【意外と知らない!】実は海外では通じないカタカナ語や和製英語

最終更新日:2019-02-24

さるの置物が踊っている

こんにちは、NativeCampブログ編集部です!

普段私達が使っている、カタカナ語の中には、意外と英語として伝わらない言葉があることをご存知でしょうか?

ネイティブキャンプTOPバナー

1. 外来語と和製英語の違い

外来語【カタカナ英語】とは

外国語を日本語読みに置き換えてカタカナで表記した言葉。
例えば
・yellow 英:黄色 → イエロー
・desk 英:机 → デスク
・violin 英:弦楽器の1種 → バイオリン
・manager英:管理者 → マネージャー
・volume英:量、体積 → ボリューム
・energy英:気力、力 → エネルギー
・percentage英:百分率 → パーセント

最近では特に、カタカナ言葉が溢れているようにも思います。これはネットで簡単に、海外の文化に触れることができ、グローバル化が進んでいる流れが原因のひとつと言えます。

和製英語とは

英語の単語をもとに,英語らしく作った言葉。英語圏の人には理解されない日本独自の言葉。

英語に存在しない言葉をいくら発音良く話してみても、残念ながら英語として伝わることはありません…。
そうならないためにも、実は伝わらない言葉をご紹介していきます。

2. 和製英語50選

和製英語を実際に使ってみた!

代表する和製英語を以下、関連用語ごとにまとめてみました。どの用語も日常会話で使われているものです。

食べ物関連

【1】レンジ
→microwave(マイクロウェーブ)

【2】フライドポテト
→french fries(フレンチフライズ)米・カナダ  chips(チップス)英

【3】マロン
→chestnut(チェスナット)

【4】ペットボトル
→plastic bottle(プラスティック ボトル)

【5】メタボ
→big, overweight, fat(ビッグ、オーバーウェィト、ファット)

【6】レトルト
→Retort-packed (リトート パック)

【7】いくら
→Salmon roe(サーモン ロウ)

ここには書ききれないほど、食べ物に関わる和製英語がありますよ。「パン」はもともとポルトガルからキリスト教の布教とともにやって来たため、日本では「ブレッド」ではなく「パン」と呼ぶようになっています。

仕事関連

【1】アルバイト(フリーター、パート)
→part-time job(パートタイム ジョブ)

由来は「part time」が一部の時間という意味から、このように言われます。 ちなみに、アルバイトという言い方は、ドイツ語「arbeit」が由来だそうです。

【2】ノートパソコン
→laptop computer(ラップトップ コンピューター)

海外ではラップトップと表現することが多いですね。
膝や腿に乗せて使えるcomputerということから、このように呼ばれています。

lap=「膝から腿」
top=「~の上に」

【3】ブラインドタッチ
→touch-typing(タッチタイピング)

英語のブラインド(blind)=「見えない、盲目な」と、タッチ(touch)=打つ が合わさってできた和製英語です。
ブラインドタッチは盲目な人に対しての差別を連想させてしまうこともあるので、気を付けなければなりません。

【4】ミス
→mistake(ミステイク)、error(エラー), fault(フォルト)

【5】クレーム
→complaint(コンプレイント)

英語ではクレーム(claim)=「主張や要求」なので、 日本と少しニュアンスが変わってしまいますね。

【6】ホッチキス
→stapler(ステイプラー)

ホッチキスは発明者のベンジャミン・バークリー・ホッチキス氏からとったものですが、日本独自の呼び方なのです。名前の由来からしてホッチキスでいいような気もしますね…

【7】OL
→Office worker(オフィス ウォーカー)

【8】サラリーマン
→Businessman(ビジネスマン)

【9】サボる
→sabotage(サボタージ)

【10】カリスマ
→Charismatic person(カリスマティックパ―ソン)

【11】インテリ
→Intellectual(インテレクチュアル)

ブラインドタッチなどの専門用語ですら、日本人が勝手に作り出したものなのです。
またサラリーというのは「給料」という英単語から来た言葉になりますよ。外国人の前では「I’m a salaryman」とは言わないようにしましょう。

衣服関連

【1】ピアス
→earrings(イヤリングス)

海外では、日本で言うピアス(耳に穴を開けて付けるアクセサリー)をイヤリングと言います。

【2】チャック
→zipper(ジッパー)

チャックというのは日本のメーカーの商標名です。
ちなみに世界一のファスナーの会社「YKK」は日本の会社ですね。

【3】キーホルダー
→key chain(キー チェイン)、 key ring(キー リング)

リュックなどに付ける、お土産の定番ですね。
しかし、海外でキーホルダー(key holder)と伝えると、 鍵を入れる入れ物だと思われてしまいます。

【4】ワンピース
→dress(ドレス)

【5】マニキュア
→nail polish(ネイルポリッシュ)

【6】ズボン
→Pants(パンツ)

【7】ランドセル
→School bag(スク―ル バッグ)

【8】リュックサック
→Backpack(バックパック)

【9】ジーンズ
→Jeans(ジーンズ)

