現在進行形の使い方、これで完璧!

最終更新日:2019-07-28

時計、ドット柄、イラスト

中学校で習った『現在進行形』

英文法のなかで大切な基礎英語であるとともに、英会話にも使われる頻度の高い文法のひとつです。

現在の進捗状況を伝えられるとっても便利な文法ですよね。

一見シンプルそうな現在進行形の文法ですが、実は様々なルールがあります。

今回の記事では、現在進行形のルールや使い方を紹介します。

文章の作り方など、今一度中学英語の反復をして、現在進行形をしっかり使えるようにしましょう。

 

 

〜基本文法〜

まず、基本文法を解説します。

現在進行形の肯定文の場合、その形は<主語+be動詞+現在分詞(=動詞ing)>です。

日本語の訳は「〜しているところ」になります。

今、まさに何かの作業をしていることを表わしているのです。

否定の形にする際は<主語+be動詞+not+現在分詞>とbe動詞の後にnotを付けて否定をしましょう。

疑問形も同様に<be動詞+主語+現在分詞>と順番を変えれば良いです。

まずは構成の部分から復習をしていきましょう。

それぞれを例文で確認します。

肯定文:

He is washing the car.(彼は車を洗っているところだ)

天気が良い日を選ぶなど、今の時点で彼が洗車をしていることを表現しています。

否定文:

He is not/isn’t washing the car.(彼は車を洗っていない)

彼は今違うことをしていていて、洗車という行動をしていないという状況です。

疑問文:

Is he washing the car?(彼は車を洗っているところなの?)

彼が洗車をしているのか他のことをしているのか知りたく、誰かに聞いているといった状況です。

どのシチュエーションも話している瞬間、聞いている瞬間に起こっていることについて述べる内容となっています。

ネイティブキャンプアプリストアバナー

 

〜主語+be動詞〜

主語に対してどのbe動詞が使われるのかにはルールがあります。それぞれの組み合わせがあるのと同時に、現在・過去・未来など時制が変わるとbe動詞も変化させなければなりません。

現在進行形も同様ですので、ここで一度確認しておきましょう。

I=am
(過去形:was)(否定形::am not/wasn’t)

You =are
(過去形:were)(否定形:aren’t /weren’t)

She/He=is
(過去形:was)(否定形:isn’t /wasn’t)

It=is
(過去形:was)(否定形:isn’t /wasn’t )

We=are
(過去形:were)(否定形:aren’t /weren’t )

They=are
(過去形:were)(否定形:aren’t /weren’t )

There=単数形でis 複数形でare

現在進行形を理解するために、現在形と現在進行形を比較してイメージしてみましょう。

現在形:She sleeps in bed.
彼女は(いつも)ベッドで眠る。*習慣的

現在進行形:She is sleeping in bed.
彼女はベッドで眠っている。

現在形は今を中心として、過去にも未来にも広がっているイメージです。

そこから現在の習慣的な動作、反復的な出来事、真理や社会通念など時間を超越した事実を示すのに用いられます。

現在進行形は、現在進行している動作や出来事を表しています。つまり、限られた期間内の動作の継続を示しています。

I know them.
私は彼らを知っています。

上記の場合、I am knowing himとしてはいけません。

knowという動詞はもともと状態を表す動詞であり、過去、現在、未来に渡って「知っている」という意味を含んでいます。

現在進行形は、「今に限って知っている」という意味なので、日本語の「知っている」という意味につられないように注意しましょう。

 

〜現在分詞のルール〜

現在分詞とは、”一般動詞の原型+ing”という形で「〜しているところ」という意味になります。

一般的には現在分詞は動詞の後ろにingを付けるだけですが、少しイレギュラーなものもあります。

一般形の他、3つのパターンの作り方をご紹介します。どれも日常会話でよく使われるものですのでこの機会に覚えてしまいましょう。

 

〈一般形 動詞+ing〉

Walk=Walking
Eat=Eating
Teach = Teaching

 

〈eで終わる動詞〉

語尾を発音しないeで終わる動詞にはeを取ってingをつけます。

Have=Having
Take=Taking
Use = Using

 

〈子音+母音+子音で終わる単音節〉

この形のものは最後の子音を2重にしてingをつけます。

Cut = Cutting
Run = Running
Stop = Stopping

 

〈その他特別なもの〉

Die = Dying
Lie = Lying
Tie = Tying

 

〜現在進行形の4つの使い方〜

「動詞 + ing」の形をとる進行形。
英文法解説すると以下のような用法があるので内容を整理しておきましょう。

ここまで文法の構成の部分を紹介しましたが、現在進行形には4つの使い方があります。

形は一緒ですが、前後の文章や単語などで意味合いが変わってきます。

現在進行形とは、名前の通り「今この瞬間に進行していること」を言いたいときに使う表現です。

一方、「毎朝、新聞を読む」「毎晩シャワーを浴びる」のような文は”習慣的行為”であり、今この瞬間に起こっていることではないので現在進行形では表現せず、現在形の文章になる事を頭に入れておきましょう。

 

①今現在行なっている事

上記でも説明した一番定番な使い方ですね。

「たった今〜している」という現在進行中の動作を表す時に使います。

皆さんがたった今、ネイティブキャンプブログを読んでくださっていることも、こちらのパターンに当てはまりますね。

(例文)

I’m driving now.
私は今車を運転しているところです。

I’m playing tennis.
私はテニスをしています。

What is he doing now?
彼は今何をしていますか?

