同じなのかもしれないですね。
感情的に自分を表現することを恥ずかしいと思わないでくださいね。

喧嘩や別れ話になる前に、普段からしっかりとコミュニケーションを取りましょう。
それでも、もしそういった状況になってしまった場合には今日ご紹介したフレーズを使ってみて下さいね。

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.