実はランドセルのあの特徴的なバッグは、日本だけで見られます。日本文化と言っても過言ではありませんが、ついた名前はなんとも英語っぽい名前だったのです。

家関連

【1】マンション
→condominium(コンドミニアム) / apartment(アパートメント)

ちなみにマンション(Mansion)は大邸宅という意味になってしまいます。

【2】ホームパーティー
→house party(ハウスパーティー)

【3】コンセント
→(米)outlet(アウトレット)、(英)socket(ソケット)

コンセント(consent)は「一致や同意」という意味となります。
※伝えるのに自信が無い時はwall(ウォール)を加えて、wall outletと言うと伝わりやすいです。

【4】エアコン
→Air conditioner(エアコンディショナー)

【5】アジト
→Agitating point(アジテイティング ポインツ)

電化製品であるエアコンは、英語を省略した形が日本になっているのです。このような省略形が日本語になっていると少しわかりづらいですよね。しかもしっかりと辞典にも載っています。

買い物関連3>

【1】ガソリンスタンド
→(米)gas station(ガス)(英)petrol station(ペトロール)

スタンド=売る店 という意味だから、ガソリンを売る店は「ガソリンスタンド」 という風に、この和製英語が生まれました。
私が初めてgas station を知ったとき、アメリカでは、そこら中にガスを売るお店があるものだと思っていました。

【2】オーダーメイド
→made-to-order(メイド トゥ オーダー)

私達がよく使う「オーダーメイド」は、order=注文 とmade=作られた を繋げて作られた和製英語になります。

【3】ダンボール
→cardboard(カードボード)

ダンボール箱は、boxを加えてcardboard boxと言います。
海外でも引越しはダンボールを使うことが多いので、覚えておくと便利ですよ。

【4】スーパー
→grocery store(グローサリー ストア)

【5】レジ
→cash register(キャッシュ レジスター)

【6】輪ゴム
→rubber band(ラバーバンド)

【7】ベビーカー
→Baby carriage, stroller (ベイビーカレッジ、ストーラー)

海外で買い物するときは特に注意したいですね。日本では通じる商品が海外では通じないなんてことも多々ありますよ。

旅行関連3>

【1】フロント
→reception(レセプション)

日本語で受付とされるもの(ホテルや病院など)は、 一般的にレセプションと言います。

【2】カーナビ
→car navigation system(カーナビゲーションシステム)

【3】ジェットコースター
→Roller coaster(ローラーコースター)

ここまで見てくると「なんで最初からレセプションにしなかったんだ!」ってなりますよね。

その他3>

【1】カンニング
→Cheating(チーティング)

英語で“Cunning”はずるさ、悪知恵等を意味します。

【2】ウォーミングアップ
→Warm-up (ウォームアップ)

【3】アクセル
→Accelerator(アクセルレイター)

【4】イメージアップ イメージダウン
→Improve one’s image/polish one’s image. (イメージアップ)
Damage one’s image. (イメージダウン)

【5】ナイーブ
→Sensitive(センシティブ)

【6】アンケート
→Questionnaire (クエッショネア)

【7】デマ
→False rumor(フォルスルーモア)

【8】テーマ
→Theme(シ―ム)

以上50個紹介してきましたが、どれも日本の辞典に載っている言葉ばかりです。せっかくですからこの機会に間違った和製英語を直すようにしましょう。

3. 恋愛に関する和製英語 5選

女性が手をあげて驚いている

【1】 アタック
例文)彼は彼女にアタックしている。

和製英語としての意味…口説く、言い寄る
英語の意味…襲う、攻撃する
そのまま英文に使うと、恋愛とは程遠くなり、もはや嫌っているような意味になってしまいますね。

正しくはapproachです。
「He approaches her.」

【2】チャームポイント
例文)彼女のチャームポイントは大きい瞳だ。

和製英語としての意味…魅力的なところ
英語の意味…なし(charmだけで魅力ある点の意味)

正しくはbest featureです。
「Her best feature is big eyes.」

【3】ディープキス
例文)あのカップルはディープキスをした。

和製英語としての意味…舌を絡める濃厚なキス
英語の意味…なし

正しくはFrench kissです。
「That lovers was the French Kiss.」

日本人がフレンチキスと聞くと、軽いキスというイメージがありますが、真逆なので要注意です!

【4】モーニングコール
例文)明日の朝、モーニングコールお願いね!

和製英語としての意味…起こすための電話
英語の意味…なし

正しくはwake-up callです。
「Please do me wake-up call tomorrow morning!」

【5】スキンシップ
例文)彼女は酔うとスキンシップが多くなる!

和製英語としての意味…肌と肌のふれあい
英語の意味…なし

正しくはphysical contactです。
「When she gets drunk, she gives us too much physical contact.」

4.  さいごに

もし英語だと思っていた言葉が伝わらないときは、一度その言葉が本当に英語なのか考えなおしてみた方がいいかもしれません。困ったときは、ジェスチャーを交えて伝えてみたり、この記事を参考にしてみてくださいね!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.