2020年授業英語化!?公立学校の授業はどうなる!?

突然ですが、ご存知でしたか?!

ame_3j0a2466_tp_v

現在、文部科学省は国際共通語である英語力の向上は日本の将来のおいて極めて重要であり、アジアの中でトップクラスの英語力を目指すべきと述べています。

ネイティブキャンプTOPバナー

そのため、東京オリンピック・パラリンピックを迎える2020(平成32)年を見据え、小・中・高を通じた新たな英語教育改革を順次実施できるよう検討し、これに向けた準備期間の取組や、先取りした改革を進めています。

改革後の公立学校教育においては、
「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を
バランス良く学習することが求められます。

現在の教育は「聞く」「読む」「書く」に重点が置かれていますが
具体的にどういった点が変更となるのか確認していきましょう。

以下が特に重要なポイントです。

<授業形態の変更>

中・高等学校では、生徒の理解の程度に応じて、授業を英語で行うことを基本とするとされています。そのため、リスニングはもちろんのこと、スピーキングを用いる機会が格段に増えてきます。

小学校においても、5~6年生で外国語(英語)を正式教科とすること、歌やゲームなどで英語に親しむ「外国語活動」の開始を3年生に早めることが決まっています。

<評価方法の変更>

学習評価においては、主体的な学びにつながる「コミュニケーションへの関心・意欲・態度」を重視するとしています。 今までの教育ではコミュニケーションよりも文法の知識が評価される傾向にあったため、英語を使ってコミュニケーションを取ろうとする姿勢を評価していくようです。

英語を使ったコミュニケーション!!難易度が高そうに思えますね。

<入試制度の変更>

入学者選抜においても同様に、これまで文法の知識が重視されてきました。 これからは、入学者選抜の改善を促すのはもちろんのこと、 4技能を的確に測定する検定が重視されていくようです。

要するに、今後はスピーキングが重要!

今まで学校教育で軽視されてきたスピーキングが、今までより重視されるようになるのです。 日本人の一番の弱点であり、多くの受講者の皆さまの悩みどころでもあるスピーキング、これが重視されるんですね。
今後改革後の英語学習でスピーキング力が磨かれた新社会人たちが増えてていくのですね!もう高校を卒業した皆さま、負けていられませんね!

弊社ではスピーキングを向上させるための教材を複数ご用意しています。
まだお試しでない方はさっそく要チェックです✅

旅行英会話

入門~中級者の方におススメ♪

空港、レストラン、オフィスでの電話応対等、実際にありうるシチューションでのよく使われるフレーズの学習、会話の流れを練習することが出来る教材です。
実際に僕は初めての海外の前にこの教材で入国審査の練習をしました(笑)

→ 旅行英会話教材はこちら

5分間ディスカッション

初~上級者の方におススメ♪

いくつかのテーマの中から好きなテーマを選び、講師と5分間のディスカッションを行います。ディスカッション後、発音・単語・フレーズ・文法の復習を行い、学習内容の確実な定着を図ります。
この教材がスピーキングのみならず英語力の総合的な向上に役立つのはもちろんですが、フィリピン人講師と話していると色々な発見があって面白いですよ!
特に誕生日の風習は大きく日本と違っていて驚きました。(是非弊社講師に質問してください!)

→ 5分間ディスカッションはこちら

発音教材

初~上級者の方におススメ♪

・通じる発音の習得
・自然なイントネーションの獲得
・リスニング力の向上

が身に付きます。

例えば教材最初のレッスンCar in a Car Washでは

日本人の苦手なRサウンドが中心となっています。
Rサウンドを文章の中で発音することで、
English Speakerに通じる発音を身に付けることが出来ます。

→ 発音教材はこちら

トピックトーク

中~上級者の方におススメ♪

旅行、仕事など自分で好きなトピックを選び、そのトピックについて講師と自由にディスカッションすることが出来る教材です。
SNS疲れというトピックが僕は好きでした!
基本的な文法を理解している方向けです。

→ トピックトークはこちら

スピーキング教材

中~上級者の方におススメ♪

絵に関する質問に答える、絵に関する説明をすることを通して、
スピーキング力の向上を目指す教材です。
例:ヘルメットの画像を見て、どういう用途で使うのか、どういう人が使うのか等を説明する。
多くの方々に人気の教材です!

→ スピーキング教材はこちら

ところで

教材の選び方も重要ですが、それより重要なのはやはり場と数をこなすことではないでしょうか??!

今後重要となるスピーキング力の向上に是非受け放題の弊社レッスンをご活用くださいね!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.