【苦手なんて言わせない、今すぐ克服!】英語の発音LとR

こんにちは、mikaです。

早速ですが、今日は発音の話題!

白人女性の口元

日本人が苦手な発音として最も有名な 「LとR」 苦労している生徒様も多いはず。 日本語はこの二つの発音を区別しないのですから当然です!

正しく発音・リスニングしないと、全く別の意味になってしまう単語もあるので要注意です。 この2つを攻略してネイティブのようなかっこいい発音を身に付けましょう!

Lの発音

L発音

“L”は日本語のラ行に近い音ですが、舌の位置に注意しましょう。 まずは日本語のラ行を発音して舌の位置を確認してください。 次に舌先の位置を前方にずらして、前歯の後ろの辺りにつけるように発音してみてください。

Rの発音

R発音

一方”R” は、舌が口内のどこにも触れずに舌全体を奥に引き込むように発音します。 舌先ではなく、舌の根元から引っ込める感覚です。犬の唸り声グルルルルをイメージしてみましょう。

それでは実際の音声を聴き比べてみましょう! 単語が2回ずつ読まれます。どちらがどちらか聞き分けられますか??

Light Right

Lead Read

Play Pray

Collect Correct

Fly Fry

読まれた順番は表記通り、最初が "L" 後が "R"でした!

単語も見ての通り意味が異なります。正しい発音を知ることでヒアリング・スピーキング力もアップします!

もう一つお勧めたいのが、口と舌のウォーミングアップ!英語は日本語よりも口周りと舌の筋肉を使う言語です。普段から意識して口や舌を動かしウォーミングアップすると英語の発音が滑らかになってきますよ!

日本語のラ行は ”R” に聞こえる!?

次にご紹介するのは、日本語の「ラ行」の発音を含む海外でよく見るワードを発音してもらいました。日本語の「ラ行」は「R」で表記されることが多いのです。

“RAMEN” ラーメン

“TEMPURA” 天ぷら

“KARAOKE” カラオケ

“SURIMI” すり身

“TERIYAKI” テリヤキ

発音は真似ることも大事です。音楽を聴いたり映画を観る時に、メロディーやストーリーだけでなく、発音やアクセントのつけ方にも注意して聴いてみてください!きっと新しい発見があるはずです。口と舌の動きをマスターしてカッコいい英語を話せるようになりましょう!

今回の発音サンプルはCrescent講師です。
彼女は好奇心旺盛で、料理からサイエンス、歌を歌うことなど趣味が幅広いので
きっと色んな話で盛り上がりますよ♫

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.