「How are you」への返答は 「I’m fine thank you.」ではない!?

ほとんどの英会話は実際「How are you」から始まります。返事はその場その場によって適切なものを使用しなければいけないのですが、日本人はいつも「 I’m fine thank you.」と回答しがちです。そして、英語でコミュニケーションを取り続ける限り、この質問は避けて通れないです。色んなフレーズを覚えてその日の気分に合う正しい返事を言えるように練習してみましょう!!

ネイティブキャンプTOPバナー

学校で習っていたことはもう時代遅れ??

How are you?に対して実際にネイティブの人々がどのように考えているのか。

学校の英語の授業で「How are you?」に対して「Fine, thank you. And you?」の答えは定番中の定番で、つい反射的にこう答えてしまいがちですが、自然な日常英会話では、場面に応じてもっと色んな言い方があり、その後に続く会話のきっかけにもなっているようです。決して文法的に間違っていない返し方ですが、少なくともネイティブスピーカーの人に「How are you?」と聞いて、「Fine, thank you. And you?」なんて答えがほぼ返ってきません。

では、「How are you?」にはどのように返事すべきなのでしょうか。

まずは、「I’m …」から始まる分はベストです。そして、そのあとに、今日の状況に的確な単語を選びましょう。「I'm...」のほかに、「I Feel...」でも大丈夫です。

シーン別に正しい返答をして会話を膨らませよう!

握手

「How are you?」への返事をまとめてみました

普段通りのとき

I’m good.(調子良いよ)

Nothing special.(変わりないよ)

とくになにも目新しいこともなければ大きな変化もないよという返事です。まぁまぁな気分のときに使える返事です。

Same as usual.(いつも通りだね)

可もなく不可なく、いつも通りやっていますという心境の時の返事です。

I’m all right.(まぁまぁだね)

Not bad.(悪くない)

いい気分のときの返事

I’m excellent.(最高だよ。)

Great!(すごく良いよ!)

とても気分が良いときに使えます。

Couldn’t be better!(最高だよ!)

「Great」と同じく、気分がときに使います。

I’m awesome.(絶好調だね。)

未だかつてなく絶好調のときの返事

Better than ever.(いまだかつてないくらい最高だよ。)

Perfect!(完璧!)

調子のよさを単語一つで元気に返せる…Great!と同じく、たずねてくれた相手に明るく受け答えできる返事ですね。

Pretty good.(すごく調子いいよ)

これも好調なときに使いやすい言い回しです。Pretty good, Pretty niceなどPrettyをつけるとポジティブ度があがります。

Never been better.(こんなに最高なのは初めてだ。)

気分が優れないときの返事

I’m okay.(まぁ、大丈夫だよ。)

Could be better.(もっと良くなれる感じかな。)

Not so good.(あまり良くないかな。)

あまり調子はよくないけど、すごく悪いとまではいっていないときにはこう返します。逆に”Not so bad (Not bad)”=「悪くないよ、まあまあかな」という似た表現もよく使われます。

I’ve been better.(前の方が(調子)よかったな。)

あまり調子がよくないときの気分を、前の方がよかったなぁ…とちょっと遠回しに表現します。

Pretty bad, (actually).((実は)参っている。)

かなり不調な様子です。Prettyはこんな風にネガティブな度合を強めるときにも使われます。

I’m dying.(最悪だよ。)

最悪な気分なときには大げさな表現としてこんな風に返事をすることもできます。

I don’t feel well.(あんまりいい気分じゃないんだ。)

I am very sleepy.(とても眠いんだよ。)

I’ve felt worse.(もっとひどい時も過去にはあったかな。)

日本人は「so so」を使いがちですが、まあまあ」には色々な意味合いがあり、どちらかというと後ろ向きな表現として相手に取られてしまいます。悪くない気分の時は「good」や「great」などの言葉を選ぶほうが良いでしょう。

会話をふくらませるために便利な’フレーズ

「How are you?」に返事をしたからといって、会話はそこで終わるものではありません。言い方によってその後に続く会話のきっかけにもなっているので、返事のあとに何かしらを付け加えることが必要です。

最も簡単な会話の続け方としては以下の二通りを覚えておきましょう。

1. 「but」で続ける方法

I’m good, but it’s getting cold.

(元気だけど、ちょっと寒くなってきたよね。)

I feel good, but I’m hungry.

(元気だけど、お腹が空いているんだ。)

2. 「because」で続ける方法

I’m good because I just got new work.

(いい気分だよ、だって仕事が決まったんだ。)

I’m feeling good because I  got a new friend.

(いい気分だよ。新しい友達ができたから。)

I’m good because I’m going on a date tonight.

(いい気分だよ。今夜はデートの約束があるんだ。)

I’m extremely depressed because I lost my purse.

(すごく落ち込んでいるんだ。財布をなくしたから。)

最後に

いかがでしたか?

ただの挨拶とは言え、色んなバリエーションを覚えて、時と場合によって使い分けてみてください!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.