英会話初心者は独学で英語を話せるようになるのか

独学英会話、英会話学習、ネイティブキャンプ

英会話を始めようと思った時に、
「学生以来ほとんど英語には触れていない」
という人もいれば、
「なんとなく英語のドラマや音楽に触れたりしている」
という人など、人それぞれ始める時点でのレベルは違います。

現時点で英会話初心者の人がこれから英会話を始めようと思った時に、やはり効率良くスキルを高められるに越したことはないでしょう。

様々な英語学習方法、英語学習教材、英会話サービスなどが溢れる今、やり方によっては英会話初心者が始めから躓き、すぐに挫折してしまい継続出来ない結果となってしまうこともあります。それではせっかく始めたのにもったいないことになってしまいます。

そこで今回は、英会話初心者がやるべき・やるべきでない英語学習法をご紹介したいと思います。

英会話初心者が独学を始める際にやりがちなオススメ出来ない方法

まず始めに、英会話初心者がこれから英会話を始めようと思った時にやりがちな
「おすすめ出来ない英語学習方法」
についてお話したいと思います。

聞き流し

英語の聞き流し自体は全く悪いことではなく、BGMとして英語のラジオやPodcastのような音声配信、またはYoutubeやNetflixなどの番組の音声、洋楽などをとりあえず流しておくことで、「英語の音そのもの」に慣れることは期待出来ます。

英語初心者の場合、そもそも英語の音自体に慣れていないという方も多いので、そういった点では効果的です。

しかし、英語の音声を流しているだけ、つまり聞き流しているだけでは、初心者がそれを継続することで英語を聞き取れるようになったり話せるようなることはないでしょう。

なぜなら「聞き流し=内容は聞いていない」だからです。

日本語の音声でも、内容によってはほぼ耳に入ってこないような聞き流し状態になる、という経験がある人も少なくないでしょう。
つまり、何も理解していない状態なので、「英語が聞き取れる、話せるようになる」といったスキルへの直結は期待出来ません。

リスニング力を鍛えるには、
「自分のレベルに合った内容の英語音声」
を何度も集中しながら聞いて、音声だけで言っていることを理解出来るようになる練習をする必要があります。

その練習を何度も繰り返しているうちに、「意味を理解した上で頭の中に残っている音声」が口から出てくるようになります。

そしてその練習を効率良い、効果的なものにするには、英語の基本的文法をしっかり理解し、基礎単語を覚える必要があります。

ここを飛ばして「英語の聞き流し」をすることが必ずしも悪いとは言えませんが、「英会話が出来るようになりたい」という目標に少しでも早く到達したいということであれば、上記のことを理解しておくことが重要な鍵となってきます。

英語字幕で映画やドラマを見る

字幕付きで映画やドラマを見ることで、聞こえてくる音声の答え合わせが字幕と映像で同時にでき、さらにストーリー、音声、表情などによる刺激により、脳が単語やフレーズなどを覚えやすくなる、という効果が期待出来ます。

なので、ある程度英語を聞いて理解出来るとか、基本的な文法力や英単語力があり、なおかつ映画やドラマを見るのが好きで、何度同じ映画を見ても苦痛にならないという人であれば、とても効果的な英語学習方法だと言えます。

リスニング練習と同じで、何度も同じ映画を繰り返し見ているうちに、頭の中に映画のフレーズが残るようになり、それが自然と会話の中で使えるようになります。最初から最後まで見るのは時間がかかりすぎる、という人も、好きなシーンだけピックアップし、何度も見るのも良いでしょう。

ですが、基礎文法がわかっていない、ボキャブラリーが少ない、といった初心者レベルの状態だと、英語字幕の文章自体の意味が理解出来ない可能性が高いです。

知識がないから理解出来ないことをやり続けても、上達は望めません。

また、字幕を読むのも素早く読めないと、スピードに追いつかず、最後まで読めないということが多々起きます。

その状態だと、映画やドラマ自体楽しめないでしょう。

英語の基礎知識、ある程度のリスニング・リーディングスキルが身についてからこの学習方法を取り入れるのが良いでしょう。

英会話初心者は何から始めれば良いのか

多くの英会話初心者の方が「何から始めれば良いかわからない」と悩んでしまう傾向にあるので、ここでは、英会話初心者が最初にやるべきことをご紹介します。

中学英語の文法をしっかり理解する

まずは「中学校で教わる英語」をしっかり理解しましょう。

今大人の人達のほとんどが「中学校から英語を勉強し始めた」と思います。
つまり、中学英語には基礎中の基礎が詰まっています。

初心者の場合、どのようなルールに基づいて文章が組み立てられているかを理解する必要があり、そのためにはしっかりと中学校で習う英語基礎文法をやり直すことをオススメします。

英語の基礎文法は英語を学んでいく上での土台になります。

そのため、この重要な部分をなんとなくで済ませてしまうと、後々苦労します。

いざ英語を話す練習をしようと思った時に基本的な文法知識がないと、どのように英文を組み立てたらいいのかがわからず、言葉が出てこなかったり、言葉の順序がチグハグな文章になってしまう、ということが考えられます。

期間を決めないとずっと文法の勉強をし続けてしまう人もいるので、まずは最初の1ヶ月など、具体的に期間を決めた上でみっちり英文法の勉強から始めてみるのが良いでしょう。

高校入試の長文英語を読めるレベルまでボキャブラリーを増やす

初心者の段階では中学英語の単語レベルで十分です。

ここで言う中学英語の単語レベルとは「高校受験の長文英語をスラスラ読めるレベル」です。

公立高校の入試問題はインターネット上で見ることが出来ます。
英語の長文問題を見ていただくとわかると思うのですが、基本的な文法知識に加えて、ある程度の単語力がないと内容を理解出来ないと思います。

