「尽くす」は英語でなんという?状況別の3つのワードと関連フレーズを紹介!

Devoted

「尽くす」 というと、どんな言葉が思い浮かびますか?

・今の彼女はとっても尽くしてくれる

・仕事で最善を尽くすために、毎日遅くまで努力している

・難関の試験に合格するために、あらゆる手段で資料を調べ尽くした

このように、「尽くす」と一言でいってもその使い方はいろいろですよね。

日本語でも数え切れないくらいの使い方がある「尽くす」の言葉。

それが英語になった場合はどうでしょうか?

この記事では「尽くす」を使った英語表現を余すところなく紹介します。

また、言葉のニュアンスが似ている 「捧げる」
「貢献する」 の表現も合わせて紹介します。

ぜひまるごと習得して、あなたのボキャブラリーをグッと増やしてみてください!

「人に尽くす」は英語で

尽くす、というと真っ先に思い浮かぶ言葉が 「彼/彼女に尽くす」 ではないでしょうか?

「大好きな彼氏に尽くす」
「今の彼女にはついつい尽くしてしまう」

こんなフレーズをこれまでに何度か耳にしたことがあるはず。

人に尽くす、の意味の英単語は Devoted
(尽くす) となります。

Devotedは「献身的な」「熱心な」
などの意味がある言葉です。

ある対象に対してエネルギーを注ぐイメージでしょうか?

愛情や情熱を傾ける相手にエネルギーを注ぐ=尽くすという意味ですね。

文章にすると、下のようになります。

・I devoted my time to my girlfriend.

(私は彼女に尽くしています)

直訳した場合は 「私は彼女に私の時間を捧げている」 となります。

日本語にすると少し違和感がありますね!

ですが、英語ならこの表現で十分に通用します。

また、近しい表現で下記のフレーズもよく使います。どちらかというと英語上級者向けの表現でしょうか?

・Give my all for him/her.

(彼/彼女にすべてを与える)

すべてというと重々しい感じがしますが、〇〇に尽くすを表現するには(そして彼氏/彼女としての愛情を表現するためには)とても使えるフレーズです。

・I really love him. I would like to give my all for him!

(私は彼をとても愛している。私は全力で彼に尽くしたいわ!)

深い愛情を表現するにはとてもよいフレーズですが、人によっては重たく捉えられてしまうかもしれません。

使うタイミングや相手との関係性には要注意ですね!

「ベストを尽くす」は英語で

「人に対して尽くす」はよく使う表現ですが、同じように 「仕事で最善を尽くす」
「ベストを尽くす」
など、仕事ややるべきことに対して使うことも多いですよね。

ベストを尽くす、はシンプルにこちらの表現が使えます。

・Do one's best.

(最善を尽くす)

とてもメジャーなフレーズなので、すでに知っている方も多いのではないでしょうか?

仕事や面接、試験のときなど、どんな場面でも使える万能フレーズです。

例えば、面接前には下のようなフレーズが頭をよぎるかもしれません。

・I'm nervous but I'll do my best.

(緊張していますが最善を尽くします)

緊張はしていても自分ができるだけのことはする、そんな意思が伝わってくるかのような表現です。

頭の中で唱えるだけでも、きっと面接の緊張が解きほぐされるはず!

また、もっと一般的な文章にしてみると

・Do my best for my company.

(私は会社のために全力を尽くします)

特に日本の会社ではよく耳にしそうなフレーズです。

会社のために全力を尽くす、仕事をする方にとって、これほど力の込もったフレーズはないでしょう。

さらに、下記のフレーズも参考にしてみてください。

・I’ll do my best and tackle this issue.

(私は全力を尽くしてこの問題に立ち向かいます)

Tackleには、立ち向かうという意味もあるので、Do my bestと組み合わせて、 全力で問題に取り組みます! といった強い意思を表現できます。

自分の意思を表明するためにも、覚えておいて損はないフレーズです。

また、 Do one's best に似たフレーズは他にもいくつかありますので、いくつか紹介しましょう。

こちらはどちらかといえば中級者向けのフレーズですね。

・Go all out.

(全力を尽くす)

持っているすべての力を出し尽くす、といった意味の言葉です。

シンプルな表現で覚えやすいですね。

例文にすると下記のようになります。

・Let’s go all out!

(みんな、全力を尽くそう!)

歓声が響くスタジアムの中、スポーツの試合開始前に聞こえてきそうなフレーズです。

自分に喝を入れたいときに使ってみてもよいかもしれませんね!

また、次のような表現もあります。こちらはちょっと長い表現なので英語上級者向けかもしれません。

・Give one’s best shot.

(全力を尽くす)

こちらも、できる限り最大限の努力を尽くす、精一杯の力を尽くす、といった意味のある言葉です。

・If you have a chance to do this, give it your best shot.