She is not writing an e-mail right now.
彼女は今メールを書いていません。

 

②最近行っている事

最近行なっていてまだ続いている事も現在進行形で表現する事ができます。

ただし、進行形は一時的な動作の継続を表しますので「最近(一時的に)〜している」という意味になり、一時的な状況を表しています。

つまり、
最近(一時的に)~している
=今後変更の見込みがある
という意味合いがある事がポイントです。

現在進行形は今を含めた一定の期間行われている行為に適応が出来ます。

「最近」という意味を表すthese daysやnowadaysと一緒に用いられる事が多いです。

(例文)

I’m living in Tokyo for now.
私は今は東京に住んでいます。

She is working at that restaurant.
彼女はあのレストランで働いています。

I’m reading this book.
私は今はこの本を読んでいます。

She’s playing this video game these days.
彼女は最近このビデオゲームをやっています。

 

③確実な未来を表す事

未来の予定を表すものとして will や be going to〜 を頭に浮かべた人も多いでしょう。

しかし、一般的な現在進行形の形をとっても未来表現をすることができます。

これを”近接未来”と呼び、確定された計画や予定に向かって現在、物事が進んでいるという意味合いで現在進行形を利用することがあります。

next monthやtomorrowなどと近い未来の事を表す表現と一緒に用いる事が多いです。

また、現在進行形で未来を表す場合は「個人的な予定」を表していることが多いです。

(例文)

They are getting married next month.
彼らは来月結婚します。

I’m visiting my brother when I go on a trip to Osaka.
私は大阪に旅行しているうちに兄のところを訪れる予定です。

My father is leaving Japan next week.
私の父は、来週日本を出発する予定です。

What are you going to do this Sunday evening?
今週の日曜日の夜何をしますか?

 

④繰り返し行われている事

「いつも〜している」「〜しすぎだ」と言った表現をする時にも現在進行形は使用できます。ここでのポイントは「いつも」を表すalwaysを使用する事です。

何度も何度も繰り返される事によって、いつもしているという感覚で、現在進行形を用います。

つまり、「いつも~してばかりいる」という意味から何かがしょっちゅう起こるということで、この表現は苛立った感じや少しうんざりしている、非難したい気持ちや習性のニュアンスがあります。

(例文)

You are always losing your notebook.
あなたはいつもノートをなくすね。

She is always playing.
彼女はいつも遊んでいる。

He is always complaining about his job.
彼はいつも仕事の文句を言っている。

You are always forgetting your homework.
あなたはいつも宿題を忘れる。

 

〜現在進行形にしない動詞〜

ここまで、文法構成や使い方について説明をしましたが、ここが現在進行形のややこしい部分です。

とても便利な現在進行形ですが、ルール上動詞の中でも進行形にしないものや、意味によって進行形には出来ないものがあります。

細かい違いについて説明していきます。

 

〈進行形にしない動詞〉

①状態を表す動詞

be動詞/have/seem/resemble/want/belong toなど

 

②知覚、感覚などを表す動詞

see/taste/look/notice/hearなど

 

③感情などを表す動詞

like/love/hate/respect/fearなど

 

④認識、思考などを表す動詞

think/understand/know/believe/meanなど

 

上記の動詞は、そのような状態が続いていることを表す「状態動詞」と呼ばれます。

状態動詞はそのものが「〜である、〜している」と継続的な意味を持っているので、基本的には進行形にはしません。

 

〈動詞の意味によって進行形に出来るものと出来ないもの〉

上で述べた状態動詞であっても「意思」を伴った意味で使われる場合には、進行形にも用いることがあります。

言い方によって出来るものと出来ないものがあるので確認していきましょう。

 

× He is having a pen.
のようにhaveは「持っている」という意味の場合は進行形にしてはいけません。

「持っている」は継続的な状態を表すからです。

しかし
I am having lunch.
のように「一時的な状態」を表す場合は進行形にする事ができます。

同様に

Why are you smelling the meat? Is it bad?
なぜお肉のにおいをかいでいるのですか?腐っていますか?

What is she thinking about?
彼女は何を考えているのですか?

She is behaving like her mother all the more.
彼女はますます母に似てきている。

のように、一般的に「状態」を表す動詞は通例進行形にしませんが、「一時的な状態」を表す時は進行形にすることが出来るのです。

 

まとめ

いかがでしたか。

会話の中でもよく使われる現在進行形ですが、実は意外と奥が深くルールが沢山あります。

自然に使っている文法を改めて勉強し理解してみると、脳への定着率がさらに高くなり、自信を持って使うことに繋がっていきます。

是非みなさんも復習をして、正しい使い方を覚えてください。

 

Copyright © オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.