読んで理解出来ないものは、今後英会話をやる上で、聞いても理解出来ないでしょう。
なので、まずはしっかり英文の意味を取れる力が必要になってきます。

言い換えれば、高校入試レベルの英語長文が難なく読めるようになってしまえば、英会話の練習をする上で必要な文法知識とボキャブラリーが備わっていると言えます。
その後、英会話の練習を続けていけば、最終的に、長文レベルの内容を英語で話せるようになっているでしょう。

日常英会話レベルの文章を何度も読む

高校入試レベルの英語が身に付いていれば、日常英会話が学べるようなテキストブックに載っている文章は難なく理解出来るでしょう。

そのようなテキストブックを用いて、日常生活の中で、どのようなフレーズが使われているかを学んでいくことで、中学英語では学べないような、より実用的な英語を学ぶことが出来ます。

そのような日常英会話フレーズが学べるようなものに何度も目を触れさせているうちに、何となく記憶に定着してくると思います。

また、大体どのような日常英会話フレーズ系のテキストにも英語収録オーディオが付属していますので、音声を聞きながら英語の音に慣れていくのも良い方法です。

ただし、文法知識がないままこのようなテキストに手を出しても、文章の構造が文法的に理解出来ていないと覚えづらい、応用が効かない、よく分からなくて続かない、などの可能性があるので注意しましょう。

英会話初心者は独学で英語を話せるようになるのか

英会話を始める前や始めたての頃は、「初心者から本当に話せるようになるのかなぁ」と不安や疑問を抱く人も多いでしょう。

実際に英会話初心者は独学で英語を話せるようになるのでしょうか?

留学無しでも英語は話せるようになる

どこまでを独学とするかの定義が難しいのですが、少なくとも日本国内での学習のみ、つまり海外での語学留学はしなくても英語は話せるようになります。

むしろ、留学をしても英語を期待したほど話せるようにならなかった、という人はたくさんいます。

英会話スクールに通ったり、オンラインレッスンを受けたり、自分でテキストを使って学習したりなど、人によってやり方はそれぞれですが、日本国内には留学経験一切無しで英語を話せる人は沢山います。

そして、そのような方々の中には、日々英語を使ってグローバルにビジネスをしていたり、接客に英語を使ったりなど、英語が仕事のツールの1つになっている人もいます。筆者の私もその1人です。

元々、最初は誰しもが英会話初心者です。初心者から少しずつ基礎文法、ボキャブラリーを学んでいき、最終的に英語を聞く・話すの練習をすることで英語が話せるようになるのは誰にとっても同じです。

特に今はオンライン英会話サービスをはじめ、いつでも好きな時に好きな場所で英語を話す練習が出来るサービスが色々あります。

そういったサービスを活用することで、日本国内でも英語が話せるようになっていきます。

英会話練習の継続・習慣化が鍵

初心者が日本国内で英語が話せるまでには、それなりの時間がかかります。一朝一夕で身につくようなものではありません。

つまり、継続的に英語学習をする必要がとても重要になります。せっかく始めても、すぐに辞めてしまったのでは、なかなか英語を話せるようにはなりません。

そこで、継続をするために重要なのが「習慣化」です。

人は習慣的にご飯を食べたり、歯を磨いたり、シャワーを浴びたりしますが、これらと同じように英語学習も習慣化することにより、「やるのが当たり前」の状態を作ることが可能になります。

習慣化されるまではある程度の期間、意識的に頑張って継続しなければなりませんが、一度習慣化されてしまえば、継続していく精神的な負担はかなり軽減されます。

その結果、継続学習出来た人が英語を話せるようになっていきます。

英会話初心者のネイティブキャンプ活用法

オンライン英会話「ネイティブキャンプ」は24時間、回数無制限でレッスンが受けられるサービスです。

英会話初心者用のテキストも豊富に用意していて、文法やスピーキングなど好みに合わせて選ぶことが出来ます。

初心者の方は、ご自身で中学英語文法を学ぶインプット作業をしつつ、同時に自主学習した内容理解をネイティブキャンプのオンラインレッスンで深める、という使い方をするとかなり効率が良いでしょう。

ネイティブキャンプでは、入門、初級、中級、中上級とレベル分けされた文法教材が用意されています。初心者の方なら入門から1つずつ受けていくことをオススメします。

また、不安な方は日本人講師をお選びいただければ、わからないことは日本語で聞けるので安心です。

なので、いきなり英会話から入るのではなく、まずは文法を一通り学びましょう。文法が終わったら英会話用教材を使ったレッスンに切り替え、実際の会話で使える色々な表現を学びつつ、口から英語を出す練習をどんどんしていきましょう。

前述した通り、ネイティブキャンプは毎日何度でもレッスン受講が可能です。
つまり、英語学習継続のための習慣化にはもってこいのサービスと言えます。

1日の受講数は無理ない範囲で、なおかつ毎日コツコツと続けていきましょう!

まとめ

では、今回の記事のまとめです。

英会話初心者は ・中学英語をしっかり身につけるべし

・日本国内でも英語は話せるようになる

・英語学習を習慣化して継続することが鍵

・英語学習の習慣化には、レッスン受け放題のネイティブキャンプはがもってこい

いかがでしたか?

こちらの記事が多くの英会話初心者の方々の参考になり、1人でも多くの人が日本国内で英語を話せるようになっていただけると嬉しいです。

頑張りましょう!

Copyright © 2019 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.