(もしそれをやるチャンスがあるなら、全力を尽くせよ)

職場の同期や部下にチャンスが訪れたら、そんなときに応援の意思を込めて使ってみたいフレーズですね!

また、似たような表現で、こちらのフレーズも覚えておきましょう。

・Give it all you got.

(全力を尽くす)

持っているものすべてをそれに与える=全力を尽くす、という意味になります。

「精一杯頑張れ」の意味で、誰かを励ますときや応援するときに使うことも多いですよ。

・ Give it all you got and believe in yourself, we know you can do it!

(精一杯頑張れ、そして自分を信じろ。お前ならできる!)

試合やチャレンジのときなど、耳にしたらふつふつとやる気が湧いてきそうなフレーズですね!

ベストを尽くすの英語表現は本当にたくさんあります。ぜひ、あなたのお気に入りフレーズを覚えておいてください。


下記記事では「気持ちが重い」という表現方法について記載しています!さらに細かいニュアンスも学んでいきましょう♪♪

nativecamp.net


「調べ尽くす」は英語で

「この課題について調べ尽くした」
「調査のために隅々まで調べ尽くした」。

尽くすはこのように使うこともありますよね。

調べ尽くすを英語で表現する場合は、下記のフレーズを使ってください。

・Leave no stone unturned.

(調べ尽くす)

直訳すると

「ひっくり返していない石はない」

という意味になります。

つまり、あらゆるものすべてに目を通したという意味になります。

どこかカッコいい響きもあるため、スッと口から出てくると英語上級者感がありますね!

実際に文章で使うと、下記のようになります。

・I left no stone unturned when doing the research for this final exam.

(私はこの最終試験の調査のために調べ尽くした)

難関の課題や試験など、あらゆる情報を調べ尽くすこともあるでしょう。

そんなときは上記のフレーズを思い出してみてください。

使う頻度はそう多くはないかもしれませんが、覚えておいて損はないフレーズですよ。

「尽くす」に似た英語表現

尽くすには同じような意味がある言葉があります。

ここではそのうちの2つ。

「捧げる」「貢献する」の英語表現を紹介しましょう。

捧げるの英語表現

「私の時間を彼に捧げる」
「人生を仕事に捧げる」
など、捧げるはどこか「尽くす」と似たニュアンスがある言葉です。

「捧げる」を表現するときは Dedicate
を使いましょう。

Dedicateは動詞として使うと「捧げる」の意味になります。

形容詞としては 「専用の」
「熱心な」
などの意味があるので、どこか相手に対しての熱意がこもった言葉です。

文章にすると、下記のようになります。

・This song is dedicated to you.

(この曲はあなたに捧げられている)

・I dedicate my life to work.

(私は人生を仕事に捧げる)

このように使ってみてください。

捧げるというと大げさな気もしますが、割と使いやすい言葉です。

使い慣れれば英語での表現の幅も広がるでしょう。ぜひ覚えておいてくださいね。

貢献するの英語表現

「尽くす」「捧げる」と同様に、「貢献する」も相手のことを考えた行動をするときに使う言葉です。

こちらもマスターしておけば、文章のバリエーションがより広がるはず。

「貢献する」は、英語で下記のように表現します。

・Contribute

(貢献する)

文章にすると下記のようになります。

・I would like to spend some time to contribute in helping people.

(私は人々に貢献するために時間を使いたいと思います)

また、Contributeは上記のように良い意味のほか、悪い意味の文章でも使えます。

・Overeating contributed to the loss of important boxing titles.

(食べ過ぎはボクシングの重要なタイトルを失う一因になった)

悪い意味でいえば、Contribute「貢献する」ではなく

「〇〇の一因になる」

と訳せます。

どちらの意味合いでも使える便利な言葉ですので、ぜひこの機会に覚えておいてくださいね。


下記記事ではネイティブスピーカーが良く使う「口癖」をご紹介しています!細かいニュアンスに加えて、そういった「口癖」も使いこなせると、さらに会話がスムーズに進みますよ♪♪

nativecamp.net


「尽くす」の意味は豊富!状況別にベストな表現を覚えよう

尽くすを英語で表現するためのさまざまな単語や文章を紹介してきました。

ここであらためて、今回の内容をまとめます。

・人に尽くす=Devoted

・ベストを尽くす= Do one's best

・調べ尽くす=Leave no stone unturned

状況によって使う言葉は違いますが、どれも覚えておいて便利なことは間違いありません。

本文中で紹介したフレーズと一緒に、ぜひ日常で役立ててみてください。

また、日常的に英語を使う機会がなくて忘れてしまいそうな方は、 ネイティブキャンプ を試してみてはいかがでしょうか?

24時間365日、予約も不要で英会話レッスンを受講できます。

しかも回数制限はないので、納得いくまでレッスンを続けられますよ!

あなたの英語に対するベストを尽くすために、ぜひネイティブキャンプを活用してみてくださいね。

Copyright © オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.